※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

横浜ベイスターズ154年度


チーム成績

順位 勝ち 負け 分け 連勝 打率 防御率 安打 本塁打
2 71 58 6 11 .277 3.14 1310 137
盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 自責点 非自責 失策率
140 45 478 3.6 470 3.4 432 38 0.33
采配をしないほうが強いとばかりに向こうからの8連戦を跳ね返して11連勝
流石に9回目で負けた後連敗しましたが
巨人 阪神 中日 広島 ヤクルト
12-13(2) 15-10(2) 19-8(0) 11-15(1) 14-12(1)
  • おまけ
得圏
1266-328=.259
被打率のとこの合計、電卓で見てね
先圏被 先対右 先対左 中圏被 中対右 中対左 抑圏被 抑対右 抑対左
集計できず、ごめんねうっかりしててごめんね

個人成績


  • 野手 メモ:守率について、DHはFP数、捕手は阻止数/被盗塁企画数
選手名 製作者 ポジ 打率 得圏 安打 本塁 打点 四球 出率 盗塁 併殺 守率
ナナ ムーンブルクの王女 捕手 .282 142-26 149 6 33 46 .336 3 10 25/57
射命丸 白虎 一塁手 .260 121-33 121 6 31 24 .296 2 16 .994
タツ pio 二塁手 .261 115-24 128 2 25 42 .320 0 8 .984
しょうⅥ しょう 三塁手 .254 166-50 141 28 76 37 .301 0 6 .980
レター ハイド 遊撃手 .239 134-27 121 20 58 61 .321 0 8 .992
忍田ケンイチ 忍田ケンイチ 左翼手 .253 143-31 120 10 46 23 .288 0 12 .963
マクロスF マクレーン 中堅手 .315 124-39 181 6 31 60 .380 67 7 .998
古木 くら 右翼手 .320 162-54 176 26 74 51 .377 29 4 .997
灰狐 コッコ DH .298 159-44 173 33 87 37 .340 39 3 0

  • 投手 メモ:先発のセーブ・RPは完投と完封
選手名 製作者 役割 登板 防率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打 奪三 四死 被本
涼城白亜 瀬戸 22 4.11 9 8 0 0 140 0/3 .298 53 29 20
えきぞちっく わふー 23 2.48 10 6 7 5 170 1/3 .260 65 44 12
悠女 悠登 23 3.86 5 10 2 2 130 2/3 .301 47 23 26
上原浩治 三浦大輔 22 3.20 9 8 4 1 129 1/3 .298 39 42 15
茂野吾郎 akito18 22 3.57 7 10 2 1 141 1/3 .301 64 39 19
ミノキ みのき 23 2.93 13 6 5 3 159 2/3 .276 89 28 14
ロドリゲス宏行 appleパイ 33 2.63 1 3 2 7.0 65 0/3 .272 29 22 6
寿司 36 2.47 5 2 1 10.4 73 0/3 .253 36 15 8
RE:14 RE 34 4.25 3 0 1 4.2 53 0/3 .318 21 10 5
嬰鱗 コメット 27 3.56 3 3 2 5.5 43 0/3 .261 28 11 4
中継ぎくずれ 敗戦投手 38 2.47 5 2 0 10.9 94 2/3 .255 37 27 7
超級覇王電影弾 niji 36 0.95 1 0 34 - 38 0/3 .229 20 7 2

リーグトップ
ゴールデングラブ ベストナイン GG+B9(選手名)
154期2位で終了

↓なにこの節穴アイ

真面目な話失踪しない人が揃った上でそこから10期が必要だろう
年末年始に向けて普段は大丈夫な人でも失踪が増えそうですし
20期くらい は指定席な心持でいきませう

監督のカリスマ超重要、やはり70→100は大きいようだ
それに加えて、どこの球団も打者を蹂躙していた先発陣が次々に体力切れになり
兎さんいがいはそれなりに打てる状況なのが大きいか

  • 野手 ばるきりーぐれいふぉっくすあーっとが怪物化
最後の一人は前からか
打率・打点・出率で湾ツーフィニッシュし盗塁・本塁タイトルに加えて圏率も首位
その陰に隠れちゃってるけど4番も圏率良すぎ、必要な所で打ってくれるのー
新人王もきそうな気がするしオフが楽しみですね   該当無しとは、やはり失策は厳しいのか
忍田ケンイチ、二桁本塁打に46打点これだけ見るとうひょーいなのだが失策が14、送球×怖ぇぇです
でもスペッキオの時にも同じ事言っていたような気がするし、消せる時期が来たら落ち着くかな
VF25、二日目終了時点で49盗塁と70が見えたと思ったのにぃぃぃぃ、最終日にブレーキかかっちゃった
それでも11度目のタイトルをぶっちぎりで獲得し、打率リーグ2位に出率はトップと驀進
トップバッターとして、この二冠は非常に大きい価値があるだろう
今季で丁度700盗塁に到達し、走り始めが遅れた事を考えると驚異的な数字
他にも本塁打を6本しか打っていないのに長打率.404を記録するなどなにこのry
これだけ打つ方で働いていながら守備もセンターの最多RFでの1失策と堅く守る、本当に怪物です
ぐれいふぉっくす、遂にこの時が来た、若き日の不振を拭い去る時が、本塁・打点の二冠王を獲得
圏率は初日より落ちたが、その分?本塁打を量産しまくってセ界の投手たちを恐怖のどん底に陥れた
おめでたう~☆ 足の方での湾ツーに後一つ足りなかったのは残念
っていうか最終日絶好調で打率後2厘でトリプルスリーだったんですけどすみませんすみません
満塁弾3本とか本当に恐怖の使者ね、狐は肉食です皆さん気をつけましょう
御神木、すっごい巧打者になった?、イメージと違うわあああ、しかし相変わらず総ての成績が高水準
首位打者かつ得点圏打率トップに出率も2位で、本塁打も基準はサクッと突破している、流石ごうとう
通算長打率.460はチーム内で並ぶ者無き圧倒的な数字、ずーーーっと活躍し続けてるのがほんに怖い
しかも守備が相変わらず堅くこちらも1失策のみ、だからそんだけ打っておきながらry
通算10回目のベストナインも濃厚でGGも獲っとく~?な俺流豪闘ウッディモンスターの明日はどっちだ
しょうⅥ、打率よりも圏率のほうが5分近く高いの、Q:4番になったら急にチャンスに強くなった?
A:急や、打率は並というか厳しいくらいの数字なのだが、大事な所で打って打点はリーグ2位と荒稼ぎ
なんていうか厄介な打者だわね、ランナーがいると生き生きしだすっていう、抑えられると思ったらどーんw
王女、ちゃんと巧打基準を突破してるけど目立たない、↑の方が危なすぎる
  • 投手:先発 生えた・・・毛が生えたんだよ!
負け運一人、西山一人、一発病二人、こんな事が続くと資金不足で削除しきれない
リーグが打撃偏重になったらなったで新人投手がサバイバル
スタミナ特化の全力テンプレが安定性としては優位なのか、それとも制球を先に伸ばす方がいいのか
いずれにせよ上り調子の打線相手に若手投手で挑む状況が続く上に、援護も今季か来季で打ち止め
守備の貯金も今度こそ全部使い果たされるので、本当の地獄はこれからなのです
ミノキ、ここから借金を返して・・と思ったら一気に返済間近になった、けれども今後の事情は上の通り
今季は先発陣に二人しかいないベテラン投手としてきっちり仕事をし、援護がくるまで耐えに耐えて
なんとか勝ち星に繋げてくれた、コースを見てなのか広島がよく突っ込んできてたのが印象的でした
えきぞちっく、エースになる日が来た
良い防率で平均7回以上を投げきっているのだが、なんというか援護とかみ合わなかった
コースの偏った球団が多く、選べる時は選んだのだが、連戦されてる時は…
  • 投手:救援 横浜の抑えがこんなにも輝く日がこようとは
登板数の二倍以上のイニングを投げる中継ぎが二人も
中継ぎくずれ、実験的な形で早速結果を出した、先発能力で中継ぎをするとこうなる的な何か
若手主体の投手陣を支える意味でロングリリーフはかなりありがたいのは確か
回復は高めに必要だが、鯖でも元と同じように投手全員が先発型で育成するのが良いとか…?多分無い無い
鎌、じっくり砥いで切れ味復活、流石に↑には及ばないものの、こちらもながーく投げて二桁RP
二人に共通で気になるのは被本数だが、投球回の長さからはしょうがない部分か
超級覇王電影弾、アナタが神か、4度目の最多セーブを獲得し防御率も0点台、うわぁぁぁぁぁ
とか言っていた頃があったなんて信じられないくらいの安定感、圏被もとんでもねー数字で乗り切って
皆の勝ち☆を守ってくれた、横浜的には今季の投手MVPはまちがいなく彼

横浜ベイスターズ154年度は3体の怪物を使役しセ界を恐怖と混沌の渦に投げ込んだ
しかし指揮官がryであったため最後には敗れ去ったという事じゃ

満員御礼

間違っている所を訂正するのはバファリンの半分ですビタミンCです
数値が違ったら一人で笑ってないで(特に自分自身の成績は)直してくだされー

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -