※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

82期チーム総括

祝!日本一!

長きにわたる暗黒期を抜け、確実にチームとして成長を果たしてきた育成期間を経て
ついに広島カープ初のリーグ制覇、そして日本一まで登りつめた第82期サバイバルペナント
選手・ファン含め皆が歓喜の声をあげたことは言うまでもない。

2位阪神の実力も間違いなく本物。
投打の成績もほぼ互角。
わずか2.5ゲーム差の大接戦をものにすることができたのは、わずかな運と選手が持つ底力だったと思われる。
来季以降もさらに気を引き締め、1度きりの優勝とならないよう力を尽くしていく。


82期チーム成績


順位 勝ち 負け 引分 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
1位 101 30 4 .770 .287 1.96 4.8 220 0 69


個人成績

  • 野手
打順 選手名(ポジション) 長打 巧打 走塁 送球 守備 特殊能力 今季成績
1番 ひこにゃん(捕) C C F C C チャンス○ 対右○ 粘り打ち 捕手◎ 初打席○ 連打○ .298 19本 67打点 56四球 阻止率.311
コメント 攻守にソツのない働きをみせた正捕手。持前のキャプテンシーはグラウンドの内外問わず発揮された。
2番 YJSNPI(一) B B F F F チャンス○ 威圧感 連打○ サブポジ○ .311 21本 64打点 93四球
コメント 野獣と称されるほどの鋭い眼光で選んだ四球はチームトップの93四球。
中軸への繋ぎとして塁を常に埋めてくれた。
3番 SDE(DH) B B F F F チャンス○ 豪力 固め打ち サヨナラ男 闘気 対右○ 初打席○ .312 38本 91打点 87四球
コメント SI砲の片門を担う孤高の最強打者。
独自の理論から生み出される神主打法で3部門でハイレベルな成績をマーク。
4番 雷改(二) B B F C D チャンス◎ 豪力 満塁男 闘気 対右◎ 広角打法 連打○ .353 42本 109打点 81四球
コメント セカンドで4番と攻守両面で変わらずもの凄い活躍を見せる。
野手MVPを獲得したその成績はまさに戦艦級。
5番 八仙過海(左) B C F F F 満塁男 固め打ち 対右○ 連打○ .287 25本 80打点 58四球
コメント 3番、4番の成績を支える仙人。
強力打線を担う縁の下の力持ち。
6番 蝋人形(右) C D F E F 走塁○ .281 26本 65打点 33四球
コメント 次代の中軸を担う若手大砲。打撃面はすでにベテランの選手とそん色ないものを持っている。
7番 男子レディック(中) C F F D D 初打席○ .244 28本 70打点 10四球
コメント 天性のHRアーチストがついに輝きだした。
ロマン溢れるフルスイングは首脳陣からの信頼こそ。
8番 Hosoyamada(三) B B F E E 満塁男 対右○ .247 18本 51打点 70四球
コメント 下位から上位に繋ぐ選球眼と、GG受賞する巧みなグラブさばき。
投手も野手もきっちりサポート。
9番 はいねこ(遊) F E F B B 守備職人 連打○ .256 3本 24打点 34四球
コメント 広い守備範囲と巧みなグラブ捌きで投手を助ける。まさに職人技。


  • 投手
選手名(ポジション) 速球 制球 スタミナ 回復 駆引 特殊能力 今季成績
藤堂ユリカ(先発) 130km/h D A B F ノビ○ キレ○ クイック○ 打たれ強さ◎ 威圧感 回復○ 低め○ ポーカーフェイス 32登板 20勝5敗 防御率1.68 奪三振174
コメント 直球にも磨きがかかり、奪三振も狙える大きな武器となった。
回復力を生かし、来季以降も20勝自らのノルマとして投げまくる。
大津(先発) 160km/h D A B F ノビ◎ キレ○ 打たれ強さ○ 逃げ球 尻上がり 人気 奪三振 29登板 21勝3敗 防御率1.57 奪三振194
コメント 剛のエースとして君臨。トルネードから唸りを上げる直球は脅威的。
惜しくもタイトルを逃したので、来季は是非ともタイトル奪取といきたい。
ベリーヌッ!(先発) 134km/h C B D E キレ○ 打たれ強さ◎ 尻上がり 低め○ テンポ○ リリース○ 遅球王 25登板 17勝3敗 防御率1.11 奪三振80
コメント 悲願のタイトルを獲得した柔のエース。
巧みな投球術と超スローカーブは年齢を重ねさらに凄みを増した。
べこもち(先発) 160km/h B B E D ノビ◎ 19登板 12勝3敗 防御率1.60 奪三振102
コメント FA選手として先発陣の谷間を埋める活躍。
2年間ありがとうございました。
てる2(先発) 145km/h D S E E 15登板 9勝4敗 防御率2.91 奪三振50
コメント 驚異的なスタミナを武器にした全力投球で相手をねじ伏せた。
イニングイーターとしてきっちり仕事を果たす。
お肉ちゃん(先発) 138km/h D C E E ムラッ気 15登板 4勝4敗 防御率2.52 奪三振40
コメント 緻密な制球力を武器に、ローテの一角としてチームを支えた。
コーナーを突く変化球をとらえるのは難しい。
渡久地(中継ぎ) 133km/h C E C D 打たれ強さ○ 人気 低め○ 29登板 5勝2敗 防御率 1.62 奪三振24 11.9RP
コメント 精密機械と称される制球とピンチに強い中継ぎエース。
選手生活も晩年だが、大車輪の働きで火消しに備える。
枝豆2(中継ぎ) 133km/h D C D F ムラっ気 31登板 6勝0敗1セーブ 防御率2.86 奪三振24 10.3RP
コメント 昨季の守護神が中継ぎに回ったが、負けなしのピッチングでチームの危機を救った。
バナナOCとともに次代の先発を担う。
ほたるいか(中継ぎ) 141km/h D E C E 人気 24登板 4勝1敗1セーブ 防御率6.31 奪三振14 2.9RP
コメント プロの洗礼を浴びた結果となった1年目だが、来季以降はこうはいかない。
即戦力としてリベンジの年だ。
石直球(中継ぎ) 155km/h F F G F 逃げ球 17登板 1勝2敗 防御率4.78 奪三振19 0.1RP
コメント 荒れ球が武器の高卒ルーキー。不安定ながら高い奪三振率をマークする速球は魅力。
バナナOC(抑え) 144km/h D D E F 安定感 37登板 0勝2敗34セーブ 防御率1.37 奪三振22
コメント 安定感抜群の投球で、抑え1年目ながらASMVP含め多くのタイトルを獲得した。
来季以降もリリーフで実力をつけていく。



タイトル受賞者

選手名 獲得タイトル
YJSNPI GG AS
雷改 首位打者 最高出塁率 B9 GG AS
Hosoyamada GG
はいねこ GG
ベリーヌッ! 最優秀防御率 AS
大津 AS
べこもち GG
渡久地 AS
バナナOC 最優秀救援 B9 AS ASMVP

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -