※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第132回


みなさん、どーも。
"君が選ぶオールスターで自分の選手に一票も入りませんでした"、略して"勝手にデータ集"。
んなことより今回の主催者出てこいや!という声はスルーせずさっそく行ってみましょう。

今回のテーマ

守備機会が多い人っていいよね~ポジション別RFランキング~


守備の名手を表すRF(レンジ・ファクター)。
なにそれ?って人は簡単な説明をもう一度読み直してきなさい。
今回はそのRFをランキング化してみたのでどうぞ。

名前 球団 ポジション RF
ソフトバンク キャッチャー 0.42
藤井 広島 ファースト 9.56
カタパルト 阪神 セカンド 5.82
青ひげ 阪神 サード 1.04
ユウキ 中日 ショート 5.58
有馬真吾 ロッテ レフト 2.71
ハチミツ ロッテ センター 5.24
百姓 日本ハム ライト 2.76

まず「一塁手のRF高くね?」と思われますがこれはRFを(刺殺+捕殺)÷イニング数で求めているから。
ということは、刺殺数が自然と高くなる一塁手は必然的にRFも高くなりますね。
ここで「何で?」とか思ってる人はググるなりウィキペディア見るなりしてください。

にしても、相変わらずRFは混戦ですねえ。
特に守備機会があまり無い捕手などは数値が少ない分接戦になっています。
最終日になれば差が出ているのでしょうが・・・。

いかがでしたでしょうか?
今さらですがRFって環境に左右されやすいんですよねー。それをどう見るかは各自判断していただきたい。
それではまた次回、第133回初日全試合終了後にお会いしましょう。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -