※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

132年度ヤクルトスワローズ成績

順位 勝率
1位 .574 77 57 1

打率 防御率 安打 本塁打 盗塁 得 点 失 点 失 策 得点率 失点率 失策率
.272 2.64 1372 130 0 485 392 47 3.6 2.9 0.35



つば九郎メモ
13期ぶりの優勝。
若手が多い投手陣をものの見事に野手陣がカバーしてくれたのが今期優勝できた大きな要因だろう。
得点率,打率,本塁打数がリーグトップなのは慢性的な貧打に悩まされてきたヤクルトにとっては嬉しい限り。
守備も失策数リーグ最小と鉄壁ぶりを発揮。
投手陣は若手の台頭が目に付く。苦労している選手も若干おられるが来期以降の巻き返しに期待。
とにかく優勝万歳。


野手成績

選手名
(製作者)
守備位置 打率 本塁打 打点 盗塁 守備率
鉄6世
(GUN)
捕手 .254 9 39 0 .305
藤原妹紅
(李)
一塁手 .255 22 65 0 .994
炭酸水
(糸音)
二塁手 .242 17 45 0 .996
アナリスク10
(なめクオリティ)
三塁手 .245 20 65 0 .964

(零)
遊撃手 .251 11 44 0 .991
河城にとり
(青狸)
左翼手 .336 12 56 0 .979
R・アシュバーン
(むんむー)
中堅手 .306 3 32 0 .994
GUY-L
(タフガイ)
右翼手 .276 18 56 0 .974
zeke
(zeke)
DH .274 18 73 0 -

  • 野手総括
正直言ってパッと見、チーム打率.272もあるの?と思えてしまうが、
それだけ上位打線の選手が頑張ってくれたということか。
しかし、下位打線の選手も、打率こそ高くはないが秋山コーチの指導おかげか
ホームランをコンスタントに放ち,また、明らかな打撃スランプの選手が見受けられないのも大きかった。
今期の成績とは全く関係ないが、選手転生期がやたら重なっていそうなのが、非常に気になる。
ヤクルトはそれによって優勝まで13期も空いたと言っても過言ではないので
その辺の対策は今からでもしたほうがいいような・・・。


Pick up!
打順は開幕時のものです。

一番 センター R・アシュバーン
自身2度目となる3割60FPを達成。
後、4,5期できる体力あるのに、もう通算FPランキングに名が、記録更新も期待される。
ライフルアーム覚醒まで秒読み。

二番 レフト 河城にとり
今期は自身最高打率をマーク、203安打を放ち最多安打のタイトルを獲得し大ブレイク。
守備でも魅せ、ヤクルトリーグ優勝に大きく貢献した。

三番 ファースト 藤原妹紅
打率こそ低かったがチーム最多の22本塁打をマーク。
死神が背後に憑きまわるがなんとしてでも振り切って欲しい。

四番 指名打者 zeke
まだ20代とは思えない安定ぶり。
得点圏打率も悪くなく、四番の仕事をきっちり果たした。

五番 サード アナリスク10
若手ながら20発を放つ。
荒削りな部分は目に付くが未来の4番の筆頭候補。

六番 ライト GUY-L
打撃系ではどれも基準に届かなかったが高水準。
守備でも貢献。

七番 セカンド 炭酸水
セカンドながらわずか2失策。
打撃でも何度目か分からない2桁本塁打を記録。

八番 キャッチャー 鉄6世
今期は打率,阻止率共に昨期に比べて落ちたが,
卓越したリードで投手陣を牽引。

九番 ショート 雫
出塁率3割はいきたかった・・・。


投手成績

選手名
役割 登板 防御率 勝ち 負け セーブ RP 奪三振
前田慶次
(みよりん)
23 1.64 14 4 - - 116
リ´ゥ`oリ
(小春)
24 1.89 12 4 - - 80
夜風の滑空者
(風の子)
22 4.61 6 11 - - 86
めでぃーん
(mee)
23 2.91 8 7 - - 91
門倉健
(カクカク)
22 2.96 10 9 - - 75
屑桐
(赤城)
21 5.09 5 5 - - 63
じしょうX
(しょうさ)
40 1.55 4 2 1 19.4 55
ワッカ
(頌栄)
41 2.11 10 5 1 14.4 59
電気鼠
(ハイドラ)
31 2.54 0 5 0 6.7 29
またたびロック
(光麻薄)
37 1.34 7 2 2 18.4 55
ボイス
(国内選手)
13 2.45 1 1 0 6.8 21
守護神x
(真崎)
43 2.00 0 2 36 0.0 19


  • 投手総括
投手陣は先発二本柱,中継ぎ二本柱計4名のうち、防御率1点台3名,2桁勝利3名と
ベテランの活躍ももちろんだが、一部若手の活躍も大きかった。
現在は強力野手陣,投手陣の柱達に守られている格好だが,
野手陣,ベテラン投手陣が転生する頃にはその若手達が中心投手となり,
その野手陣を守っていくことになるため、若手の台頭は非常に嬉しいし、
チームが強くなっていくためには絶対必要だろう。
今期成績が振るわなかった人も、来期の巻き返しを信じて、
決して結果が出ないからと焦って体力消費しすぎで、選手寿命を縮めてしまう
ということをしないように注意して下されば嬉しいです。
体力消費は計画的に。




Pick up!
先発 前田慶次
今期もエースの投球で最多勝,最優秀防御率,最高勝率と投手三冠に輝いた。
以外にも自身初タイトルだったとか。

先発 リ´ゥ`oリ
こちらも防御率一点台を記録。
中継ぎ仕込みの回復力のおかげで投手のやりくりが非常に楽になれたのも見えない貢献。

先発 めでぃーん
惜しくも2桁勝利には届かなかったが、防御率2点台と安定したピッチング。
タフが高く、この方も投手のやりくりを助けてくれる見えない貢献も。

先発 夜風の滑空者
昨期のブレイクから一転今期は不調だったが、
あと10年できる体力,年齢なので焦らずじっくりと。

先発 門倉健
今期は自身初の二桁勝利。
期待の若手が多くて嬉しいですね~。

先発 屑桐
今期はほとんどずっと調子が不調以下だったのも重なり、防御率5点台になってしまった。
とりあえず変化球の依存能力とタフを上げた方がいいと思う。

中継ぎ じしょうX
三年連続のタイトルこそ逃したか、2日目までは防御率0点台だったりと、相変わらずの活躍。
まだまだ体力残っているのもいいですね。

中継ぎ ワッカ
今期は被弾の多さが気になったものの、中継ぎで二桁勝利と圧巻のピッチング。
悪太郎が・・・・!

中継ぎ 電気鼠
防御率2点台ながら、0勝5敗で負け運取得と、若さゆえの勝負どころでの弱さが目立ってしまったか。
しかし2年目投手にしては十分すぎる成績。

中継ぎ またたびロック
入団から2年連続一点台と凄い成績。基礎体力ができているのがおおきいのか?
でもやっぱり不安なのでスライダーの依存能力をもう少し上げて欲しいかな?

中継ぎ ボイス
新規募集中です。
遊び方と簡単な説明をしっかり読んだ人なら誰でもOK!

抑え 守護神X
やはりセーブ失敗が目立ってしまったか。
タフと変化球の依存能力を上げていけば自然と良くなる・・・はず・・・。



セリーグ3位以内の個人成績及びGG,B9,MVP,新人王獲得者
  • R.アシュバーン外野手 が安打数3位!B9入り!GG賞獲得!B9入り!
  • zeka選手 が打点3位!B9入り!
  • じしょうX投手 がRP2位!
  • またたびロック投手 がRP3位!B9入り!
  • ワッカ投手 がGG賞獲得!
  • 河城にとり外野手 が203安打で 最多安打 !打率2位!B9入り!
  • 鉄6世捕手 がGG賞獲得!
  • GUY-L外野手 がGG賞獲得!B9入り!
  • リ´ゥ`oリ投手 が勝率2位!
  • 前田慶次投手 が防御率1.64で 最優秀防御率 !14勝で 最多勝利 !勝率.777で 最高勝率 !
  • 炭酸水内野手 がB9入り!
  • 藤原妹紅内野手 がGG賞獲得!

遅くなってすいません。