※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

横浜ベイスターズ147年度


チーム成績

順位 勝ち 負け 分け 連勝 打率 防御率 安打 本塁打
3 66 60 9 7 .262 2.54 1257 110
盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 自責点 非自責 失策率
119 46 401 2.9 386 2.8 354 32 0.33
開幕から苦しみ続けついに首位浮上できず
マシンガン打線の導火線が湿ってたのもあるけど采配の大事さを思い知ったシーズン
巨人 阪神 中日 広島 ヤクルト
11-14(2) 20-7(0) 16-10(1) 11-16(0) 8-13(6)
  • おまけ
得圏
1232-284=.231
被打率のとこの合計、電卓で見てね
先圏被 先対右 先対左 中圏被 中対右 中対左 抑圏被 抑対右 抑対左
958-244 2175-569 1581-421 307-76 598-157 430-123 37-12 63-19 58-18

個人成績


  • 野手 メモ:守率について、DHはFP数、捕手は阻止数/被盗塁企画数
選手名 製作者 ポジ 打率 得圏 安打 本塁 打点 四球 出率 盗塁 併殺 守率
ナナ ムーンブルクの王女 捕手 .260 114-22 138 4 26 37 .308 0 10 17/38
Merci abba 一塁手 .272 154-41 160 8 36 33 .310 29 4 .994
アカツチ pio 二塁手 .276 124-30 131 4 31 58 .355 0 4 .996
しょうⅥ しょう 三塁手 .264 135-32 146 22 56 31 .303 0 9 .964
レター ハイド 遊撃手 .230 110-20 96 11 39 41 .297 0 8 .985
スペッキオ Magus 左翼手 .252 156-36 138 16 50 48 .311 0 10 .980
マクロスF マクレーン 中堅手 .304 147-38 181 2 31 41 .348 60 3 .989
古木 くら 右翼手 .274 156-41 151 29 78 54 .337 9 5 .997
灰狐 コッコ DH .219 136-24 116 14 40 24 .252 21 13 0

  • 投手 メモ:先発のセーブ・RPは完投と完封
選手名 製作者 役割 登板 防率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打 奪三 四死 被本
唯一神エンテイ 瀬戸 22 3.19 6 10 2 2 143 2/3 .291 76 48 14
えきぞちっく わふー 20 4.27 5 12 2 1 130 2/3 .304 41 36 23
RE:12 RE 24 2.15 11 9 9 6 180 1/3 .251 76 36 3
マホームズ タティス 24 1.29 14 6 8 5 195 0/3 .227 93 44 4
土屋健二 akito18 23 1.74 12 5 4 4 176 1/3 .242 77 40 6
ミノキ みのき 22 3.44 5 10 2 1 138 2/3 .283 46 56 10
坂口吉宗 appleパイ 35 2.09 4 1 1 12.3 56 0/3 .248 46 9 4
寿司 24 5.19 1 2 0 -0.2 34 2/3 .315 16 7 4
山神 雷神 33 1.20 1 1 1 9.1 60 0/3 .258 19 15 0
嬰鱗 コメット 32 3.70 1 2 1 3.1 41 1/3 .348 24 16 5
リザ アリシア 32 1.76 6 1 0 11.5 66 2/3 .227 33 10 4
超級覇王電影弾 niji 30 3.60 0 1 25 - 30 0/3 .305 12 9 3

リーグトップ
ゴールデングラブ ベストナイン GG+B9(選手名)
147期3位で終了

ここからBクラス常連へ突き進むのがこれまでの横浜

とりあえず数値入力だけ
あとは頼むぜブラザー

OH!ありがとうシスター!と決め付け
まあ私も自分の選手について普通に書かないせいでばれなければ黙っ

今季は能力の割に不遇な打者ばかり、それというのも上位2球団の防御率が…
そ・そのうち鯉こくと兎肉しちゅーにしてやるんだから!
  • 野手 赤字3人いやいや、しかも能力上がってる鉄板選手が2人もとか泣くぞ
ばるきリー以外は巧打基準にも到達できず、厳しいよ厳しいね
ショートとセカンドの性格相性が二代続けて悪いとかちょっと泣く
マクロスF、イッチッロー!またも内野安打44と疾走、もう能力と特殊能力の相性がばっちりすぎる
四球41よりも多いとかまんまですな、走者が居なければ安心して内野に転がせます的な何かを感じる
そして盗塁数が また 無茶基準到達、初日はめっさ刺されたが最終日はスッタカター
古木、念願の個別タイトルで二冠王 おめでたう~
だども今季は全体的に打者が低調で本人も昨季ほどの好調さはなぐ、壊れきれないままシーズンを終えた
ぶっちゃけるとMerciの調子が上がらないと古木っちも本領発揮できない
初球○の特性から走者の存在が求められ、連打は直前打者が重要、打撃は線でできてるんじゃ!
アカツチ、犠打0での出率ランキング常連ナイスやー、寧ろ中位に置いて強打者の前に塁を埋めとく?
併殺も少ないしのう、守備の方は相方が若返ったためか久しぶりの3失策、もったいない
  • 投手:先発 ムズの魔法使い、だからタネモシカケモナイってば、あ、メガネは外しちゃ駄目
援護が足りない負け運一人と相性の悪い強打者が多いと辛すぎる一発一人
懐かしい物を引っ張り出したくなるくらいに最近の成績がキレすぎ
注意!
この投手は危険です、新人の打者が対戦しすぎると
成績に悪影響が出る恐れがあり最悪の場合解雇もありえます
決して突っ込んではいけません
マホームズ、勝率は・・うんまあしょうがない、だが最優秀防御率と最多勝は三度獲得となった
マホーッホッホッホ
先発にこんな被打率と被本率で通されると相手打者が泣いて 喜び 嫌がります
抑えるべき基礎能力の高さに加えて4球種による低速軟投型、よし真似しよry
RE:12、遂に殿堂入り基準到達、ここまでリーグ制覇4回と日本一2回とその間の低迷12期と波乱万丈
無尽蔵のスタミナに140k後半の直球を内角低目へ投げ込み、Bまで鍛えたカーブで打者を討ち取ってきた
今季もリーグ最多の9完投などきっちりエースの仕事をしたが勝ち負けの差が2しかないよパパ
久しぶりに被本が減ったりといい感じなのだが、今季 も援護が足りず200勝はお預けとなってしまった
今オフの電撃引退表明で球団を去ったため200勝は未達、無念、本当にありがとうございました
土屋健二、隔年返上?きっちり被弾減と特殊能力の効果がちゃんと出ている感じで羨まれるちうか
スタミナの強化で安定して投げきれるようになったちうか、能力の伸びが重なっての良い結果だなや
投球回が伸びたので即降板とはならずに援護を待てて勝ち星がつきやすくなった、このまま驀進してくれ
  • 投手:救援 寿司さんが食べられてしまったんじゃよ
快刀乱麻とはいかず、神様ーはやくきてくれー!!
山神、圏被は1割台なのだが被打率はソコソコ、だがシーズン被本0で通し1点台前半にまとめてくれた
しかしその割にRPが伸びてこない、投球回もちゃんとこなしているのに、・・・あー、失策のせいか
リザ、被弾はまともな数字で、加えてかなり綺麗な被打率でリリーフ陣最多の投球回をこなしてくれた
エースとベテラン中継ぎ二人が相次いで去る状況で今季のように神様と共に投手陣を支えられるかどうか
来季以降真価が問われることになりそうだ
坂口吉宗、スーパードクター K の効果が今一でなかったか、奪三振率の連続イニング越えはならず
昨季引退の同僚と同じくベテランになってから恐ろしい怪物ぶりを発揮してくれた将軍もとうとう引退
普段の快投や名物でもある100マイル越えのみねうちが見られなくなるのは寂しいのぉ
引退後は将軍職に専念、と思いきやお医者さんになるらすぃ・・・今後デッドボールは禁止だ
超級覇王電影弾さん、抑えて当然といわれ、打たれればぼろくそにいわれるのが抑えの辛さ
今季の失敗は5回以内に収まった、なんとかセーブ失敗一割を目標にがんばじゃ


満員御礼

間違っている所を訂正するのはバファリンの半分ですビタミンCです
数値が違ったら一人で笑ってないで直してくだされー

ミスター『このタイミングで~制球コーチを~雇えなかったのは~所謂一つの~クリティカルな~問題?』
投手は引退ラッシュ目前…既に真っ最中?で、打線が実力どおりの大当たりを続けないと厳しいかも

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -