※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 楽天161季総括


161季選手紹介


161季成績情報

  • チーム成績
年度 順位/(前回) 勝ち 負け 引分 連勝 勝率 人気 バントタイプ 盗塁タイプ 監督/カリスマ コーチ
161年 1位/(2位) 72 56 7 5 .562 150 1 10 三原/95 門田

  • チーム詳細
打率 防御率 安打 本塁打 盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 得失点差 自責点 非自責 失策率
.274 2.27 1367 118 0 47 423 3.1 349 2.5 74 311 38 0.34

  • 個人成績

祝!個人タイトル受賞者


選手名 製作者 タイトル コメント
佐川 あだち AS⑨ シーズン中も活躍したが、日本シリーズでもお祭り男っぷりを見せつけ日本一へ導いてくれた
坂元弥太郎 AS① 打者1人1人を全力投球で抑える姿、結果が評価された。
清☆戦国大名 戦国大名 AS⑥ 困った時に頼りたくなる投手が中継ぎエース、彼が現在の中継ぎエース。
祇園藤次 ヴェ・デルチ 本塁打王① 今期優勝の大きな原動力となった、打撃3部門で大暴れ、念願のHR王を獲得した。
海蛍 ほたる B9① セーブ機会に恵まれずセーブ数は伸びなかったが、全く崩れない投球は圧巻だった。
BCL出身 tosiki B9④ 安定感ある打撃はベストナインを選出する際、抑えておきたい人材。

161季を終えて

混戦を制し、久しぶりにペナントを奪回した。
ベテランが安定した仕事をする所に、若手が出てくると勢いが良くなる。
打線では、高いレベルの仕事が期待出来る2~5番の他に今期は6番の川相昌弘が14本塁打を放ち
先発では、ベテラン先発の他にKKKが13勝、レベッカが12勝と勝ち星を稼いでくれた。
救援では、今期海蛍と坂元弥太郎の中継ぎ⇔抑えのコンバートがあったが
坂元弥太郎は17登板0.42とワンポイントリリーフを完璧にこなし、海蛍は32登板で敗戦無しの30セーブと
両名とも期待以上の数字を残し、躍進の力となった。
一時代を支えた選手の入れ替わりが次々と始まっているが、
上手な世代交代が出来るように、まずは若手の育成が安定期に入れるように努力して行きたい。

TOPICS

  • 野手 川相昌弘選手/製作者:いぶし銀
失策2つの好守備もさることながら、今期は実物に似つかわぬ長打力(?)を見せ、
14本塁打と侮れない6番打者として意外性を発揮した。
相手投手が上位打線に神経を使ったその後も、気を抜かせない打者となって欲しい。
  • 投手 海蛍投手/製作者:ほたる
今期急な抑えの配置転換で負担は少なからずあったが、天性の適性か、素質なのか、
四球はもちろん安打すらなかなか許さない投球をし続け、完璧な火消しを披露してくれた。
フル回転で忙しい立場だが、酷使(?)に負けない鉄腕を来期も見せて欲しい。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -