※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

84年度 他球団分析・要注意選手 (楽天版)

敬称省略

祝!二連覇達成!

楽天
選手名 ポジ 評価
HEART 一塁手 パリーグ最高の4番として君臨した。打点本塁打共にリーグ2位、打率も3割を超えるなど楽天打線の主役になった。
カルリプケン 遊撃手 打撃の成績は目立たないものであったが、守備職人を取得し、失策数1という完璧な守備を見せた。
るーと 先発 自身初の防御率1.59でチーム1位をマークした。今季はノビ○も取得し、更なる活躍に期待したい。
Robot 中継 やはり彼の素質は本物。今季も防御率0点台、RP20越えで最優秀中継ぎを獲得。
  • 総評:
球団創設以来初の二連覇を達成した。2日目以降は相手球団に圧倒的な力の差を見せつけ最終日に至っては2位ロッテに最大13ゲーム差をつけ堂々のパリーグ王者となった。
打撃陣は4番のHEART選手を中心に今季も100本塁打超えを達成した。守備陣も絶好調で、センターの倉田佐祐理選手の失策0はもちろん、遊撃手のカルリプケン選手も失策数1と鉄壁の守備を見せつけ、大きく失点の削減に貢献してくれた。
そして、今季も最も素晴らしかったのが投手陣である。先発陣は全員が2点台に収まり(名無し除く)、中継ぎ陣に至っては0点台が3人も出た。抑え3年目となる遠藤選手は自身初のセーブ王を獲得。やはり中継抑え陣のおかげで接戦をものにできていた。

来季からはベテラン陣の相次ぐ引退で厳しくなるが、新人の選手も加えチーム一丸となり夢の三連覇を達成したい。

※葱出口選手、倉田佐祐理選手お疲れ様でした。長期に渡って楽天を支えてくれました。今回の引退にあたり、歴代選手ページを作成しました。


西武
選手名 ポジ 評価
  • 総評


ソフトバンク
選手名 ポジ 評価
  • 総評:


日本ハム
選手名 ポジ 評価
  • 総評:


ロッテ
選手名 ポジ 評価
  • 総評:


オリックス
選手名 ポジ 評価
  • 総評:


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -