※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

136期チーム総括、来期への展望


今期はヤクルトの連覇を阻止すべく、また久々の優勝を勝ち取るべくスタートした
それでもローテーションに2名のルーキーが名を連ねるなど、経験豊富なベテランが少ないだけに、一気に勝負をかけたいところ
初日は負け越し2つの4位と波に乗れそうで乗れない惜しい戦いが続くも、2日目以降は投打共に勢いを取り戻し、順調に貯金を増やしていった
それでも首位ヤクルトとの差は開いていき、最終的には13.5ゲームの差がついてしまった
貯金9での2位はなかなかのものだが、「来季こそは」の思いは強い
打線は9人中7人が2桁本塁打、投手もスペランカー選手がMVP、ルーキー紀藤真琴選手が新人王を獲得するなど、確実に地力は付いてきている

MVP

  • 野手 
伊曾保選手
テノ選手がなかなか調子を取り戻せず苦しむ中、
核弾頭に中軸にと様々な打順に適応し、自身久々の2桁本塁打を記録した。
リーグを代表する選手へと成長する為のきっかけの年となるだろうか?

  • 投手 
スペランカー選手
40試合に登板するなどシーズンを通じてフル回転。
0点台の防御率を残し、見事MVPを獲得した。
今期絶好調の四方堂ナリカ選手へと繋ぐセットアッパーとして大ブレイクを果たした。


136期チーム成績


年度 順位 勝ち 負け 引分 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策 監督 コーチ
136期 2位 70 61 4 .534 .271 2.71 3.4 96 5 91 高井

136期個人成績


登録野手

ポジション 選手名 製作者名 打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
パスカル DDS .268 156 10 45 43 0 0 .403
藤井 山本 .319 181 15 60 67 0 0 .986
ゆきんこ 政宗 .282 164 13 65 51 0 0 .982
BE BE .249 131 8 40 24 0 0 .959
ジオ マーク .248 137 11 57 51 0 0 .979
ハーバー ボシュ .262 130 2 26 23 39 5 .985
亀田 凡田 .279 153 8 46 67 0 0 .979
伊曾保 伊曾保 .283 168 13 47 67 0 0 .957
DH テノ ヤンマ .250 136 16 56 76 0 0 -

登録投手

ポジション 選手名 製作者名 登板 防御率 S RP 投球回 奪三振
徳田 クロ 25 2.30 11 8 0 0.0 172 0/3 63
†悠姫† 悠登 24 2.28 9 11 0 0.0 174 0/3 84
ジャニ之 yf 23 3.88 7 9 0 0.0 139 0/3 63
ソロモンよ 私は帰ってきた 22 2.82 7 7 0 0.0 137 0/3 77
紀藤真琴 遅球王 20 3.01 9 6 0 0 128 2/3 34
実は4世 ういうーい3世 21 4.68 5 11 0 0.0 125 0/3 60
sly スラィリー 24 2.28 5 2 0 8.8 47 1/3 30
魍魎 京極堂 29 2.00 2 0 1 8.6 63 0/3 26
合歓 43 2.29 5 3 2 11.9 70 2/3 29
スペランカー ハムスター 40 0.95 6 0 2 20.4 75 2/3 43
トーマス びたわん 22 3.80 4 3 0 3.2 42 2/3 21
四方堂ナリカ エロゲオタ 39 1.63 0 1 36 0.0 38 2/3 27


祝!個人タイトル受賞者

選手名 タイトル
スペランカー 投手MVP・ベスト9
紀藤真琴 投手新人王
四方堂ナリカ 最多セーブ・ベスト9
GG


入団・退団情報

  • 入団




  • 退団



来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -