※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

129年度ヤクルトスワローズ成績

順位 勝率
3位 .511 66 63 6

打率 防御率 安打 本塁打 盗塁 得 点 失 点 失 策 得点率 失点率 失策率
.267 2.49 1342 92 0 390 399 77 2.8 2.9 0.56



つば九郎メモ
8期ぶりのAクラス入り。投手野手両方でタイトル獲得者を出すなど、
個々のレベルアップがそのまま順位に結びついた結果だろう。
しかし、投手名無しの多さは改善されてないので早急に補強したいか。



野手成績

選手名
(製作者)
守備位置 打率 本塁打 打点 盗塁 守備率
鉄6世
(GUN)
捕手 .211 3 20 0 .486
藤原妹紅
(李)
一塁手 .252 13 43 0 .992
炭酸水
(糸音)
二塁手 .253 10 44 0 .995
アナリスク10
(なめクオリティ)
三塁手 .263 10 39 0 .946

(零)
遊撃手 .249 10 41 0 .971
河城にとり
(青狸)
左翼手 .265 8 38 0 .967
R・アシュバーン
(むんむー)
中堅手 .305 2 35 0 .988
GUY-L
(タフガイ)
右翼手 .302 12 39 0 .960
zeke
(zeke)
DH .296 24 72 0 -

  • 野手総括
打線は最多安打のR・アシュバーン選手と今期途中から四番に座ったzeke選手を中心とし、
一発こそ多いとはいえないがつなぎの野球ができた。
守備では盗塁阻止率が5割に肉薄した鉄6世選手を中心とし、FPの連発で投手を盛り立てた。
若手ぞろいの野手陣、これからどこまで強くなれるか非常に楽しみである。


Pick up!
  • GUY-L
ドラフト逆指名で入団した魔将。
一年目から3割を打っちゃうなどその凄さを存分に発揮した。
失策の方がFPより多いのもまた魔将の力?



投手成績

選手名
役割 登板 防御率 勝ち 負け セーブ RP 奪三振
前田慶次
(みよりん)
24 2.47 12 4 - - 78
リ´ゥ`oリ
(小春)
28 2.28 9 9 - - 84
夜風の滑空者
(風の子)
26 2.62 5 11 - - 101
めでぃーん
(mee)
24 2.00 10 8 - - 86
門倉健
(カクカク)
19 3.95 7 10 - - 55
ギャレット
(助っ人外国人)
14 2.05 5 6 - - 59
じしょうX
(しょうさ)
41 3.93 3 8 1 10.0 32
緋川
(ハイドラ)
43 1.17 6 2 3 21.9 49
ワッカ
(頌栄)
43 2.01 6 2 2 14.2 56
風唄*風花
(国内選手)
19 2.45 2 1 0 4.5 25
くまさん
(国内選手)
17 2.93 1 0 1 2.8 19
守護神X
(真崎)
34 3.63 0 2 30 - 16

  • 投手総括
中継ぎ2名が未キャンプにより国内化してしまい、不安の船出となったが、
それ以外の中継ぎ陣が奮闘、特に緋川選手は21.9RPを記録、念願の最優秀中継ぎのタイトルを
獲得するなどヤクルト最年長選手としての意地を見せた。
先発陣は6人のうち5人が防御率2点台を記録。しかもその内二人は若手、一人は助っ人外国人と
中々興味深い結果となった。
だが、前述の通り名無しが3人というのは将来的にきついので、早く埋めたい。



Pick up!
  • めでぃーん
二年目で防御率2点台、二桁勝利とこちらも野手のGUY-L選手と同じく期待の若手の一人。
被安打率は高いが得点圏費打率は.173と要所を抑えるピッチングができたことが活躍の要因か。
快速球コーチ利用によりさらなるパワーアップが期待される





セリーグ3位以内の個人成績及びGG,B9,MVP,新人王獲得者
  • 緋川投手 が21.9RPで 最優秀中継ぎ !
  • zeke選手 が本塁打数3位!打点2位!
  • R.アシュバーン外野手 が189安打で 最多安打 !打率2位!
  • 前田慶次投手 が勝率2位!
  • GUY-L外野手野手新人王 !B9入り!