※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第132回

※コーナー更新者の炎上により、涙目になりつつ修正した結果、コメントは戻しきれていません。
ご了承下さい…

リアルでは去年の「炎の守護神」が炎に包まれたそうですね。
で、正捕手が怪我をするのは痛いと思うんですが…投げ飛ばされて打撲って…捕手にそこまで比はないのにカワイソス
「自力で優勝してくださいよ、鯖ペナの西武は独走ですよ?」とか言いつつ「劇場の仲間たちを見守り隊」のお時間でございます。
今回は阪神を紹介しようと思っています。


水谷投手
阪神の中継ぎエースで、10年目の投手です。
今季は右打者をばっさばっさと倒していき、好成績をマークしています。
ピンチにも強く、頼りがいがありますね。


木は木投手
6年目ながら、チームトップのRPを記録した左腕です。
制球はいいわけではないのですが、球質がよく、ピンチにも強いというその能力。
この調子で、タイトルを手にするまでになってほしいところです。


熱帯魚投手
おそらく鯖ペナ界でこれほど対ピンチが高い投手はほぼいないといっても過言ではないでしょう。
球質もよく、左打者以外には驚異の被打率を今季は記録しています。
直球のみでここまでやれるのですから、まだまだ成長に期待したいところ。


Dasco投手
今季入団の新人投手ですが、自慢は球質のよさ。
しかし、制球力の低さが成績にも確実に表れています。
しかし、今後の成長次第では素晴らしい投手になる力を秘めています。


久保田投手
さあさあ国内選手のご登場ですよ奥さん!
久保田というだけあって右打者に打たれているのは気のせいにしましょうかね。
ですがね…有人の方がやっぱいいんですよ。ですので、どうでしょうか?


榊投手
阪神のリリーフを語るは、この投手は必須でしょう。
ご存じベテランのクローザーの榊ですが、ここまで凄い能力ですから
なんといえばいいのやら…とにかく、MVPをも獲得した経歴の投手の風格はやはり素晴らしいです。




巨人と同じように若手が主体となっていますが、全体的にピンチに強い投手がそろっているというのが特徴でしょうか。
ですので、防御率を下げて、勝ち星を増やしていけば優勝も近いかと思われます。
そうそう、今季の西武の投手陣が参考になるのかもしれません
あそこまではなかなか難しいものがありますが…
では、132季終了後にお会いしましょう



コメントをご自由にどうぞ
名前:
コメント:

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -