※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソフトバンクホークス90年度成績




チーム成績

順位 勝ち 負け 分け 連勝 打率 防御率 安打 本塁打
5 59 70 6 5 .275 3.66 1342 99
盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 自責点 非自責 失策率
92 92 508 3.7 557 4.1 494 63 0.68

  • チーム別対戦成績
対戦相手 勝ち 負け 分け 合計
西武 14 12 1 2
楽天 12 13 2 -1
日ハム 11 16 0 -5
ロッテ 4 22 1 -18
オリックス 18 7 1 11


個人成績


野手成績

選手名
(製作者)
守備位置 打率 本塁打 打点 盗塁 守備率 貢献度 一言
ii
(これはトムです)
捕手 .294 5 49 0 .530 37 守備も打撃も○
神鷹
(ラウール)
一塁手 .327 35 85 0 .991 66 さすが。ごくろうさまでした。
サラサ7th
(あるみ)
二塁手 .282 1 28 32 .978 35 1番として十分な働き
リボンの騎士Ⅵ
(サファイア)
三塁手 .255 16 65 0 .956 2 ちょっと苦しいシーズンでした。
トロモロ
(川田)
遊撃手 .279 2 34 25 .974 29 この打率なら十分でしょう
落球暴投盗塁死
(マイナー)
左翼手 .260 13 66 22 .948 4 守備率が残念
角典弘
(国内選手)
中堅手 .210 3 52 20 .977 -8 堅守募集中
奈多
(kenshi)
右翼手 .294 19 57 0 .971 17 良い打撃力
レオンⅢ
(Leon)
DH .266 5 55 13 - 7 ちょっと停滞。また来期期待

野手査定表(10段階評価)

選手名 AS B9 GG タイトル 打撃 守備
ii - 7 8
神鷹 - HR王、出塁率 9 6
サラサ7th - - - - 7 7
リボンの騎士Ⅵ - - - - 5 4
トロモロ - - - - 6 7
落球暴投盗塁死 - - - - 5 4
国内 - - - - - -
奈多 - - - - 7 6
レオンⅢ - - - - 6 DH




投手成績

選手名
役割 登板 防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 奪三振 貢献度 一言
両断波
(ジーン)
25 3.32 11 10 - - 171 0/3 153 34 なんとか2桁勝利
2k
(2k)
26 1.73 13 6 - - 187 2/3 197 59 本当に残ってくれてありがたい
吉田琢哉
(国内選手)
先発募集中
ブレイク
(like)
26 4.08 8 9 - - 161 0/3 101 22 こんなもんじゃないはず
淡口裕也
(国内選手)
- - 先発募集中
阿部宏樹
(国内選手)
- - 先発募集中
swallow
(燕)
52 2.05 6 2 3 17.9 101 0/3 63 55 RP王惜しかった
吉永
(吉永)
50 4.70 3 1 1 3.9 84 1/3 47 4 何とかマイナスは回避
大津留勇樹
(ガロン)
52 2.32 0 2 2 11 104 2/3 49 36 中継ぎ負担増の中よくやってくれました
きつね
(国内選手)
中継ぎ募集中
バイス
(国内選手)
中継ぎ募集中
はぐりん
(スライム)
30 2.15 0 2 28 - 29 1/3 14 39 仕事はきっちり

投手査定表(10段階評価)

役割 選手名 AS B9 GG タイトル 投球
両断波 - - - - 7
2k - - - 奪三振 9
ブレイク - - - - 5
国内 - - - -
国内 - - - -
国内 - - - -
swallow - - - - 8
吉永 - - - - 4
大津留勇樹 - - - - 7
国内 - - - - -
国内 - - - -
はぐりん - - - 7

チーム内選手表彰


  • 野手

野手MVP  神鷹選手

いわずと知れた鷹の4番バッター。
チーム事情が苦しい中でもさすがのHR王獲得。
ただ打つだけではなく出塁率もリーグ1。
これで最後の年となったが、その雄姿はファンの心にいつまでも残り続けるだろう。

注目選手  サラサ7th選手

1番バッターとしてチームを牽引した若手有望株。
もともと守備も打撃も良いものを持っていたが、走塁コーチ指導により、走攻守とそろった万能型になりつつある。
大崩れしなければ数年はトップバッターとして活躍できそうで楽しみである。


  • 投手

投手MVP 2k選手

文句なし、満票でのMVP受賞。
その高い実力もさることながら、離脱者続出で火の車の投手陣を引っ張り続けた姿勢が高く評価された。
今期はついに奪三振のタイトルも獲得し、これで主要4タイトルを全て獲得したことになる。

注目選手 swallow選手

ルーキーイヤーには目立った活躍はできなかったが、先発が崩れた今期は登板数が倍増。その中で何度もチームを救ってみせた。
2日目まではRPランキングでも1位だったが、最終日にその座を明け渡してしまったのは残念。
まだまだチャンスは残っているので、来期以降も同様の活躍を期待する。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -