※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

横浜ベイスターズ94年度


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -


チーム成績

順位 勝ち 負け 分け 連勝 打率 防御率 安打 本塁打
2 73 58 4 5 .273 2.59 1319 120
盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 自責点 非自責 失策率
3 55 453 3.3 392 2.9 348 44 0.41


個人成績


  • 野手
選手名 製作者 守備位置 打率 本塁打 打点 盗塁 守備率
藤ノ宮千歳 捕手 .254 10 43 0 .371
茶金 コメット 一塁手 .285 25 58 0 .989
Ο mick 二塁手 .275 5 34 0 .988
ミシェール滝 煮物 三塁手 .278 10 42 0 .963
ロキノン ハイド 遊撃手 .243 17 48 0 1.000
寿司 左翼手 .257 2 29 0 .960
マクロス マクレーン 中堅手 .294 8 50 3 .993
前田章二 appleパイ 右翼手 .288 19 56 0 .976
アウグス pio DH .273 24 78 0 -

  • 投手
選手名 製作者 役割 登板 防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 奪三振
はにわ^^ もさ 24 3.44 8 11 - - 149 0/3 83
ストルガツカヤ わふー 24 2.98 10 9 - - 166 1/3 69
ニャコ 27 1.67 16 5 - - 199 1/3 75
おると Mid 27 2.14 13 10 - - 189 2/3 87
那須川巧 akito18 25 3.14 10 10 - - 169 0/3 107
星野徹 国内選手 8 4.15 2 4 - - 39 0/3 16
スコール お天気 32 1.40 5 0 2 13.3 51 1/3 13
風神 雷神 41 1.85 3 3 2 12.2 77 2/3 38
ブルータス4 かえ猿4 30 2.36 3 2 2 7.5 49 2/3 20
国内選手 31 4.66 1 2 1 2.1 38 2/3 27
加藤亨 国内選手 30 2.72 2 2 2 4.5 46 1/3 25
みー sec 33 1.59 0 0 31 - 34 0/3 15

リーグトップ
ゴールデングラブ ベストナイン GG+B9(選手名)
昨季の最下位から一転二位へ一足飛びに優勝とはいかなかったのは残念

マクロス選手は51FPが基本なのかと思わされるほど今季もジャンピングキャッチが冴え渡った
出塁率もランキング上位常連の安定感、体力の限界から今季での引退を表明しているが
彼の抜けた穴はそう簡単には埋まりそうもない
特に守備範囲の意味では本当に穴が空くかもしれない
それにしても引退シーズンでの貢献37は見事
ミシェール滝…フェノメノ!普通に考えると新人から4期連続でのベストナインが濃厚
無改造の過疎ペナじゃあるまいに何というべきか
もう常識外れの一言だろうチームメイトで本当に良かった
…何故かベストナインの選から漏れる選ばれた選手の方が何かが勝っていたらしい
さてさて久しぶりの打撃タイトルです、茶金選手が本塁打王、アウグス選手が打点王を獲得
アウグス選手はDHながらMVPにも選ばれ今後にも期待が膨らみます
今季は打線全体でみてもロキノン選手を除いて全員が出塁率3割越え
この走者を二人を中心にぽんぽんとホームランで迎え入れる事で得点率を3.3へ押し上げた

何時以来か先発全員の勝ち負けの合計が+になり総失点も100点以上減っている
負け運も一発もつけずに終れた事も嬉しい
そんな好調の投手陣の中でもニャコ投手の最終成績は一瞬目を疑う程だ
昨季も新人とは思えない好成績だったが今季は取りこぼしていた分を拾えたのか
更に勝ち星を積み重ねた、最高勝率と最多勝まで後僅かだったが届かず
また現エースのおると投手とニャコ投手が勝ち星を稼ぐ中今回の躍進を影で支えたのが那須川巧とストルガツカヤの両投手だ、
得意コースの関係で稼ぎ頭二人は不調では広島相手にほぼ投げさせられない状態だったため
那須川巧投手は調子普通以上でストルガツカヤ投手は好調以上である程度積極的に当てていた
対広島を五分に持ち込めたのは両投手の活躍が大きい

ドラフト新人があたり続きで嬉しい限り風神選手はいきなりの防御率1点台でまたも新人王
…かと思いきや巨人には更に恐ろしい異星人が襲来しているようだ球界は広い
もう一度帰ってきたよブルータス4僅か2期で凄まじいまでの上げ下げを経験したが
今季はマイナス特能にもめげず安定した投球で一安心
昨季の事もありスコール投手の今季成績を心配していたのだが杞憂に終る寧ろ大活躍
1点代前半の防御率ですいすいとリリーフし昨季と同じく5勝2セーブに負けなしと言う事が無い
みーさん最多セーブおめでとうございます~
しかしセーブ失敗は二回だけにもかかわらず31セーブの数値は出番が少ない事を物語る
先発陣が計20完投と頑張ったため逆に出番が少なくなったのかもしれない

チームトップにずっと掲げてある通り 投手募集中