※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

147期チーム総括、来期への展望

今期はこれまで長期政権を担ってきた野村監督に代わり、名将・仰木監督を呼ぶ事からスタートした。

「仰木マジック」を踏襲する訳ではないが、これまで不動の4番であった藤井選手をトップバッターとして起用する新打線を採用する。結果的にはこれが大成功を収めた。
セリーグ全体が投高打低のシーズンにあって、唯一得点率が3を越えた。
チーム本塁打がリーグ4位であった事を考えると、非常に繋がりが良く点が取れていたと言えるだろう。

また、それ以上に監督交代で輝いたのが投手陣である。
チーム防御率は前年の2.94と比べ約1点良化し、1.96と文句無しの成績を残した。
先発・中継ぎ・抑えと見回しても、3点台はおろか、2点台後半ですらいないという安定感だった。

初日から投打が噛み合い貯金を重ねたチームは、最後まで息切れする事なく4期ぶりの優勝を果たした。
日本シリーズでは10連覇中の西武相手に1勝4敗と苦しんだだけに、来季も連覇を果たし、ぜひリベンジを果たしたい。


MVP

  • 野手 
ろこ
通年5番打者として活躍し、.302・11本・67打点と3年目とは思えぬ活躍を見せた。
来季で21歳。テノ選手をも越える選手となれるのかに期待がかかる。

  • 投手 
ジャニ之
2日目終了時点で10勝0敗・防御率0.88と好調のチームを引っ張る素晴らしい成績を残した。
惜しくも今期で引退となったが、最後を飾るに相応しい活躍であった。


147期チーム成績


年度 順位 勝ち 負け 引分 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策 監督 コーチ
147期 優勝 80 51 4 .610 .277 1.96 3.1 94 6 51 仰木 山内

147期個人成績


登録野手

ポジション 選手名 製作者名 打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
slyly スラィリー .229 123 7 31 39 28 0 .571
藤井 山本 .319 189 23 72 67 0 0 .990
りょう 政宗 .255 146 3 33 16 0 0 .981
CE CE .271 146 11 47 25 0 0 .949
ジオ マーク .287 161 11 54 53 0 0 .992
ポンポン パンチョ .262 120 0 24 21 64 6 .983
エドワード びたわん .246 142 5 21 22 0 0 .992
伊曾保 伊曾保 .318 177 23 59 67 0 0 .989
DH ろこ ヤンマ .302 178 11 67 21 0 0 -

登録投手

ポジション 選手名 製作者名 登板 防御率 S RP 投球回 奪三振
†悠姫† 悠登 23 1.91 10 9 0 0.0 174 1/3 165
ジャニ之 yf 22 1.41 13 4 0 0.0 179 1/3 161
ソロモンよ 私は帰ってきた 23 2.01 12 6 0 0.0 165 2/3 136
紀藤真琴 遅球王 23 1.93 9 7 0 0.0 172 2/3 85
うい14世 うい16世 23 2.51 11 7 0 0.0 165 0/3 139
さまぁ~ず 三村軍師 21 2.29 9 7 0 0.0 141 1/3 40
魍魎 京極堂 25 1.90 4 3 1 8.4 47 1/3 22
スペランカー ハムスター 23 2.09 3 0 1 9.2 47 1/3 26
西本英雄 アモアモン 21 1.65 4 2 0 6.7 32 2/3 14
アヌーン DDS 24 1.54 2 2 0 8.3 35 0/3 25
ジョンソン bisyamon 22 2.27 3 3 0 6.5 43 2/3 29
四方堂ナリカ エロゲオタ 32 1.39 0 1 30 0.0 32 1/3 20


祝!個人タイトル受賞者

選手名 タイトル
藤井 首位打者・最多安打・B9
CE 野手新人王・B9
伊曾保 最高出塁率・GG
ジャニ之 最高勝率
ろこ B9


入団・退団情報

  • 入団



  • 退団



来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -