※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

137期チーム総括、来期への展望


長年チームの指揮を執ってきた王監督が開幕前に勇退し、後任に金田氏を起用し137期シーズンがスタートした。

どんどん成績を伸ばし自信を掴んだ打線は開幕直後から大爆発。
初日を終え、勝率.659に貯金14とこれ以上ない素晴らしいスタートを切った。
2日目以降も安定した戦いが続き、着実に勝ち星を重ねていく。
最終日を終えて勝率.621は例年なら優勝して何ら不思議のない程の成績である。
しかし首位を走るヤクルトはそれをも上回る.696を残し、10ゲームの差を付けられての2位となった。

今期は打線の勢いと中継ぎ陣の充実ぶりが目に付いた。
『コツコツ繋ぎ、一発で返す』そういった「線」としての役割が見事に体現されている。
チーム得点率4.3はリーグ断トツ1位であり、来季も投手陣を助けてもらいたい。
一方の中継ぎ陣は防御率0点台の2人を筆頭に5人全員が好成績を残した。
若い先発陣を縁の下から支える頼もしい陣容である。

体力的に限界を迎える様な選手もおらず、黄金期を目指して更にチームを強化していく。


MVP

  • 野手 
テノ選手
シーズン最後の最後まで三冠王争いを演じたテノ選手を外す訳にはいかない。
チームWikiで確認する限り、広島でシーズン100打点を記録した選手はおらず、残っている記録としては26期のそらいろ選手以来とまさに快挙である。
これだけの打率を誇りながら、得点圏では更に集中力が増し.360をマーク。
まさに「不動の4番」であった。


  • 投手 
瓢選手
スペランカー選手が昨年と変わらぬ成績を残しましたが、それをも上回る成績を記録したのが瓢選手。
0.72の防御率に7勝と全く付け入る隙を与えなかった。
得点圏被打率や被本塁打といった成績も申し分なく、完璧に相手打者を抑え込んだ。
非常に高い次元での中継ぎエース争いは頼もしい限りだ。


137期チーム成績


年度 順位 勝ち 負け 引分 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策 監督 コーチ
137期 2位 82 50 3 .621 .285 2.78 4.3 136 0 70 金田 山口

137期個人成績


登録野手

ポジション 選手名 製作者名 打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
パスカル DDS .276 155 10 63 45 0 0 .518
藤井 山本 .315 190 21 53 63 0 0 .993
ゆきんこ 政宗 .279 170 15 68 50 0 0 .976
BE BE .287 154 8 45 39 0 0 .960
ジオ マーク .259 141 16 57 51 0 0 .986
ハーバー 国内選手 .241 115 6 38 40 48 0 .988
亀田 凡田 .264 148 10 63 44 0 0 .984
伊曾保 伊曾保 .294 172 14 66 56 0 0 .974
DH テノ ヤンマ .337 194 36 106 58 0 0 -

登録投手

ポジション 選手名 製作者名 登板 防御率 S RP 投球回 奪三振
徳田 クロ 25 3.01 13 4 0 0.0 158 2/3 64
†悠姫† 悠登 23 2.87 14 7 0 0.0 166 1/3 92
ジャニ之 yf 24 2.66 12 5 0 0.0 162 2/3 77
ソロモンよ 私は帰ってきた 24 3.01 4 10 0 0.0 149 2/3 72
紀藤真琴 遅球王 20 3.90 8 7 0 0 115 1/3 40
実は4世 ういうーい3世 19 4.11 7 8 0 0.0 122 2/3 73
sly スラィリー 20 2.68 2 1 0 6.2 40 1/3 33
魍魎 京極堂 33 2.26 9 2 2 15.8 67 2/3 29
合歓 41 0.72 7 0 2 24.3 74 2/3 58
スペランカー ハムスター 35 0.94 4 2 1 19.4 76 2/3 35
トーマス びたわん 22 1.74 2 2 1 6.8 41 1/3 31
四方堂ナリカ エロゲオタ 42 3.32 0 2 36 0.0 40 2/3 31


祝!個人タイトル受賞者

選手名 タイトル
テノ 野手MVP・首位打者・最多打点・最高出塁率・B9
最優秀中継ぎ・B9
藤井 B9
ジオ B9
亀田 GG

入団・退団情報

  • 入団



  • 退団



来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -