※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

75年度ヤクルトスワローズ成績


順位 勝率
5位 -- -- -- --

打率 防御率 安打 本塁打 盗塁 得 点 失 点 失 策 得点率 失点率 失策率
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --


つば九郎メモ
リーグ2連覇から一転、5位転落となってしまった。
原因は、リーグナンバーワンの投手陣が崩壊したことか。
エル山田投手とアナリスク4投手が相次いで転生、エルオ氏は他球団に転生で豪華な投手陣に大きな穴ができてしまった。采配もままならず、その投手陣の穴を突かれ一気に5位転落した。
打撃陣も問題ありだ。ラストシーズンで臨んだ桜隼№23選手が打率.333で首位打者を獲得するも、若手中心のヤクルト打線。得点がままならないことがよくあった。
来季から巧打コーチが任期切れで、新たなコーチを迎える。とにかく、ここで一気に上昇して、もう一度黄金時代の華を咲かそうと思う。

セリーグ上位3位以内の個人成績と受賞
  • 桜隼№23選手 が打率.333で首位打者を獲得!
    • 出塁率.387をマークし、リーグ2位!
    • 185本安打で、リーグ3位!
  • 城輪選手 が本塁打35本で本塁打王を獲得! さらに打点76をマークし、リーグ2位!
  • 栄冠選手 が盗塁41をマークし、リーグ3位!
  • マメ太投手 がリーグ2位の12勝をマーク!
    • 奪三振179をマークし、リーグ2位!
    • 勝率.705をマークし、リーグ2位!
  • 紅音ほたる投手 が38セーブをマークし、リーグ3位!
  • ボール投手 がゴールデングラブ受賞!



来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -