※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

86期初日終了時寸評

(注:あくまで単純な戦力を見た個人的な感想です。こう見る人もいるんだなー程度にお考えください(´・ω・`))



◎広島
 昨季まで雇用していた巧打コーチを上手く活用した布陣となっている。
総合巧打力が、ランス選手のE59がチーム最低と、選手全員がほぼD以上と考えていい打線は脅威である。
 高出塁率を残した上位打線により、下宿魂、hiki、アタックナイフ選手の不振がありながら得点力はリーグ1位タイ。上位打線がこのまま機能し、中軸が復調すればさらに手が付けられない打線となるだろう。
 ぜるれっち選手が名無し化してしまったが、それでも他球団が羨むほど駒が揃っている投手陣。先発から抑えまで柱となるべき選手が複数いることは非常に心強い。
中村選手が2期後には衰退してしまうが、その入れ替えもスムーズに行われそうで隙の無い布陣に不安要素は少ないようだ。


◎巨人
 これから転生ラッシュを迎えるだけに指揮官の手腕が試される試練の時期となるのではないだろうか。
攻守に柱となっているえれぴょん、珍獣、NO2選手だけに、引き継ぐ選手がまだ心もとないのは致し方ない。
しかし、投手に余裕がある分、転生に向けて得点力を向上させるような野手コーチを雇用することが可能だという利点を生かしていきたい。
 投手陣は抑えのMaru選手以外は体力もいまだ十分であり、先発のエルオ、英恵選手がいる間に若手先発がしっかりと成長してくれることだろう。
 いまだ野手・投手共に成長段階の選手が多いだけに、転生ラッシュを乗り切った辺りが非常に楽しみである。


◎横浜
 実は結構面白い存在だなーと思うのがこの横浜。狙ってチーム作りをしてるなら意外と台風の目になるかもしれない。
 守備より巧打を選んだあたり、あえて守備コーチを雇わずに二遊間の守備を最低限にとどめ、チーム全員の巧打・長打を上げるスタイルにでもすれば、速球派が非常に多い投手陣だけに面白いチームになったりするかもしれない。
 全体的に走力を上げなさそうな選手が揃っているだけに尚更。
 投手はさすがに無人投手の数が響いているか。初日は結構運に左右された面もあるかもしれないが3位に入ったのはかなり予想外だった。
 1・3・4番の寿司、もふもふ、ポールがこの調子で活躍しても投手の駒不足から少々2日目以降の試合に不安がある。


◎ヤクルト
 大砲・堅守・走塁・先発・中継ぎと柱となれる選手が揃っているわりに何故か借金1のBクラス。
どうにも攻守の噛み合いが上手くいってないのだろうか。
初日の後半には色々と打順を組み替えていたがこれが2日目以降ツボにはまるか否かで上位浮上に関わってくると思われる。
 投手は若手先発陣が後1つ武器となるものを持てば磐石になりそう。
 野手は若手がコーチを上手く使っているようで、栃浦選手が今期転生と思われる点こそネックだが、
 この若手野手が成長し、聖・弐式、あずりん、リオ選手が晩年を迎えた辺りには面白いことになっているのではないだろうか。


◎阪神
 中々高いレベルで選手の能力はまとまっていると思う。どの選手も適材適所+αを持っており、
しいて言うなら軟投派が揃っている投手陣を助ける為にもセンターラインの守備力を上げれば失点が大きく変わってくるんじゃないだろうか。
 逆に右・左翼の守備面は走力を加味して考えると上のレベルだろう。
 後はやはり采配者不在が大きく響いている。というか采配者がいれば首位争いに普通に参加できるんじゃないだろうか。
野手も体力余ってるし、先発投手が育てば黄金期にもなり得る気がしなくもない。


◎中日
 さすがに新人5人ではこの結果も致し方ないか。しかしこの5人のうち個人的に将来が楽しみな選手が何人かおり、彼らが成長するのが楽しみである。
 また、長年中日を支えてきた2大エースに引退が迫っている。とはいえ、坂、小田垣選手と軸になる先発投手が残っており、
中継ぎには瀬戸外選手がいる。
 それだけに、野手の成長がチーム浮上の鍵を握っていると言っていいだろう。

著:甘めのスレ住人


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -