※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 楽天148季総括


148季選手紹介



148季成績情報

  • チーム成績
年度 順位/(前回) 勝ち 負け 引分 連勝 勝率 人気 バントタイプ 盗塁タイプ 監督/カリスマ コーチ
148年 1位/(2位) 80 48 7 11 .625 150 1 10 仰木/85 荒川

  • チーム詳細
打率 防御率 安打 本塁打 盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 得失点差 自責点 非自責 失策率
.270 1.66 1338 72 83 63 396 2.9 258 1.9 138 227 31 0.46

  • 個人成績

祝!個人タイトル受賞者

選手名 製作者 タイトル コメント
カル5 まあく AS② 得点圏での勝負強い打撃が評価され選出
嶋基宏 走る捕手 AS④ 首位打者① 最多安打① 盗塁王② 野手MVP① B9④ 走攻でタイトルを獲得、名実共に3拍子揃った選手へ成長した。
JJJ SSS AS① ASMVP① 最高勝率① 絶対に負けない、相手より先に点を取られないという闘志、気迫を前面に出し獲得
イチロー 一浪 AS① 苦労した時期もあったが地道に頑張ってきた軌跡を評価され、選出。
MICHEL AS③ 毎年高いセーブ成功率を維持し、守護神の地位を確立し始める。
べるとらん B9① GG② 走攻守の総合的な活躍と、安定した守備を評価され受賞
須藤博倫 3983 GG④ 痛烈な中前打を防ぐグラブ捌きが評価され選出。
リナリー ミュー 最多勝利④ 投げれば勝利を呼び込める、25年目の大ベテランが最後まで仕事を果たした。
C・ザンブラノ ワータル 最多奪三振② 投手MVP① 沢村賞① B9① モデルも獲得した事が無い、沢村賞(サイヤング賞)を見事獲得。
パイナップル フルーツ 最多奪三振① キレの良い変化球で、打者をキリキリマイにさせ続けた結果。

148季を終えて

[総評]
長いトンネルを抜け、栄光を勝ち取った。
一つも安易に敗戦してはいけない状況、プレッシャーの中で
個人個人、全員が期待に応え、結果を出してくれた。
昨期の悔しさを存分に晴らす素晴らしい戦い振りを全員が見せ、
チーム員全員が日替わりでヒーローとなれる楽天野球を披露してくれた。
この中の1人でもメンバーが欠けていれば、この日は実現出来ていなかっただろう。

[野手]
次の塁を積極的に狙える1番、2番を基点にチャンスを作り出し 3~6番が得点を決める得点パターンを確立出来た。
絶対的な主砲は居ないが、安定した打撃を放てる打者が並んでおり
前の打者が倒れたとしても、後続の打者がキッチリ決めてくれた。

守備の方では、最終的な失策数は少し多めになってしまったが
センターラインを中心にここ数年は安定した数字を残せている。
特に初日に関しては、非自責点1の数字を残しベテラン先発陣と守備が融合し
驚異的なチーム防御率を叩き出せた。

[投手]
全員1点台前半の防御率を残したベテラン先発4人と守護神を中心に、チーム防御率1.66と非常に安定した投球を全員が披露し続けた。
これにより野手陣は2点を取れば大よそ勝利に近づける事が出来、1点を取りに行く事に長けた
野手陣とこの結果がマッチした。
先発陣の転生期が近づく中、若手先発2人と若手が揃った中継ぎ陣、ここから選手が台頭し
今期の先発完投型の投手陣から、中継ぎエースを軸にした継投型に変貌を遂げられるかが、これからの課題となる。

TOPICS

簡単にですが、選手全員の特徴を交えながら今期の活躍を紹介していきたいと思います。

1 中 鉄平
走力と、堅実な守備力、肩力を活かし、主に守備の面で活躍する。
今期は失策0と完璧な内容。更に技術を高め、今後は守備範囲を広げる事に専念したい。
打撃の方では、選球眼の良さから1番に抜擢され四球で塁に出て塁上を駆け巡った。

2 捕 嶋基宏
若手の頃からリードに定評があったが、走塁能力が近年開花し走れる捕手となった。
守備面での活躍はもちろん、打撃でも2塁打39本,3塁打7本を始め、足を活かした攻撃で楽天打線の基盤として活躍した。
野手MVP、首位打者と彼にとって節目の1年となった。

3 一 戯言遣い
非常に優れた選球眼と巧打能力を活かし、好球必打、待ちの打撃スタイルで
75個の四球を選び、出塁率.370を残しチャンス作成、拡大を行い後続に繋げた。
もちろん甘い球は見逃さず、.287 14本 58打点と自身も結果を挙げた。

4 左 カル5
上田丑之助引退後、4番として期待され大爆発こそならなかったが
得点圏で.310の打率を残し、他の打者が2割前半の得点圏打率で苦しむ中
チームトップの60打点を挙げ、結果を残した。

5 三 岩崎小次郎
荒川コーチの下、なりを潜めていた長打能力が開花。
20本塁打は達成出来なかったが、投高気味となっているリーグ状況の中で
しっかり前年より本塁打数を増加させ、打点を稼いだ。

6 左 べるとらん
走攻守に渡って能力の破綻のないオールラウンダー、と紹介させて頂いているが
前評判通り、.272 10HR 34盗 2失策と今期もどの分野でも見劣りの無い活躍を見せてくれた。
攻の分野に関してはまだまだレベルアップが可能であり、それが見込める注目株。

7 指 祇園藤次
高卒1年目の指名打者だが、.282の打率を残し見事に巧打基準を突破する活躍を見せた。
来期2年目の選手に大きな期待は寄せるのは酷かもしれないが、来期は長打力UPが見込めるので
長打率増、HR増を狙ってみたい。

8 二 ポット
今期入団の1年目2塁手として、守備の要であるポジションを勤めた。
能力値の割りに17失策と少々失策が多くなってしまったので、捕球技術の上昇を視野に入れると良いかもしれない。
まだまだ、守備打撃ともにこれからの選手であり 成長が期待される。

9 遊 佐川
初日の打撃不振に悩んだ物の、2日目以降復調で最終的に.252で落ち着いた。
打撃以前に彼には守備のアドバンテージがあり、打撃面で評価されなくても
守備面でフロントは評価してくれる。守備精度を高め、更に打撃でも少しづつ能力を鍛え
結果を残して行けば、俗に言うスター選手への道が開ける。

先 リナリー
1試合に1つ四球を出すか出さないかという制球力、変化球で打者を巧みにかわす投球術。
ピンチに動じない強心臓、非常に重い球質。
これを活かし、彼は今期も期待通りの活躍を見せた。
今期16勝を上げ、最多勝に輝き 勝利数を前人未踏の298まで伸ばした。

先 リゾナント
非常に精度の高い制球力を活かし、防御率2.00の好成績を残した。
目立って落ち込んだ成績箇所は無く、来期以降のフル回転を期待させる投手だ。
エースに求められる負けない投球をこれから目指していきたい。

先 JJJ
彼が目指したスタイルが、今期そのままハイレベルな成績に表れた。
四死球で走者を溜めるが、得点圏被打率.168のピンチに物凄く強い投球で抑え込む。
14勝2敗と、負けが付かない、エースの投球を今期は彼が披露した。

先 C・ザンブラノ
今期チームトップの1.15の防御率、15勝をあげ、投手MVP 沢村賞を獲得した。
三振を取る能力を極限まで高めた結果、投球回数に近づく180個の三振を奪い
パイナップルとともに見事最多奪三振のタイトルを獲得した。

先 パイナップル
高スタミナと、キレの良い変化球で勝負する技巧派右腕。
ドクターKの異名通り、C・ザンブラノと共に最多奪三振のタイトルを獲得。
体力がまだたくさん残っており、楽天の次期エースとして期待される。

先 四田
まだまだ安定しない事が多いながらも、全般的に数字は良化されつつあるので
数年後を視野に育成していく事が大事か。

中 ももんが
被本塁打を多く浴びてしまったが、ここぞという場面で三振を奪い
安定して、抑えへと繋いだ。改善点は見えているので、こちらも数年後を視野に育成をしていきたい。

中 イチロー
苦しんだ日々が続いたが、今期活躍が認められ見事オールスターに出場した。
例年より登板回数が中継ぎ投手全員少ない中、きっちり結果を残した。

中 清☆戦国大名
今期5勝(3敗)1Sをあげ、先発が崩れた後をしっかり抑え味方の逆転を待ち
勝ちを呼び寄せた。先発陣が若返った後、この男にまず期待がかかる。

中 マダックス
七色の変化球を駆使し大崩れする事無く安定した投球を続けた。
これから登板数が多くなり、連投をする機会も多くなるので しっかり準備をして先発陣を支えていきたい。

中 須藤博倫
昨年の悔しさを晴らすべく、全ての成績を劇的に良化させ 優勝に貢献した。
来期も中継ぎ陣最年長として、中継ぎを引っ張る活躍を期待させる。

抑 MICHEL
今期もセーブ失敗回数2と、安定してセーブ数を積み重ねた。
この選手まで繋げられればほぼ勝利が決まる。
まだ10年近く選手を維持出来る体力があり、守護神として楽天の勝ち試合をきっちり締めて欲しい。

編集後記


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -