※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昨年度 本年度 来年度
85期 86期 87期

 祝セリーグ三連覇!!!!!!!!!!!


86期チーム総括

今期は昨期ほどのぶっちぎりではないものの、順当に優勝、セリーグ3連覇を果たした。
打撃面では、転生後の外野手陣の能力の底上げ、その中のじろ選手の盗塁等で
攻撃に厚みが出てきた。
しかし、この連覇を支えてきたのは間違いなくリーグ最高の防御率を誇る投手陣だろう。
国内選手以外は全員防御率3点以下、中でも中村選手とボインゴ選手は1点台という
安定感である。中継ぎ陣も国内選手の穴も埋まりさらに強化された。
無論これらのピッチャーを巧みにリードするアタックナイフ捕手の存在も光る。
いつ終了しまうか分からない黄金時代、
しかしそれはどこまで続くかも分からない黄金時代でもあるのだ。



MVP

  • 野手 下宿魂選手
85打点で見事打点王を獲得。さらに野手MVPに選ばれた。
31本塁打はリーグ2位と、中軸としては申し分の無い成績である。
やや調子にムラがあるものの、シーズンを通してそこそこの成績を残せるようになってきた。
来期も相手チームを脅かす活躍を期待したい。

  • 投手 ボインゴ選手
絶好調であった中継ぎの小早川葵、抑えの河原純一をおさえての受賞。
4年目ながら、防御率1.92、15勝という驚異の数字をたたき出し、最多勝とサイヤング賞を獲得。
ここまで、安定した成績を残してきているだけに、今後どれほど成長するのか非常に楽しみである。

86期チーム成績


年度 順位 勝ち 負け 引分 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策 監督 コーチ
86年 1位 75 54 6 .581 .277 2.24 3.3 111 17 63 長嶋 安田

86期個人成績


登録野手

ポジション 選手名 製作者名 打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
アタックナイフ DDS .268 142 13 46 40 0 0 .540
下宿魂 ヒロ .308 169 31 85 71 0 0 .997
金曜19時 そこみりん .292 163 3 33 62 0 0 .990
hiki ヒキ .267 145 22 55 48 0 0 .947
Nicola abba .236 121 1 29 41 0 0 .983
ランス タティス .254 152 15 47 38 0 0 .974
凡田 凡田 .303 174 4 30 47 0 0 .982
じろ 柴犬 .294 184 10 41 37 0 17 .958
DH 失墜の天使 you .269 158 12 56 34 0 0 -

登録投手

ポジション 選手名 製作者名 登板 防御率 S RP 投球回 奪三振
Gorilax 20 2.46 6 7 0 0.0 142 0/3 106
ボインゴ なまもの 23 1.92 15 5 0 0.0 155 0/3 65
ジャニ太郎 yf 24 2.90 7 10 0 0.0 164 2/3 95
ぜるれっち 国内選手 22 3.21 8 6 0 0.0 140 1/3 79
黒田博樹 遅球王 23 2.22 8 10 0 0.0 166 1/3 151
中村 クロ 23 1.55 14 6 0 0.0 180 0/3 65
小早川葵 ハムスター 34 0.42 6 1 1 18.7 64 0/3 43
SergioEchigo くろふね 28 1.59 2 1 1 9.8 51 0/3 27
春分の日 春分の日 15 6.00 2 3 0 -1.3 18 0/3 7
内田隆志4 内田隆志 35 2.31 7 4 1 13.3 70 0/3 44
打撃投手 柴田 18 3.38 0 1 0 1.9 26 2/3 6
河原純一 スルメ 33 0.79 0 0 32 0.0 34 0/3 16



祝!個人タイトル受賞者

選手名 タイトル
ボインゴ サイヤング賞 、最多勝、ベストナイン、ゴールデングラブ賞
下宿魂 野手MVP 、打点王、ベストナイン、ゴールデングラブ賞
小早川葵 最優秀中継ぎ
河原純一 ベストナイン
金曜19時 ゴールデングラブ賞


入団・退団情報

  • 入団
古葉選手
下記の失墜の天使選手の抜けた穴に入った高卒ルーキー。
その穴を埋めることが期待される。

打撃投手選手
昨年、入団した打撃投手選手の兄。
野球センスは弟以上か。弟の果たせなかった夢を兄が受け継ぐ。


  • 退団
失墜の天使選手
長年広島のクリーンアップを務めてきた失墜の天使選手が先日引退。
近年は能力に合わない成績不振に喘ぎ、余力を残しての引退を決意した模様。
他球団での飛躍を祈ります。

打撃投手選手
成績不振で自信を失い、入団1年でプロ野球界から退いた。
才能を開花できなかったのが非常に残念である。


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -