※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

76年度 他球団分析・要注意選手 (楽天版)


西武
選手名 ポジ 評価
5階紳士服売場 捕手 今季盗塁阻止率.512をマークし、その強肩でチームの投手陣をバックアップした。打撃もチームの中核を担う大きな存在である。
三口 先発 パリーグにおいて最強の先発P。17勝1敗という最高の成績でシーズンを終えた。
  • 総評:高い得点率と最高の投手陣を兼ね備えている。しかし、今季から選手の転生期となってきている。果たしてどこまで黄金期を伸ばすことができるだろうか。我が楽天としては絶対に超えなければならない壁である。


ソフトバンク
選手名 ポジ 評価
奈多 右翼手 6年目の若手ながらも、.318と高い打率を残した。それに加え23本塁打で長打力もアピールした。
フレーザー 先発 流石過去殿堂入りを果たした選手だ。防御率2.02と素晴らしい成績だった。ソフトバンクのエースになれる投手。
  • 総評:134本塁打とパリーグ1位を記録した。その長打力に堅い守備が加われば恐いチームになりそう。先発Pの成長にも期待。


日本ハム
選手名 ポジ 評価
アルミロン 中堅手 チームトップの.301をマーク。チームで唯一の3割台である。2番としての役割もしっかり果たしていて、守備もできる。魅力がある選手だ。
北畠 先発 チームが低迷する中の奮闘を見せた。12勝をマークし、日ハムのエースとしてこれからに期待できる投手。
  • 総評:相次ぐ選手の離脱が痛かったのだろうか。今季は6位に終わった。
まずは選手補強をしたい。

ロッテ
選手名 ポジ 評価
天神要γ 右翼手 神速の速さをもつトップバッター。今季もその足は健在で57盗塁と絶好調。打率も3割台と素晴らしい成績である。
松坂大輔 先発 間違いなくロッテのエースである。防御率1.93は見事。
  • 総評:先発P6人のうち4人が国内選手というとても厳しい状況にありながらも、2位という好成績。チーム打率も高く、選手が揃えば1位も奪還できる。


オリックス
選手名 ポジ 評価
小鳥遊 遊撃手 打率.341で200本安打を達成。守備も中々のものであり、オリにかかせない選手であろう。
XP 先発 エースとして堂々の防御率1.96。チームを引っ張っていくのは彼に間違いない。
  • 総評:戦力に関してはリーグ1.2位を争うであろう。選手一人一人が本来の成績を残せるようになりたいところ。我が楽天としてはまずはこのチームを抜くことが先決。


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -