※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

80年度 他球団分析・要注意選手 (楽天版)

敬称省略
楽天
選手名 ポジ 評価
カルリプケン 遊撃手 今季から1番に打順を上げた。その活躍は素晴らしいものだった。打率は惜しくも3割には届かなかったが、チーム1位の打率をマーク。守備も出来る選手として期待度は抜群。
倉田佐祐理 中堅手 打撃面では芳しくなかったのだが、やはりこの選手が今季も投手陣を助けた。もちろんの如くGGを受賞。昨季と変わらずFPの数もとても多かった。
DDD 先発 防御率1,57と堂々のリーグ3位をマークした。楽天のエースとして君臨することであろう。
新町 先発 防御率1.91という好成績もさることながら、奪三振数108に注目していただきたい。3年目の今季だったのだが、もうその頭角を既に現してきている。
  • 総評:
またしてもBクラスに転落してしまった。
課題はとても多い模様。特に打撃陣だろうか。打率が3割を超えたものがいなく、チーム打率.261とここ10年で最低の打率、バロータ選手の名無し化もあったせいか得点率もリーグ最下位の2.7を記録してしまった。
能力面で見ると、やはりスラッガーが少なすぎることが原因として挙げられる。
いくら犠打でランナーを進めたとしても、1発で塁に返せる打者がいなく、完封もしくは1点止まりで試合に負ける場面が多く見られた。
その一方守備に関しては絶好調。失策数もリーグで1番少なく、非常に安定している。ここは我が楽天のセールスポイントとみていいだろう。

投手陣はというと、DDD投手と新町投手が素晴らしい防御率をマークした。
中継ぎも大きな崩れは無く、ベテランの角刈天使投手はRP11.35という成績を残した。このまま順調に成長していけば投手王国もつくれるだろう。

この屈辱の1年を挽回するべく、荒川コーチの元打撃能力のUPを図りたい。

西武
選手名 ポジ 評価
我那覇 DH 20本塁打72打点と今季は大活躍した。恐い打者になりそうだ。
栗須 先発 磐石の投手陣を備えている西武なのだが、中でも彼が他の選手を1枚上回っている。防御率のタイトルも獲得。
  • 総評:
これまでリーグ1位を守ってきた西部だが今季は3位に沈んだ。
だが相変わらず磐石の投手陣は手強いだろう。

ソフトバンク
選手名 ポジ 評価
リボンの騎士 DH 彼の活躍は目覚しかった。打率.312と本塁打王、打点王を獲得。パリーグ№1のスラッガーであることは間違いない。
両断波 先発 160kmの直球を持つ豪腕投手。最多勝率を獲得し、これからのSBを支える投手になる。
  • 総評:
王者ロッテと最後まで熱い首位争いを繰り広げた。惜しくも首位にはなれなかったものの、132本塁打と大爆発。問題は守備であろうか。

日本ハム
選手名 ポジ 評価
いわ 一塁手 今季は20本超えと徐々に成長してきている。
鈴木平 先発 流石は誰もが知る名プレイヤー。新人にして12勝、防御率は1点台という最高の成績を収めた。
  • 総評:我が楽天を抜き4位に浮上した日ハム。やはり新人の鈴木平投手の活躍が素晴らしかったからであろう。


ロッテ
選手名 ポジ 評価
天神要γ 左翼手 今季もその韋駄天が大活躍。打率と盗塁更には最多安打も獲得。彼を止められるものはいない。
風雲Ⅳ 抑え 35セーブで最多セーブを獲得。優勝を導いたいたのは彼なのかもしれない。
  • 総評:
絶対王者西武をくだし、SBとの死闘を制したのはこのロッテ。
打率防御率共に高い水準で他のチームを圧倒した。

オリックス
選手名 ポジ 評価
ジオンビ 左翼手 高い出塁率で、チームに貢献した。これからに期待できる選手。
板野 先発 昨季に続き、今季も好成績をマークした。今のオリの将来は彼にかかっているといっても過言ではない。
  • 総評:
名無しがチーム最多打点をマークするなど、危機的状況にある。
在籍している選手たちがどう立て直していくだろうか。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -