※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2日目終了時点



プロやきうニュース!
本日も宜しくお願いします!それでは参りましょう!


第144回ペナントの2日目終了時点での順位からです!

順位 セリーグ パリーグ
1位 広島 西武
2位 横浜 ソフトバンク
3位 中日 楽天
4位 ヤクルト 日本ハム
5位 巨人 ロッテ
6位 阪神 オリックス

まずはセリーグ
4連覇中の広島が今期も首位となっています
しかし、その地位も今期は安泰とはいきません
初日首位の横浜が2ゲーム差でピッタリ付いてきています
このデッドヒートの結末はどの様な形となるのでしょうか

続いてパリーグ
こちらもセリーグと同じ様な状況です
7連覇中の西武が首位ですが、それに迫るのがソフトバンク
ゲーム差はなんと0
最終日の試合は星を1つでも落とすとすぐに入れ替わるという接戦です
現在は引き分けの分、西武がリードしていますが、どうなるでしょうか?


次は選手の個人成績にいきましょう
まずセリーグ野手部門からです

順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 遠坂凛(中) 藤井(広) 藤井(広) マクロスF(横)
2位 国民突撃隊(阪) 遠坂凛(中) 遠坂凛(中) 工業用水(中)
3位 藤井(広) 福井敬治(巨) 古木(横) Merci(横)

首位打者には中日の遠坂凛選手
初日終了時には4割16本と大爆発となりました
2日目終了時点でも.339&25本をキープし、強打の捕手として君臨しています

本塁打・打点部門トップは広島・藤井選手
今期序盤に調子が上がらなかったテノ選手に代わり4番に座った今期は絶好調
ここまで2冠となっており、特に打点は既に88と荒稼ぎしています
このペースだと終了時には132点となり、シーズン記録136点の更新も夢ではありません

盗塁王には横浜・マクロスF選手
好調のチームを引っ張る核弾頭はここまで37盗塁
打撃の向上が盗塁数増につながっています
2位との差は16個と独走状態に入っています


次にセリーグ投手部門

順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 大矢明彦(巨) ノノノノ(中) 小野恵令奈(巨) sly(広) 四方堂ナリカ(広)
2位 ノノノノ(中) 土屋健二(横) †悠姫†(広) 棗鈴(中) 砂糖(中)
3位 土屋健二(横) ソロモンよ(広) キャスバル(巨) 魍魎(広) バルタン星人(ヤ)

防御率部門には巨人期待のホープ・大矢明彦選手
監督として大成できなかった鬱憤を晴らすかの如く、並居る強打者達を手玉に取っています
5年目22歳にしてこの成績はお見事です

勝ち星部門には4選手が10勝で並んでいます
ほとんど登板数に差はない為、最終日にいかに負け数を減らせるかがポイントとなりそうです
9勝も2人で控えており、誰が抜け出すかは全く予想が付きません

奪三振部門は巨人・小野恵令奈選手が唯一3桁となる113奪三振でトップとなっています
2位とは14個の差であり、まだまだ安心はできません
自慢の快速球を武器に、三振と共に白星も積み重ねていきたいところです

中継ぎ部門は広島のsly選手
毎年のように広島中継ぎ陣がランキングに食い込んでいますが、今期はこのsly選手が絶好調です
ここまでRP16.80と素晴らしいペースできています
全ての能力が高く、大崩れするような事はありません

セーブ部門は広島・四方堂ナリカ選手
31試合に登板し、1勝30セーブと完璧なリリーフを見せています
防御率も0.84と赤ヘルの大魔神は今日もブルペンで待機しています


次はパリーグ野手部門

順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 木根(楽) おそれざん(日) おそれざん(日) 噴火(楽)
2位 永井浩二(西) 西園美鳥(ソ) カル5(楽) 永井浩二(西)
3位 嶋基宏(楽) カル5(楽) 西園美鳥(ソ) 嶋基宏(楽)

首位打者には楽天の木根選手
シュアなバッティングが魅力の好打者ですが、これまでにタイトル取得歴はなし
2位との差はわずかですが、このまま逃げ切り、初タイトルとなるでしょうか?

本塁打王・打点王にはお馴染みの日本ハム・おそれざん選手
8度目の本塁打王、5度目の打点王を目指します
マサカリ打法から繰り出される打球は、もの凄い勢いで消えていきます
殿堂入り条件は既に満たしており、このまま最後まで走り続けたいですね

盗塁王には楽天の噴火選手
既に43盗塁を記録し、成功率も7割弱と自慢の足を存分に活かしています
同チームの嶋基宏選手・べるとらん選手と共に他チームの捕手を泣かせていますね


最後にパリーグ投手部門です
順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 山下たろー(西) 大隣憲司(ソ) 山下たろー(西) 車輪の唄(日) 参集殿(ソ)
2位 リナリー(楽) リナリー(楽) 白木義一郎 (日) 佐藤君(日) 事故米(日)
3位 大隣憲司(ソ) 銅(西) あつし(ソ) 茅原(西) MICHEL(楽)

防御率・奪三振トップには西武のエース・山下たろー選手
8完投7完封に最多イニング登板と奮闘しています
三振は独走ながら、防御率は2位以下との差が僅かであり、このまま有終の美をかざりたいところです

勝ち星部門はソフトバンク・大隣憲司選手
ここまで13勝3敗、防御率1.46と文句無しの成績を残しています
このペースで勝ち続ければ、沢村賞は彼の手に渡るのではないかと思います

中継ぎ部門は日本ハム・車輪の唄選手
高卒5年目の若武者ながら、7勝負け無し・防御率1.37・RP13.4と堂々たる成績となっています
ロングリリーフを任される事も多く、最優秀中継ぎ賞&10勝に向けてフル回転します

セーブ部門はソフトバンクの参集殿選手
こちらもセリーグの四方堂ナリカ選手同様、抜群の安定感を誇っています
セーブ失敗は僅かに1度だけ
ずば抜けたコントロールを武器に試合の最後を締めくくっています


最後に今年の新人王は誰だ!のコーナーです

セリーグ野手部門は巨人のぷくぷく選手
高卒でセカンドを任され、失策は2つとまるでベテランの如く動き回っています
打率もルーキーNo1であり、大失速がない限り固いでしょう

セリーグ投手部門は今期も人選が難しくなっています
ここまで先発で4勝の巨人・傍観選手がリードでしょうか?

パリーグ野手部門はソフトバンク・ワンチャンス選手
ぷくぷく選手と同じくセカンドで守備を引き締めています
10本塁打をマークするなど、パワフルな打撃も魅力です

最後にパリーグ投手部門は日本ハムのフェイス選手でしょうか
3点台中盤の防御率に4勝となっています
同僚で中継ぎEstellea選手も安定した投球を見せており、どうなるでしょうか?



本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました

昨日のWikiで「第116回」が更新されていた様ですが、間違いがあったのであればお詫び致します
この番組は2日目の記録を主としていますので、あまり古い記録を直すと、誰も正しい情報を確認できない為、公平性に欠く事になってしまいます
お手数ですが、そういった際には投稿フォームへ内容を書き込み下さい
後日しっかり手直し致しますので、宜しくお願いします

それでは次回の放送まで失礼します!



名前:
コメント:

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -