※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソフトバンクホークス92年度成績





チーム成績

順位 勝ち 負け 分け 連勝 打率 防御率 安打 本塁打
4 67 60 8 8 .269 2.43 1301 89
盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 自責点 非自責 失策率
84 84 438 3.2 366 2.7 328 38 0.62

  • チーム別対戦成績
対戦相手 勝ち 負け 分け 合計
西武 21 5 1 16
楽天 10 16 1 -6
日ハム 6 17 4 -11
ロッテ 10 16 1 -6
オリックス 20 6 1 14


個人成績


野手成績

選手名
(製作者)
守備位置 打率 本塁打 打点 盗塁 守備率 貢献度 一言
ii
(これはトムです)
捕手 .298 5 46 0 .500 31 三割までまじか
神瀬
(ラウール)
一塁手 .236 12 53 0 .991 -10 打撃の復調に期待
vip
(参)
二塁手 .244 9 39 0 .960 13 まずまずの滑り出し
リボンの騎士Ⅵ
(サファイア)
三塁手 .279 16 54 0 .991 17 今後も中軸打者としての活躍を
トロモロ
(川田)
遊撃手 .301 6 26 52 .979 40 初の三割&盗塁王
リン
(ミュー)
左翼手 .263 3 52 0 .974 -10 出塁率が弱点となったか

(骸)
中堅手 .224 3 28 0 .975 -11 初日は順調だったが・・・
奈多
(kenshi)
右翼手 .269 27 88 0 .959 9 打点が素晴らしい
レオンⅢ
(Leon)
DH .294 8 35 32 - 34 最早打撃に安定感あり

野手査定表(10段階評価)

選手名 AS B9 GG タイトル 打撃 守備
ii - - - - 7 7
神瀬 - - - - 3 6
vip - - - - 4 6
リボンの騎士Ⅵ - - - - 6 7
トロモロ - 盗塁王 7 7
リン - - - 4 4
- - - - 3 6
奈多 - - - - 7 5
レオンⅢ - - - 7 DH



投手成績

選手名
役割 登板 防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 奪三振 貢献度 一言
両断波
(ジーン)
23 2.43 6 10 - - 185 1/3 176 33 我慢のシーズンとなった
フラッディ
(くろ)
26 2.15 14 7 - - 188 0/3 92 50 移籍後即この働きは◎
年俸倍増期待
(もろくず)
27 2.76 13 9 - - 172 2/3 164 45 主力としての成績は収めた
ブレイク
(like)
26 1.88 9 10 - - 200 0/3 154 49 最終日の失速が痛い
新垣渚
(暴投)
25 2.76 9 7 - - 163 0/3 95 41 今後に期待がもてる
渡辺博一
(国内選手)
- - 先発募集中
swallow
(燕)
34 3.40 1 3 1 3.9 55 2/3 33 16 もう一段上がりたいところ
吉永
(吉永)
34 2.17 5 4 1 9.2 49 2/3 27 33 これがラストイヤーか
大津留勇樹
(ガロン)
22 3.07 1 3 0 2.2 29 1/3 13 9 打ち込まれるクセが厳しい
速球バカ
(はやお)
36 2.14 6 2 2 11.3 63 0/3 28 34 中継ぎの軸となれる
トムソヤ
(国内選手)
中継ぎ募集中
はぐりん
(スライム)
39 1.83 0 2 35 - 39 1/3 22 46 連続でのセーブ王受賞

投手査定表(10段階評価)

役割 選手名 AS B9 GG タイトル 投球
両断波 - - - - 6
フラッディ - - - 8
ブレイク - - - - 7
年俸倍増期待 - - - - 7
新垣渚 - - - - 7
国内 - - - - -
swallow - - - - 5
吉永 - - - - 7
大津留勇樹 - - - - 4
速球バカ - - - - 7
国内 - - - - -
はぐりん - - - セーブ王 8

チーム内選手表彰


  • 野手

野手MVP ii選手 

投手陣を影から支え続けた女房役が初のMVP受賞。
高い守備力は言わずもがな、近年は打撃も高いレベルで安定するようになり、頼れる上位打者としての地位を確立している。
そんな彼も引退が目前に近づいてきた。有終の美を飾るためにもこの調子で成績をあげ続けて欲しい。

注目選手 トロモロ選手 

初の三割、さらには盗塁王のタイトル獲得と過去最高の成績を収めた内野の要。
長打巧打共にFながら、リーグ一を誇る俊足を活かした内野安打で打率を稼いでいる。なかなか守備の安定しないソフトバンクだけに、その守備にも期待がかかる。

  • 投手

投手MVP フラッディ投手 

今期広島から移籍してきた選手兼任監督がいきなりの受賞。過去最多勝を挙げた投手はやはり伊達ではなかった。
ぱっと見たところ目に付くのは制球力位のものであるが、おそらくはそれを補えるだけの試合運びの上手さがあるのだろう。
是非その辣腕でチームをさらに上位に導いてもらいたい。

注目選手 新垣渚投手 

入団2年目、ソフトバンク先発陣若手期待の星。
惜しくも二桁勝利には届かなかったが、2年連続勝ち越した活躍は十分褒められる。
昨年は新人王も獲得し、まさに順風満帆なスタートを切った。このまま成長していけば鷹投手陣の顔となれる素質を持っている。


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -