※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2日目終了時点


今季もやりますプロやきうニュース
第86回ペナントの2日目終了時点での順位から!

順位 セリーグ パリーグ
1位 広島 ロッテ
2位 ヤクルト 楽天
3位 中日 ソフトバンク
4位 巨人 西武
5位 阪神 日本ハム
6位 横浜 オリックス

昨季は2日目終了時点で大勢が決していた優勝争いですが、選手の入退団の影響もあって今季はなかなか面白い状況です
セリーグは昨季の覇者広島が2位ヤクルトに8ゲーム差をつけ首位に立ち連覇が見えた様子です
一方のパリーグ、昨季圧倒的な力を見せ付けた日本ハムが戦力の大幅な減退により5位に沈み、ロッテが首位に立っています
しかし首位ロッテから4位の西武までわずか3.5ゲーム差の中におり最終日の動向次第ではこの4球団すべてに優勝の可能性が残されていると言えるでしょう


次は選手の個人成績を見て行きたいと思います
まずはセリーグ野手部門からです
順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 エナンチオマー(中) 下宿魂(広) 下宿魂(広) HARU(阪)
2位 燕雀(中) あずりん(ヤ) あずりん(ヤ) 山口正信(ヤ)
3位 じろ(広) ポール(横) もふもふ(横) じろ(広)

首位の広島からは下宿魂選手が本塁打・打点の2部門でトップ
3番にこのレベルの打者がいる打線は他球団の投手としてはやっかいでしょう
ムラっ気のある選手ですがタフが90と高いのが好調の要因か?
盗塁部門では昨年の盗塁王HARU選手が今季もトップを快走中です

続いてセリーグ投手部門にいきましょう
順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 中村(広) FIN1(中) じしょう2(中) 小早川葵(広) 河原純一(広)
2位 じしょう2(中) 中村(広) 黒田博樹(広) 年俸倍増期待(横) Maru(巨)
3位 エル(巨) ボインゴ(広) 坂(中) トム(阪) ゆーいち(中)

やはり首位広島の選手が多くランクインしています
先発・中継ぎ・抑えとしっかり軸になれる選手がいるのはチームにとって大きいでしょう

次にパリーグ野手部門です
順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 カル(楽) レオンⅡ(ソ) ホライZUN(日) イーグル(西)
2位 トロモキ5世(楽) コンソメ味(オ) 李(西) o0oo0o(日)
3位 イーグル(西) 小林賢太郎(西) 小林賢太郎(西) カルリプケン(楽)

昨季の三冠王太子選手の引退により混戦模様のパリーグ打撃部門です
今季のパリーグ優勝争いが接戦であることがここでも読み取れます
盗塁部門では昨季の圧倒的盗塁王o0oo0o選手に大きく差をつけてイーグル選手が首位にたっています

最後はパリーグ投手部門
順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 ゆきじい2(ロ) 山田泰二(西) ポレオン(日) 精密奇怪(西) はぐりん(ソ)
2位 山田泰二(西) トロンS(楽) タウンゼント(ロ) ソフト部エース(ロ) 涌井(西)
3位 新町(楽) 2K(ソ) 両断波(ソ) 大津留勇樹(ソ) 山部太(ロ)

投手の方も中々の混戦模様といったところですが注目は奪三振部門
順位は違いますがメンバーは昨季と同じです
奪三振については乱数の影響を受けにくいのでしょうか?

個人の成績がチームの優勝争いにも大きく影響すると思われる最終日
各選手の成績の推移にも注目です


続いてはやる必要あるのかこのコーナー!
今年の新人王は誰だ!
セリーグからです
今季の野手部門は中々の粒ぞろい
その中で注目は中日のメガネ選手でしょうか
高い走力を武器に3割を超える打率を残しています
一気に入れ替わった中日野手陣の今後を担う選手になっていくことでしょう
さて投手部門の注目は阪神の月城葵.選手
高いスタミナを誇る先発投手でここまでは防御率2点台とルーキーとしては及第点
もっとスタミナをつんでスタイルを+よりにすればもっと活躍が望めるか?
あと名前の後の.の意味は?

今度はパリーグです
野手部門ではオリックスの薄めの石でした選手
ここまでの成績はお世辞にも新人王を狙える位置にはいませんが、そろそろ暗黒期を抜け出したいチームにとって捕手の重要性は語るまでもないでしょう
なんとか初期の苦しい時期を乗り切ってがんばって欲しい
投手の注目はロッテの呉偲佑選手
ここまでRP7.8はチーム中継ぎで2番手
リーグ有数の先発陣のため目立つ場面は少ないかもしれませんが優秀な中継ぎがいることは先発にも安心感を与えます
成長して先発陣が若返ったときの支えになれるでしょうか?


最後は微妙なこのコーナー!昨年のMVPを徹底解剖!
視聴者からのリクエストで誕生したこのコーナーでは前年度のMVPの中から一人の選手を選び、能力を見ていこうというコーナーです
ただし、その能力は今季のものでありMVP獲得時とは違うこと・書いてる人間がそんな良い選手を作れるウデではないので能力を分析しきれないことにご注意ください
さて今回は本来ならば昨年度パリーグ三冠王であり野手MVPの太子選手を見ていくのが良かったのかもしれませんが、引退してしまったので能力値が不明です
し前回も野手でした
ということで昨季投手MVPのソフトバンク2K選手(当時日本ハム)を見ていきたいと思います


選手名 製作者 ポジション 身長 体重 利き腕 投法 得意コース 性格
2K 2K 先発 180cm 90kg オーバー 外角高め 温和
球速 制球 スタミナ 回復 駆引 持ち球 所有特能 獲得タイトル
144km/E D64 C204 E53 F49 SFF11,Hスクリュー1,Hスライダー73,4シーム0 安定感,人気者 防御率(2),最多勝(2),勝率,サイヤング(2),MVP,B9(2)

やはり目に付くのは威力73のHスライダー
他にも2種同じく球速依存の変化球を持っているのでここからさらに速球を磨いていけば怖い存在になりそう
ただまだプロ9年目でありサイヤング2回にMVPを取っていても能力的には圧倒的とは言えないこの選手
ここからどういった成長をしていくのか楽しみです

それでは今回はこのへんで
第86回シーズン2日目終了時点のプロやきうニュースでした!




酔っ払い状態で書いたのでいつも以上に文章おかしいかもしれないけどキニスンナw


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -