※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目次

引退時のポジション SB史に名を残した戦士達
捕手 ii
内野手 トロモロ
外野手 奈多
指名打者
※寸評の欄については、執筆者の事情によりタイトル獲得・殿堂入り等の功績を残した選手に限らせていただきます。

Catcher

  • 選手名
ii(これはトムです)

某野球評論家はこう語った。
"彼を一言で表すと? うん、彼は選手としてはもちろん、人間として非常に優れた人物でしたよ"

多くの野球ファンは、ii選手の特徴と聞かれ、「無口」「シャイ」などと答えるであろう。
確かに熱血漢がはびこるソフトバンクにおいて、一風変わった性格だったかもしれない。
が、努力家は多くを語らず、10年足らずで捕手としての技能が頂点に達したかと思うと、課題であった打撃面に着手。
毎オフ、少しずつ練習を積み重ね、いつしかトップクラスの打者に匹敵するほどのミート力を会得。

寡黙を貫きながらも、積み重ねること、努力の大切さを日本中の子供達に伝えてくれた。
彼ほど人として優れた野球選手はそう多くは無いだろう。

  • 功績
称号 打率 安打 本塁 打点 盗塁 FP 実働 守備 タイトル
ガニマタ打法 .278 2902 59 737 0 58 20 C 最出① AS⑤

Infielder

  • 選手名
トロモロ(川田)

SB史に残る40数期ぶりの優勝メンバーの一人。
高卒2年目に遊撃手に大抜擢されて以来20年間、つまずきつつも地道にスターの階段を登り続け、
最後には名実共に最高級の2億円プレーヤーとなった。

彼にとってのターニングポイントになったのは、今から10期ほど昔の話。
西村コーチの雇用であったことが言えると思う。
若干19歳にして遊撃手という大仕事をこなしていただけ、幾分か守備一辺倒になり気味だったが、
西村の指導により、大きな体をいかに俊敏に扱うかというスキルを会得。

その後ベテランと呼ばれるようになると、守っては2メートル超の巨体で内野に大きな壁を作り、
走っては100kgの巨躯でベースに突っ込む強硬な意思と行動でSBナインを牽引した。

  • 功績
称号 打率 安打 本塁 打点 盗塁 FP 実働 守備 タイトル
- .260 2778 85 729 434 617 21 SS 新人王① 盗塁王③ AS⑨

Outfielder

  • 選手名
奈多(kenshi)

名鑑の1ページ目を飾るのは彼、ミスターホークスこと奈多選手だ。
なんといってもこの選手、尋常ではない安定感で23年間に渡ってSB打線を活気付けてくれたのだが、
一時期はつなぎ役として下位打者を、またあるときは打線の起爆剤として1番打者を担うなど、
あらゆる面でチームへの貢献は計り知れなかった。

現在は彼の後とり、ダンボール選手が、海外野球留学で得た経験と父譲りの安定感を武器に一流選手の扉を開こうとしている。

  • 功績
称号 打率 安打 本塁 打点 盗塁 FP 実働 守備 タイトル
- .286 3496 335 1232 0 264 23 RF 最出② AS① ASMVP① B9② GG②


Designated hitter


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -