※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 楽天142季総括



142季選手紹介



142季成績情報

  • チーム成績
年度 順位/(前回) 勝ち 負け 引分 連勝 勝率 人気 バントタイプ 盗塁タイプ 監督/カリスマ コーチ
142年 3位/(2位) 68 60 7 6 .531 140 1 10 野村/85 西村

  • チーム詳細
打率 防御率 安打 本塁打 盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 得失点差 自責点 非自責 失策率
.277 2.66 1351 103 25 63 428 3.1 416 3.0 12 363 53 0.46

  • 個人成績

祝!個人タイトル受賞者

選手名 製作者 タイトル コメント
上田丑之助 ヴェ・デルチ 首位打者① 最高出塁率① 4番の重責を見事に果たしている。
須藤博倫 3983 GG② 高い基本能力を活かし、安定した投球を見せる。

142季を終えて

野手 ベテラン野手を中心に、攻守に安定した仕事を出せているのにはここ最近は変わり無い。
来期以降もこの安定感を保っていければそう悪い結果にはならないだろう。
今期は出塁率に着目してみる。出塁率.400の上田丑之助 .368のカル5 .367を記録した木根と
3,4,5番が得点源を担うと供に、常に塁上を賑わせていたことが伺える。
その後を打つ、戯言遣い、岩崎小次郎の若手スラッガーの奮起があれば ビッグイニングを作る事は容易、かもしれない。

投手 C・ザンブラノの防御率1点台を始め、中堅投手の台頭が始まった。リナリーに続く投手を、というのを払拭してくれる選手が顔を出しつつある。
中継ぎ投手の安定感という所も課題の1つとして取り上げたが、今期は全員に安定感が見られた。
しばしば被弾する事はあるが、まだまだ若手の救援陣なので仕方が無いだろう。
ここ一番という時に、中継ぎエースの存在は非常に大きくなるので これからじっくり時間をかけて力を付けていって欲しい。

TOPICS

  • 野手 嶋基宏選手/製作者:走る捕手
リード面は若手ながら球界随一の物を持つ。最近は脚力が付き始め、成長の方向が見え始めてきた。
彼の打撃成績に注目するが、今期、彼は .248 6本と至って平凡な数字であるが残した打点は62。
能力値だけでは計りきれない、勝負強さを見せた。
  • 投手 JJJ投手/製作者:SSS
今期の防御率2.34、非常に安定感のある投球を続けた。
制球力が低い為、四球で走者を貯めやすいが 定評のある得点圏での投球では異常に粘り強く
失点を防いでしまう。某日本人メジャー投手を思い出させる投球スタイルだ。
ただし、一発を食らいやすい弱点はあるので ここには気をつけたいか。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -