※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 楽天91季総括


91季チーム成績


年度 順位/(前回) 勝ち 負け 引分 連勝 勝率 人気 バントタイプ 盗塁タイプ 監督 コーチ
91年 4位/(3位) 69 60 6 5 .534 142 1 1 三原 張本

打率 防御率 安打 本塁打 盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 得失点差 自責点 非自責 失策率
.254 2.03 1234 67 16 72 342 2.5 322 2.3 20 281 41 0.52

91季個人成績


祝!個人タイトル受賞者

選手名 タイトル
ライス笹西樹 野手新人王 B9
カルリプケン GG⑦

※今季のALLSTAR選は、バグのため中止された。

91季を終えて

 今季は勝率が5割を越えたのにもかかわらず、前季よりも順位を落としてしまった。パリーグの隆盛時代であるのと同時に、上位チームの試合運びのうまさに舌を巻かざるを得なかった。
 今季の打撃陣は、11年ぶりに本塁打が60本代という低記録。ここ一発の長打力のなさが響いて、得点率は2.5と有史以来2番目の低記録を記録する貧打線となってしまった。あと一本が出ないため優位に進めていた試合を落としたり、分けたりと、ファンにはヤキモキとさせてしまったのではないだろうか。
 一方で投手陣は、有史以来の最良記録となる防御率2.03をマーク。益々、その実力が発揮されつつあり、先発陣はもう球界最高峰といっても過言ではないだろう。今後は高齢化した先発陣の入替時期が課題となるのかもしれない。
 いずれにしても投打がかみ合い、日本一を目指すのにあと数季、という状況になっているはずで来季はAクラスに復帰したいところ。打撃陣の成長さえあれば、他球団の転生状況によっては優勝も見えてくるはず。まずは個々の選手の育成を欠かさずに行っていく基本に立ち返った姿勢が重要だろう。

TOPICS

  • 野手 ライス笹西樹選手/製作者:ヴェ・デルチ 
 今季新加入にも関わらず、打率.285はチーム一位、本塁打はチーム二位の17本塁打と大活躍した。ここのところ、野手陣がなかなか一軍に定着できずに不安感が漂っていただけに、久々の大型新人の活躍に胸を躍らせたファンも多いのではないだろうか。終盤はクリーンナップに起用されるなど今後も活躍を期待したい。尚、その実績にたがわず新人王・B9を獲得したことも特記したい。

  • 投手 暇人Ⅴ投手/製作者:tosiki
 リーグ移籍直後にもかかわらず、チーム中継ぎ陣で最多の35試合に登板をし、防御率0.77、RP11.2、被打率.200という好成績を残した。残念ながら最優秀中継ぎなどの受賞はできなかったものの、受賞した投手が異常ともいえる成績を残していたからで、本来なら恐らくいくつかの賞を受賞していたほどの活躍だったと感じている。今後は勇退する秋田投手の後を受けて中継ぎエースとなって楽天を支えてくれることだろう。


90季終了後オフ入退団情報

  • 退団

国村壬呂九 > (ヴェ・デルチ) 左打 ポジ:右翼手 称号:--
Status Power C77,Meet C76,Dash E51,Arm E60,Def E57
Specific ability 固目打ち 連打
タイトル受賞歴 B9④ GG④
成績  在籍13年 第78回~90回
打率 安打 本塁打 打点 三振 四球 犠打 盗塁 守備率
.262 1849 203 636 1085 486 223 0 .971
 楽天の主軸として活躍し、初の日本一に導いた。
 勝負強さと長打力を買われ4番に座り楽天打線の顔として力を発揮した。

  • 入団
一塁手:坂本勇人選手 製作者:中
 高卒ルーキーの内角高目を得意とする右打者。情熱的なプレーで人気は博すが、まだまだ未知数で未来の主力。課題も多く、まずは左投手登板時のバットコントロール、パワーを活かすための基礎打撃技術などを磨いていくことが必要だ。

右翼手:ライス笹西樹 製作者:ヴェ・デルチ
 社会人からの入団となる一本足打法の大型新人。左打者で外角高めを得意にする身体能力に優れたスラッガーだ。パワーはすぐに即戦力となる非凡なものをもち、他の能力も平均以上のモノをもっている。1年目から大活躍しており将来の4番候補だろう。

  • 移籍入団
投手:暇人Ⅴ 製作者:tosiki
 今季から移籍してきた魔術師の異名をもつ中継ぎ投手。最高到達点が250cm以上となる200cmの長身から繰り出される速球は、打者から見ればまるで3階から投げ下ろされる様な感覚だろう。その上に球界屈指の制球力を武器に技巧派の力を発揮し、今季楽天中継ぎ投手陣は確実に強化された。


編集後記

 今回で三回目の編集となりました。毎回偉そうなことを書いていても、自分の選手のことは(成績がなかなか上がらずに)書けないもどかしさもあります。個人としては来季引退をするので、最後に一花咲かせて欲しいと願うばかりです。
 今季も投手陣に打線が助けられる場面が多かったので、来季は少し明るい打撃陣のニュースを書きたいですね。

文責:楽天/けんと

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -