※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

横浜ベイスターズ138年度


チーム成績

順位 勝ち 負け 分け 連勝 打率 防御率 安打 本塁打
2 79 55 1 9 .271 2.64 1325 113
盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 自責点 非自責 失策率
30 78 471 3.5 414 3.0 359 55 0.57
  • おまけ
得圏
1227-327=.266
被打率のとこの合計、電卓で見てね
先圏被 先対右 先対左 中圏被 中対右 中対左 抑圏被 抑対右 抑対左
854-191 2012-513 1663-430 333-88 609-164 453-121 48-13 97-26 85-29
全球団に勝ち越し~♪
巨人 阪神 中日 広島 ヤクルト
14-13(0) 15-12(0) 20-7(0) 15-11(1) 15-12(0)

個人成績


  • 野手 メモ:守率について、DHはFP数、捕手は阻止数/被盗塁企画数
選手名 製作者 ポジ 打率 得圏 安打 本塁 打点 四球 出率 盗塁 併殺 守率
ランド サマルトリアの王子 捕手 .332 146-48 187 15 53 47 .384 0 10 3/6
Merci abba 一塁手 .283 142-44 168 14 64 50 .338 26 8 .990
アカツチ pio 二塁手 .264 138-37 136 7 45 37 .313 0 8 .988
しょうⅥ しょう 三塁手 .250 161-40 135 13 47 50 .314 0 9 .938
ロテクト ハイド 遊撃手 .246 120-30 115 7 44 51 .320 0 12 1.000
スペッキオ Magus 左翼手 .290 138-37 162 27 80 48 .345 0 7 .956
マクロスF マクレーン 中堅手 .247 114-31 142 2 29 44 .300 4 6 .976
古木 くら 右翼手 .273 138-34 147 17 46 50 .335 0 3 .980
longer longer DH .251 130-26 133 11 37 44 .308 0 4 1

  • 投手 メモ:先発のセーブ・RPは完投と完封
選手名 製作者 役割 登板 防率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打 奪三 四死 被本
唯一神エンテイ 瀬戸 25 2.05 13 8 5 4 180 0/3 .228 91 48 12
らいか わふー 19 2.12 9 2 3 3 123 1/3 .264 53 30 8
RE:12 RE 23 2.42 13 6 6 5 163 1/3 .259 79 24 10
マホームズ タティス 22 2.98 9 8 3 3 145 0/3 .294 64 35 11
土屋健二 akito18 22 1.94 8 7 4 4 153 0/3 .256 66 22 12
ベケット R18 24 3.21 12 9 5 4 154 0/3 .240 103 56 19
坂口吉宗 appleパイ 40 4.69 4 4 1 4.7 63 1/3 .306 33 28 7
寿司 34 2.96 2 3 3 7.2 54 2/3 .228 22 13 3
山神 雷神 34 2.75 4 1 1 8.3 52 1/3 .265 19 23 3
朱文 コメット 34 2.59 2 4 1 5.7 48 2/3 .242 31 19 2
リザ アリシア 40 2.98 2 1 0 4.0 42 1/3 .289 30 19 5
アレック niji 42 3.00 1 2 35 - 42 0/3 .302 23 9 4

リーグトップ
ゴールデングラブ ベストナイン GG+B9(選手名)
第138期2位で終了

無念 でも先発が本気出す

本塁打地獄再び、横浜と中日を除く4球団が120本以上
特に広島は147本とやめれと言いたくなる数字
しかしそんな中でギリギリではあるものの一人も一発病にならなかったのは嬉しい
  • 野手 オレ打撃の神 ここから色々な時代の鯖ペナ見てる
二桁本塁打6人と数期前が嘘のような頼もしさ
2期連続ベストナインとな
スペッキオ、エラー再誕、しかし打ちまくりで気にさせないのがすごい、手始めに巧打基準を突破し
いずれもチームトップの打点と本塁打はリーグ3位・4位と3年目なのに ば く は つ
初年度の巧打者はどこへ行ったんだという変貌ぶりで長打率.481美味しいです
Merci、無投票当選再び、盗塁王っていうかどうぞどうぞっていうか、タイトルだけどもなんだかなー
巧打者としての能力も見せつつ二桁本塁打、しかも2番打者でありながら打点はチーム2位
それというのもチャンスに興味のあった彼はほいほいと得点圏で3割打ってしまったのだった
ランド、まだまだ現役と言わんばかりに、またも左右得点圏総てで3割以上という鬼打撃を披露した
本塁打は余裕で二桁放り込み、捕手でありながら生涯打率2割8分5厘はかなり凄い数字
しかし最後の最後にこうくるか、タイトルまで打率は4厘に安打は3本と惜しすぎます
本職の捕手としては肩に物足りなさもあったが、そのリードは早くから関係者の注目を集め
長じては球史最高の呼び声も高い名手となり、若い投手陣を支え育ててきた
その彼らが経験を積んできた今季は、更に持ち上げるという驚異的な冴えを見せ先発全員を勝ち越させた
お父様の健康状態が思わしくなく、故郷サマルトリアに帰って家業を継がないといけないらしいです
その愛用のバットを記念においていっt これまでたくさんたくさんありがとうございましたー
  • 投手:先発 これからが本当の地獄だ・・・!
3点2点2点2点2点1点台~♪、全員勝ち越しで二桁勝利3人そして計23完封で貯金24
答え、78失策で非自責が55点ある辺り防御率よりはちょいと取られたという事か
土屋健二、初日は0点台で突き進むなど何があったと思うようなとんでもない成績
これが余計なものを脱ぎ捨てたというか引き取ってもらった成果か、最終成績でもチーム最高の1点台
ところがですね、あのですね、先発で勝ち星最小・・・援護少ねーーーーーーーーーです!
投球回が少ない訳でもなく今季のガンガン飛ぶ状況でも被本数はまともで与四球率1.29なのにナズェ?
唯一神エンテイ、唯一神としてはまあ当然の成績か、大分手加減の感覚がつかめてきたようで
穴のつもりで突っ込んでくる相手を何度かムシャムシャしてやった、今は自ら食べに行っている
先発としてチーム最多の登板・投球回をこなし平均7回以上を余裕で投げきっているのは流石の一言
まあなんだ力加減も出来ないような三流ポケモンどもは、子供に使われてバトルでもしてなさいってこった
らいか、顔色紫です出番減らしました、でも相当成績いいです、特筆すべきはとにかく負けなかった事
しかし規定投球回に届かずタイトル争いを不戦敗、後2回登板すれば届く数字だっただけに申し訳ない
ベケット、好調を維持し2期続けての二桁勝利で奪三振も一人だけ三桁に乗せた、ここまではとても良い
しかし防御率が落ち込んだ、圏被.213を見てもわかるように被打率からは不思議でならないのだが
もうちょっとよく見ると被本と四球がアーハン、常に攻めの投球をしたのと素敵なボカスカ野球だったので
被本はしょうがないのだが、何故四球が増えるのか
RE:12、普通に考えれば十分な好成績、今季もエースとしての仕事をきっちりこなしているのだが
周囲が好調で目立たないという、だが総ての成績で安定して高水準を出しているのは彼だけだ
好打者をそろえた相性の厳しい相手に挑みながら各種成績に全く穴が無いのはすっごい
マホームズ、なんだかんだ言っても勝ち越す、というか負け越してるのは初年度だけなんだなこれが
やはりスタミナがあれば多少打たれても粘って援護を待てるのは大きい、今季は被本半減ですーいすい
  • 投手:救援
初日は相当良かったのに二日目に乱調
最終日は少し持ち直したが、先発陣の方が防御率等がいいのはきつい
朱文、失策被害者の会本部前で見かけたとか何とか、防率を見ても圏被を見ても被本を見てもRP低すぎ
四球が多目だったとはいえ、RPは自責点でなくてもズンドコ下がるっぽいので失策は中継ぎこそ辛いか
アレックさん、ほおらこの辺に昨季分の出番が貯まってきただろう?
ち が う ! 最多セーブ取ったのになんだこの扱いは、初日は多忙でそこそこ、二日目暇~で乱調
そして最終日は登板数=セーブ数とぱーふぇくとぴっちんぐで見事に〆た
しかし滅茶苦茶暇だった昨季から一転いきなりの激務には本人もチームメイトも驚いた
初日の登板数から限界確定かと思われたが、二日目以降で何とかかんとか調整した

ほっほっほ、この横浜ベイスターズ138年度はまだまだヒヨッコ
お前さんの下で少し鍛えてやってもらえんかな

満員御礼札止め

間違っている所を訂正するのはバファリンの半分ですビタミンCです
数値が違ったら一人で笑ってないで直してくだされー

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -