※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セリーグ順位予想


1位 ヤクルト
2位 巨人
3位 広島
4位 阪神
5位 中日
6位 横浜

※ この順位予想は当たるも八卦当たらぬも八卦です。
当たらなかったらごめんなさい(´・ω・`)

※ 敬称略でお願いします。心の中では さん 付けてるんだからねっ!



横浜

昨年は3位と奮闘した横浜だが、どうしたことか一転して過疎球団となってしまった。
チームの要であっただろうぼうずがチームを去り、個人的に期待していた指揮官ナキムシが名無し化したため、
このような事態になってしまったのだろう。

しかし、はにわ・ポールのクリーンアップや、エース虹がチームに在籍している限り横浜復興の道は残っている。
とにかくチームを有人化することが、横浜の最大の目標となりそうだ。
卯氏の二番煎じとなってしまうが、チーム全体の評価は差し控えておく。

  • 注目選手 - 木刀
この選手が決して優秀とは言えない投手陣を支えている。
欲を言えばもう少しリード力が欲しいが、まだ3年目と若くこれからに期待したい。



中日

ここ数年下位に低迷しているであろう中日だが、今期もBクラスは確実となりそうだ。
先発で資金があるのにも関わらず、マイナス特殊能力を消さない選手が2人見受けられるが、なぜ消さないのか全くもって不可解である。
特に負け運はマイナス特殊能力の中でも最低の効果を持っているので、至急削除すべきだ。

野手は投手陣と比べると粒揃いだが、クリーンアップに積極性が欠けるのがやや問題か。
下位打線になると打撃力が極端に落ちるので、下位にランナーを残さないよう、ホライZUN、ディンブラ、結城はもっと積極的に振っていくべきだ。
チームとしてはそこそこまとまっているので、投手陣の整備を始めればAクラス入りも近いだろう。

  • 注目選手 - ぴっちゃぴちゃ
バランスの良い能力を持つ、ベテラン中継ぎ。
中継ぎの基本をしっかり抑えているので、これから中継ぎを目指す人には見本としてオススメしたい。



阪神

初日終了時点で首位の阪神だが、名無しの成績確変に依るところが大きく、Bクラスに収まりそうだ。
先発はりりぃと波空しか計算できる投手がおらず、中継ぎも良いとは言い難い。絶対的守護神のクライシスにも衰えが見え始めたため、
こちらも中日と同じく、投手陣の整備が必要である。

野手は、レフト、ライトの守備にかなりの不安がある。達川コーチを雇っていたが、何の意味があったのだろうか。
前回の寸評でも述べたが、外野のエラーはほぼ間違いなく失点に繋がるので、レフトだろうとライトだろうと捕球・送球技術は最低Eは欲しい。

  • 注目選手 - りりぃ
軟投派ながら、高いキレで奪三振を築く新しいタイプの投手。
対右左制球が低いのが難点と言えば難点だが、それを感じさせない成績を残している。



広島

優勝から一転、Bクラスへと落ち込んでしまった広島だが、Aクラスを覗けるかは難しいところだ。
投手陣はジャニ助が名無し化したことも大きいが、一番の問題は勝つために最も重要であるクローザーだ。
投手能力はまずまずだが、タフがG-39とこれでは常に不調で結果を残せるはずもない。中継ぎをコンバートするなど早急な対応が求められる。

野手は優勝を争えるレベルの選手が揃っており、山田・ケサダの1、2番は他球団の脅威となっているだろう。
hiki・失墜の天使の若手長距離砲2人が台頭してくると、得点率は4点以上を記録するはずだ。
また、野手全員の守備意識が非常に高く、投手が入団し易い環境を整えていることにチーム全体のレベルの高さを感じる。

どのチームにも言えることだが、優秀な投手を確保しなければどんなに野手が打っても優勝は不可能である。
投手不足で嘆いているチームは、広島のような投手が入団、移籍したくなるようなチーム作りを目指すことをオススメする。

  • 注目選手 - 金曜19時、Nicola
球界を広く見渡しても、これほどの二遊間はいないだろう。
打撃能力も一定以上あり、この2人がピークを迎える時が今から楽しみでならない。



巨人

昨年はチーム力ではなく、采配で優勝をもぎ取った印象のある巨人。
僧衣を脱ぐ日のいやらしい試合戦術には他球団も苦しめられていることだろう。

中継ぎに数名不安定な選手が見受けられるが、それを補って余りあるほどの先発陣の存在が大きい。
有人選手は安定感抜群で、セリーグNo1といっても過言ではない。
しかし、卯氏が述べていたように披本塁打の高さが目立つため、あの能力を上げて接線の弱さを克服したい。
それにしても気になるのが、なぜスライダーを選択したのだろうか。選手としての質は高いので、次の選手はプロットを考えてから作成してくれることを期待している。

野手は他球団に見劣りしない打線を持っており、特にクリーンアップは凶悪である。
こちらのクリーンアップは中日以上に消極的だが、下位打線がしっかりしているため、そこまで問題ではないだろう。
やや消極的すぎる感はあるが。

また、巨人で最も魅力的なのがWikiである。
昨年から始めたGスポーツが、ユニークでとても好感が持てる。
事実、パリーグ一筋の私が移籍してみたいなと思えるくらい気に入っているので、是非これからも続けて欲しい。

  • 注目選手 - 英恵
采配も然ることながら、選手としても非常に質が高い。
対右左制球を高めて四球を減らし決め球を持てば、すぱっく等を押しのけエースに君臨することも不可能ではない。



ヤクルト

昨年は惜しくも優勝を逃したヤクルトだが、今期も巨人と熾烈を極めることだろう。

先発の巨人、中継ぎのヤクルトと言われるように、素晴らしい中継ぎを揃えている投手陣だが、
特に鉄3世とボールの安定感は抜群で、1点差試合をしっかりとモノにできる力がある。
先発もベテランと新人が融合しており、アナリスク6とマメ太2のマイナス特殊能力が消える頃には巨人にもヒケを取らない先発陣となっていることだろう。

野手陣はオリックスより移籍の太子、生え抜きのコンソメ味が結果を残しており、得点不足の心配は無用だろう。
どのポジションにもソツのない選手が揃っており、辛口で批評しようがないほど優秀である。
しいて挙げれば全体的なタフの低さ。投手野手ともタフはD以上必要であるので、タフコーチを雇う、安定感を取るなどして対応したい。

  • 注目選手 - 紅音ほたる
20期ほど以前、ヤクルトWikiでの潮吹き魔人コメントで話題を攫った選手だが、
その名に恥じぬ能力、成績を残している。81期には衰えが始まってしまうが、衰え後もまだまだ期待できる選手である。



著:スレの人
自分が確認しただけでも、70人の方が未更新のまま来て下さって申し訳ないです。
セリーグは今期だけとなりますが、ご容赦下さい。
見辛かったので、修正しました。



来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -