※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2日目終了時点



プロやきうニュース!
今日もいってみましょう。
(完全に酔っ払いがお送りしていますので、間違いがあったらスイマセン)


第92回ペナントの2日目終了時点での順位からです!

順位 セリーグ パリーグ
1位 広島 日本ハム
2位 巨人 ロッテ
3位 阪神 ソフトバンク
4位 横浜 楽天
5位 ヤクルト オリックス
6位 中日 西武

セリーグはここ2年間苦杯を舐めていた広島が巨人に8.5ゲーム差を付けて首位に立っています
盗塁こそ少ないものの、チーム得点率・防御率でトップとなり「最も点を取り、最も点を取られない」安定した力を見せています
初日首位の巨人は、大爆発のドミンゴ選手を中心に打ち勝っていきたいところです

続いてパリーグ
こちらは2チームゲーム差無しの大接戦
僅かに勝率の差で日本ハムが1位となっています
チーム本塁打・得点率1位の日本ハムの得点力か、防御率1位のロッテか
最終日は星を1つでも落とすと順位が入れ替わってしまう可能性があり、各チームの采配に注目が集まります


次は選手の個人成績にいきましょう
まずセリーグ野手部門からです

順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 ドミンゴ(巨) ジオンビ(中) ドミンゴ(巨) ドミンゴ(巨)
2位 寿司(横) ドミンゴ(巨) ランス(広) 川島永嗣(巨)
3位 じろ(広) パン(阪) 寿司(横) らぶたん(巨)

セリーグ野手の注目は「ドミンゴ選手がどれ程の成績を残すのか」この1点に注がれているといっても大袈裟ではない
それ程圧倒的な成績を残しています
2日目に入り、さすがに疲れも見えたようですが、それでも1本差で2位の本塁打を除き全ての部門でトップとなっています
ドミンゴ選手が初日の勢いを取り戻すのか
それとも他の選手が意地を見せ、タイトルを獲得するのか
最終日の攻防に期待がかかります


次にセリーグ投手部門

順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 ジャニ太郎(広) ジャニ太郎(広) ジャニ太郎(広) SergioEchigo(広) 神楽(阪)
2位 黒田博樹(広) おると(横) 黒田博樹(広) ブルータス4(横) 諸葛嶺(巨)
3位 英恵(巨) 黒田博樹(広) Gorilax(広) 相川(中) ヘイホー(ヤ)

相変わらず投手部門は広島の選手が多数を占めております
昨年大ブレークした新エース・ジャニ太郎選手が3部門で首位となっています
負けじと同僚の大ベテラン・黒田博樹選手が後を追います
中継のSergioEchigo選手も抜群の安定感を見せ、12球団トップの速球派の投手陣で虎視眈々と優勝を狙います
抑え部門では昨期セーブ王の神楽選手がその力を存分に発揮しています
6年目の23歳、更なる成長が期待されます


次はパリーグ野手部門

順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 ホライZUN(日) 小田2(日) 奈多(ソ) イーグル(西)
2位 服部君(ロ) 奈多(ソ) カール・ゴッチ(日) トロモロ(ソ)
3位 カール・ゴッチ(日) カール・ゴッチ(日) 小田2(日) 天神要δ(ロ)

首位打者争いトップは日本ハムのホライZUN選手
これまでの長打面だけでなく率も残し、隙のない選手となってきました
本塁打・打点部門では日本ハム小田2選手・カール・ゴッチ選手の常連に、ソフトバンクの奈多選手を加え三つ巴の様相です
地元福岡の(?)奈多選手は21年目、38歳にして打撃3部門での初タイトル受賞となるのでしょうか?
盗塁部門では西武のイーグル選手がトップ
打率・出塁率でも好成績を残し、不振に喘ぐチームを盛り立てています



最後にパリーグ投手部門です
順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 博麗霊夢(ロ) フェラーリ(日) 鈴木平(日) リャコ(日) 遠藤(楽)
2位 鈴木平(日) ゆきじい2(ロ) 両断波(ソ) ソフト部エース(ロ) しょうⅢ(日)
3位 頭痛(ロ) implus(楽) 年俸倍増期待(ソ) 闇の刃(西) はぐりん(ソ)

パリーグの順位が示すようにこちらでも日本ハムとロッテの選手達が凌ぎを削っています
防御率部門では4人が0点台と驚異的な数字を残す中、ロッテのベテラン・博麗霊夢選手が1位、4人中3人がロッテの選手とチーム防御率1.61を叩きだす原動力となっています
日本ハムも防御率2位、奪三振1位の鈴木平投手、最多勝のフェラーリ選手の2枚看板で優勝を狙います
中継ぎ部門では快速球を武器にする3投手が並んでいます
抑え部門は一転、球速より制球に自信のある選手が並びます
どちらも最終日次第では順位が大きく変動する有り、その動向に注目が集まります



最後に今年の新人王は誰だ!のコーナーです

まずはセリーグから
野手部門は難しいですが、阪神・金本知憲選手に注目です
ここまでルーキートップの9本塁打、打率も2位と自慢のバッティングをアピールしています
投手部門の注目株は横浜のブルータス4選手
先代のブルータス3選手の血を受け継ぎ、中継ぎ部門で2位と抜群の安定感を見せてくれています

次にパリーグ
野手部門はロッテの服部君が打率2位に付け、1年目にして3割越えに期待がかかります
また同チームの梶谷隆幸選手も打率6位と、高いレベルで争っています
楽天の高卒ルーキー・秋田磐逗選手が21試合に登板し、1点台の防御率を残しています
球速こそ120キロ代も、三振はイニングの半分、四死球も少ないと非常に安定しています


文章が同じ様なものになってしまい、面白味に欠けているかと思いますが、今後とも宜しくお願い致します
以上、本日のプロやきうニュースでした!



来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -