※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2日目終了時点



プロやきうニュース!
昨年はお送りする事ができませんでしたが、今年は再開です


第94回ペナントの2日目終了時点での順位からです!

順位 セリーグ パリーグ
1位 広島 楽天
2位 巨人 日本ハム
3位 横浜 ソフトバンク
4位 ヤクルト ロッテ
5位 阪神 西武
6位 中日 オリックス

ここ数年接戦に次ぐ接戦の「戦国セリーグ」ですが、今季は2連覇中の広島が2位巨人に6.5ゲーム差を付け首位に立っています
以前程の圧倒的な防御率ではないものの2点台で安定し、打線も上位~下位まで切れ目なく、チーム打率は.285で74本塁打、リーグ最少失策と穴が見当たりません
2位の巨人はリーグ断トツのチーム防御率1.73が光ります
盗塁数も相変わらずですが、それが得点に結び付いていないのが惜しいところです

続いてパリーグ
こちらは昨年2位の楽天が2連覇中の日本ハムを抑え首位となっています
その要因は圧倒的な防御率1.82の投手力
先発・中継・抑えと揃って好成績を収めています
打線も3割打者こそいないものの、得点力はリーグ2位とバックが盛り立てます
それに続くは日本ハム
中軸の破壊力は12球団髄一です
フェラーリ・鈴木平の2本柱に続く存在がカギになりそうです


次は選手の個人成績にいきましょう
まずセリーグ野手部門からです

順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 じろ(広) 茶金(横) ヨッシー(ヤ) らぶたん(巨)
2位 らぶたん(巨) ウズルイーフ(広) アウグス(横) ぱろっく(巨)
3位 巧打好捕好返球(阪) 古葉(広) 内藤一郎(中) 川島永嗣(巨)

セリーグ野手は今までになく若手の躍進が目に付きます
打率部門は広島不動のトップバッターじろ選手に、25歳のらぶたん選手、18歳高卒ルーキーの巧打好捕好返球選手が
本塁打部門は横浜の若き主砲・茶金選手を、広島の中軸コンビの22歳のウズルイーフ選手と25歳の古葉選手が
打点部門でも26歳ヨッシー選手を22歳アウグス選手、まさかの18歳CPU内藤一郎選手が追う展開
打撃3部門で30代はじろ選手だけと、セリーグの戦力均等化はこの辺りにも表れているのかもしれません
盗塁部門は巨人のスーパーカートリオが、それぞれ47・45・44盗塁とデットヒートを繰り広げています


次にセリーグ投手部門

順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 エル(巨) ジャニ太郎(広) Gorilax(広) 相川(中) ヘイホー(ヤ)
2位 (V)゜∀゜(V)(巨) Gorilax(広) ジャニ太郎(広) MAT(広) みー(横)
3位 ジャニ太郎(広) ニャコ(横) 英恵(巨) 柳=(ヤ) 神楽(阪)

先発部門は首位広島のジャニ太郎・Gorilax両エース
2位巨人の英恵・エル両エース+期待のルーキー(V)゜∀゜(V)選手
3位横浜のニャコ・オルコ両選手がそれぞれタイトルを争っており、先発の安定がチームの順位に直結しています
逆に中継・抑え部門は下位チームから多く選出されています
特に抑えは顕著であり、上位チームに比べ継投策が多くなり、その中でしっかりゲームを締め、一つでも上の順位を窺います
さぁ、最終日は本日紹介された選手達がこのままタイトルを確保するか
それとも他の選手が抜き出てくるか楽しみなところです


次はパリーグ野手部門

順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 イーグル(西) 小田2(日) 小田2(日) 天野美汐(ロ)
2位 カール・ゴッチ(日) カール・ゴッチ(日) カール・ゴッチ(日) かさまた(ソ)
3位 天神要δ(ロ) 神瀬(ソ) ドミンゴ(楽) レオンⅢ(ソ)

パリーグはセリーグと違い、打撃3部門は視聴者の皆様にお馴染みの顔ぶれが並びました
打率部門では西武のリードオフマン・イーグル選手が自身初の打撃タイトル獲得へ向けトップに付けています
本塁打・打点部門は日本ハムの大ベテラン、来期不惑を迎える小田2選手が意地を見せています。
しかし、3部門でいずれも2位に付けるカール・ゴッチが3冠を狙える位置に付け、虎視眈々と上を狙います
実績のある天神要δ選手やドミンゴ選手もランクインし、予断を許さない状況です
盗塁部門は自身2度目のタイトルを目指す天野美汐選手が、ソフトバンクの韋駄天コンビを抑え1位となっています


最後にパリーグ投手部門です
順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 DDD(楽) フェラーリ(日) 両断波(ソ) スキピオ(西) しょうⅢ(日)
2位 トロンS(楽) DDD(楽) 新町(楽) 中谷(日) 遠藤(楽)
3位 フェラーリ(日) 両断波(ソ) ブレイク(ソ) 雷男(日) 岸(西)

チーム防御率トップの楽天の充実ぶりが目を引きます
防御率部門では楽天の大ベテランDDD選手が首位
勝ち星でも2位とさすがの実力を発揮しています
パリーグは防御率上位の投手に130km前後の選手が多く、コントロールの重要性が数字に表れています
勝利数では日本ハムのエース・フェラーリ選手が、奪三振ではソフトバンクのエース・両断波選手がそれぞれ1位
この辺りも順当といった感じでしょうか
リリーフは日本ハム・楽天・西武の選手が並びます
上位2球団は先発が強固であり、更に後を受ける選手も強力
パリーグの他の球団にとっては非常に辛い相手ですね



最後に今年の新人王は誰だ!のコーナーです

まずはセリーグから
今年はは投手・野手ともハイレベルですね
野手では阪神の巧打好捕好返球選手
18歳にして打率部門で.309で3位に食い込むバットコントロールの良さは素晴らしいの一言です
一方で巨人のARA選手は初年度から4番に座り.285で12本塁打でこちらも即戦力に違わぬ実力を発揮しています
最終日の打率変動によるところもあり難しいですが、このままいけば巧打好捕好返球選手がリードでしょうか
一方投手では文句無しで巨人の(V)゜∀゜(V)選手ですね
紹介の際に何とお読みすれば良いか困りますが、リーグ2位の防御率・4完封は見事です
巨人は投打とも素晴らしい補強ですね


次にパリーグ
野手部門はソフトバンクのダンボール選手と楽天のちびくろサンボ選手の争いです
現状では得点圏打率リーグ1位のダンボール選手が頭一つリードしています
2塁で堅守をみせている日本ハムの西選手も打率が上がれば、昨年のセ野手新人王の聖・四式選手の様に可能性が見えてくるかもしれません
投手部門は25試合に登板し、防御率0.78と抜群の成績を残しているロッテの清水一郎選手が有力でしょうか
中継は1試合で大きく変動する可能性がありますが、このまま順調にいきたいところです



昨年は更新できず、申し訳ありませんでした
今後も常にお送りできるかの保障はない為、もしお時間がある方がいらっしゃいましたら、一部でも構いませんので更新頂ければ幸いです
番組継続のため皆さん、ご協力お願い致します
以上、本日のプロやきうニュースでした!



来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -