※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ついに本物のVやねん!タイガースを発刊することが出来ました。
折角ですので、今期の阪神戦士の活躍を紹介したいと思います。

51期優勝記念選手紹介

メーヴェ (北) 1番レフト
打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
.345 203 32 84 85 0 0 .983

今期獲得タイトル:野手MVP(2)、B9(2)

  • 評価
今期1番に抜擢され大活躍。.345 32HRの他、85四球で出塁率.427と
切り込み隊長として100点の仕事。野手MVPを獲得した。
今期阪神打線の活性化は、彼の活躍による物が大きい。
2失策と16FPの守備面の活躍も見逃せない。

ヴんヴん (TAL) 2番セカンド
打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
.293 177 7 51 62 3 58 .991

今期獲得タイトル:盗塁王(6)、B9(5)、GG(2)

  • 評価
本塁打以外は何でも出来る万能プレイヤー。毎年3割前後の打率、
30以上のファインプレー、成功率7割以上で50以上の盗塁は安定して残す、
高レベルな守備走塁型プレイヤー。今期も変わらず、攻守に渡り貢献をした。

モア2 (モア) 3番ファースト
打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
.320 189 21 101 69 0 0 .989

今期獲得タイトル:B9(初)

  • 評価
神主打法を特徴とする、攻撃面に関しては既にハイレベルな所で安定をしている打者。
今期も.320 101打点 .391の出塁率と、メーヴェ同様、阪神打線を活性化させた。
この選手の凄い所は、まだ一度も不調のシーズンがない所だ。(フラグ)
彼が試合を決めると、ついサンキューモッアと声を掛けたくなる。

ジラフ (モッツァレラ) 4番サード
打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
.337 205 66 168 37 0 0 .950

今期獲得タイトル:本塁打王(6)、打点王(4)、B9(7)

  • 評価
いわずと知れた野獣先輩。阪神打線の大ボス。50HRは既にノルマ。
今期、リアルプロ野球小鶴誠の記録である161打点を大きく更新。
満塁時の打席での彼の気迫を受けると、ついに投手は甘い球を投げたくなるという?今期6満塁本塁打。

まるさか (まるさか) 5番DH
打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
.283 167 27 75 40 0 0 .000

今期獲得タイトル:B9(初)

  • 評価
ここ最近、開花。ジラフが仮に仕留め切れなくても、
後ろを打つまるさかによる打撃が待っている。
打率、本塁打、打点とも年齢で求められる成績の及第点以上を残した。

さっふー (さふー) 6番センター
打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
.337 185 16 58 63 0 0 .991

今期獲得タイトル:B9(初)

  • 評価
堅実な守備で今期4失策。打撃面では、出塁率4割突破。
22歳で求められる成績は大きくクリア。
阪神下位打線を活発化させる燃料となれた。
また、日本シリーズ第2戦の延長20回裏の
死闘を制するサヨナラヒットはファンの胸に深く刻まれた。

(豪州のヒゲ長髪) 7番キャッチャー
打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 阻止率
.283 158 20 60 42 0 0 .304

  • 評価
25歳と非常に若いプレイヤーだが、プレイングマネージャーとして地位を確立。
今期、捕手として守備に気を使いながらも、.280 20本塁打を達成。
下位打線に一発がある選手がいると、投手は気が抜けない。
コンディショニングが課題であったが、今シーズンオフに習得したとの報告が有り、
来期から一層の活躍が期待される。

ヴェール (グリーン) 8番ショート
打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
.260 141 13 44 36 7 0 .961

  • 評価
非常に荒削りな選手だが、今後の可能性を感じさせる大型遊撃手。
俺 同様、下位で一発がある選手として、今期は活躍した。
素材は十分であり、細かい技術を鍛えていけば、
球界を代表する選手になれる可能性を十分に秘めている。

鳥谷敬 (真弓明信) 9番ライト
打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
.263 142 17 66 51 0 0 .979

  • 評価
筆者は、この年に求められる成績をクリアし、
俺、ヴェールと共に下位打線を活性化させた貢献値は高かったと思うが、
本人曰く『今期は不調』向上心の塊の彼の今後に大きく期待。
来期は、やってくれるでしょう。

マダックス (画像飽食) 先発
防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打率 奪三振 与死四球
0.77 23 3 0 0 234 0/3 .215 170 52

今期獲得タイトル:投手MVP(1)、サイヤング賞(1)、B9(初)、最優秀防御率(2)、最多勝利(2)

  • 評価
今期、まさにエースの活躍。彼は立場上エース同士の投げ合いになる登板を強いられる事が多いが、
強く前を向き、ファンはもちろん、全チームメイトが見守る中で完封勝利を連続して挙げ、
チームを鼓舞してきた。【精密機械】と呼ばれるコントロールを今期オフに習得し、
来期以降、更にエースとしての活躍が期待される。

ジョナさん (とまそん) 先発
防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打率 奪三振 与死四球
1.16 23 6 0 0 240 0/3 .222 226 55

今期獲得タイトル:最多勝利(3)、最多奪三振(3)

  • 評価
マダックス、ヤッホンスと共に今期の阪神を支えた3本柱の1人。
鍛えに鍛えた懸河のドロップは、並大抵の打者はバットにかする事も出来ない。
年齢を重ねて、身体的には大分衰えが来たが、【大エース】と呼ばれる不屈の精神は衰えない。
まだまだ、阪神投手陣を支え続ける。

ヤッホンス (ヤッホンス) 先発
防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打率 奪三振 与死四球
1.33 23 6 0 0 258 0/3 .234 175 59

今期獲得タイトル:最多勝利(2)

  • 評価
阪神3本柱の一角を担う。今期23勝。ダイナミックな【トルネード投法】から繰り出される
キレのある変化球と、ノビのあるストレートはなかなかタイミングが合わない。
中継ぎ時代に鍛えたタフネス振りがこの投手の1番の特徴。

力こそパワー (問コク) 先発
防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打率 奪三振 与死四球
1.70 11 0 0 0 111 1/3 .240 57 11

  • 評価
今期敗戦無しの11勝。1敗が命取りになる状況で、
若手投手に求められる仕事を完璧に遂行。
3本柱引退後のエース候補として、名乗りを挙げた。

ジョニキ飛翔 (帆迎) 先発
防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打率 奪三振 与死四球
3.75 7 2 0 0 69 2/3 .276 39 22

  • 評価
鳥谷と同じく、本人は不調と訴えるが、筆者としては今期、7勝2敗と若手としては十分な仕事を果たしたと感じる。
球団内次代エース競争は、問コクが今期1歩先に進んだが、この選手はエースとしての理論を年々学んでおり、
それが開花された時の事を踏まえると、素質は相当高いと見える。

A.smith (峰岸) 先発
防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打率 奪三振 与死四球
2.01 11 1 0 0 107 0/3 .241 46 27

  • 評価
力こそパワー、ジョニキ飛翔のエース争いに割って入る投手。
今期11勝1敗。通算勝率.758と斉藤和巳の.774に肉薄している程。
打者の手元で大きく曲がる変化球がこの選手の特徴。
【負けない】投球がこの選手には既に出来ており、次代の阪神3本柱として大きな期待がかかる。

大将 (さいてょ) 中継
防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打率 奪三振 与死四球
0.64 11 0 4 23.9 56 2/3 .216 23 9

  • 評価
これぞ中継ぎエース!と言わんばかりの内容。
大将という名前はどこへやら、全く席を埋めない熱い入店拒否振りで
中継ぎながら11勝、敗戦無しの4セーブ。
この選手筆頭にリアル阪神さながらの手厚いリリーフ陣が居る事は
プレーする選手達に大きな安心感を与え、思い切ったプレーを呼び起こす。

ドライソフト (飲茶) 中継ぎ
防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打率 奪三振 与死四球
3.07 0 1 3 7.3 29 1/3 .265 26 9

  • 評価
阪神の頼れる中継ぎ陣の一角。キレの良いフォークを武器とする、
三振が欲しい場面に三振を奪える投手。今期3セーブを挙げる。
中継ぎのセーブは先発が5-6回を投げ、リードしていたが
突如連打を食らって、一発逆転もある場面で登板して、
そこを抑えて、打線が9回までに4点差以上を付ければ
抑えが登場する事なく最後まで投げられる事が出来るので、
セーブが付く。よって、そういう場面をきっちり抑えて投げきれた証。

カルロ (ス) 中継
防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打率 奪三振 与死四球
1.59 2 0 2 9.8 34 0/3 .246 24 9

今期獲得タイトル:GG(3)

  • 評価
阪神の頼れる中継ぎ陣の一角。負け無しの2勝0敗2セーブと非常に良い内容。
この選手の特徴は、接線に強い、ノビのある速球もそうだが、
ロングリリーフが可能な所。中継というより、第2先発としての立ち位置の方が強い。
来期も、そういった活躍が期待される。

斉藤一 (たつ) 中継
防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打率 奪三振 与死四球
1.80 3 0 3 15.8 40 0/3 .277 22 9

  • 評価
大きく曲がるスローカーブを特徴とする軟投派投手。
このスローカーブに相対した時、打者はタイミングどころかフォームも大きく崩されるという。
今期3勝0敗3セーブとこちらも非常に良い内容。
中継ぎ3本柱は既に全員高年齢という事で、この選手に次代中継ぎエースとして大きな期待がかかる。

藤川球児 (直球勝負) 中継
防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打率 奪三振 与死四球
4.50 0 0 0 0.6 6 0/3 .230 5 2

  • 評価
入団1年目という事で、あまり登板機会は得られなかったが、
その中でも甲子園の雰囲気を数試合味わい、経験を積めた。
直球を鍛えに鍛え、自分の色を出し、
抑えのボンヘーイが引退に近付いてきているので、
次代の抑えとして、名乗りを挙げて欲しい。

ボンヘーイ (巨人笠原) 抑え
防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 被打率 奪三振 与死四球
3.64 0 1 26 0.0 29 2/3 .360 16 16

今期獲得タイトル:GG(1)

  • 評価
チームメイトの大将が大将らしからぬピッチングを見せたが、
代わりにボンヘーイが阪神寿司の大将となった。
Whip2.16と常に席は満席状態。だが、29登板26セーブ敗戦は1と
鋼の精神で阪神の9回を締め続けた。元々は9回に強いという意味で【寸前に強い】と評されていた選手だが、
今期は本当の意味で、追い詰められてからの寸前の強さを発揮した。
しかし、監督の胃はボロボロになり死亡が確認された。
抑えりゃええんや!

編集後記

日本一、おめでとうございます。長い間、待ち続けた甲斐がありました。