※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 楽天140季総括



140季選手紹介



140季成績情報

  • チーム成績
年度 順位/(前回) 勝ち 負け 引分 連勝 勝率 人気 バントタイプ 盗塁タイプ 監督/カリスマ コーチ
140年 2位/(2位) 72 60 3 10 .545 150 1 10 野村/95 牛島

  • チーム詳細
打率 防御率 安打 本塁打 盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 得失点差 自責点 非自責 失策率
.271 2.89 1329 112 0 46 456 3.4 397 3.2 20 397 39 0.33

  • 個人成績

祝!個人タイトル受賞者

選手名 製作者 タイトル コメント
小山伸一郎 mizkan AS⑦ 最多奪三振⑥ 球界最年長ながら 奪三振力は衰え知らず。
武田 投手MVP① 最多セーブ③ B9③ 今期のセーブ失敗は僅か2回。バツグンの安定感を誇る。
カル5 まあく GG② 飛んできた打球を無理せず、難なく捌き続けた結果が現れた。

140季を終えて

野手 3割、20本を超えた打者が居なかったが得点率自体は3.4を記録した。
スターは居なくとも、全員で力を合わせれば 何でも出来る。底力を見せてくれただろう。
全員が平均した仕事を常に出来る、そこで誰かが調子を上げる。
こうなってくると、更に高い力を見せられるようになる。来期にも、俄然期待をする。
今期一番改善出来た数字が、失策数。46個に止め、打撃に加え守りでもバックアップ出来る体制が整ってきた。

投手 いまいち、全体的に力を発揮しきれなかったか。若手先発を支える中継ぎ陣が不調気味であり絶対的な継投策を見出せなかった。
9回まで繋げば、絶対的な守護神が居るので中継ぎ投手の奮起があれば 勝ちパターンを確立出来る。
小山伸一郎の引退により、少々状況は厳しくなる。リナリーに続く、次のエースの確立が課題。
だが、これは数年で解決する課題だろう。

TOPICS

  • 野手 岩崎小次郎選手/製作者:シャウト
今期1年目のスラッガー候補。惜しくも新人王獲得はならなかったが
.262 14本 57打点と1年目の新人としては 十分過ぎる成績を残しチーム2位の打点を叩き出した。
個人的に これから注目度を上げていきたい選手。
  • 投手 武田投手/製作者:久
今期、投手MVP。回ってきた登板機会は必ずモノにする、そんな気迫が評価された。
まだ余力を十分に残しながら、高いレベルでの仕事をこなす。
数年後の彼に更なる期待を寄せて今期の総括を締めさせてもらう。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -