※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソフトバンクホークス97年度成績




チーム成績

順位 勝ち 負け 分け 連勝 打率 防御率 安打 本塁打
2 75 55 5 7 .275 2.43 1332 121
盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 自責点 非自責 失策率
118 42 426 3.1 350 2.6 327 23 0.31

  • チーム別対戦成績
対戦相手 勝ち 負け 分け 合計
西武 17 9 4 8
楽天 15 12 0 3
日ハム 13 13 1 0
ロッテ 11 15 1 -4
オリックス 19 6 2 13


個人成績


野手成績

選手名
(製作者)
守備位置 打率 本塁打 打点 盗塁 守備率 貢献度 一言
e
(これはトムです)
捕手 .238 7 29 0 .376 28 投手陣を支える守備
神瀬
(ラウール)
一塁手 .286 17 45 0 .991 22 例年よりはちょっと落ちたか
vip
(参)
二塁手 .237 11 42 0 .998 23 守備の要
リボンの騎士Ⅶ
(国内選手)
三塁手 . . 強打者募集中
トロモロ
(川田)
遊撃手 .274 5 39 34 .988 32 失策を減らしたい
かさまた
(牧野)
左翼手 .255 13 47 32 .982 17 もう少し出塁できれば

(骸)
中堅手 .308 19 52 0 .987 59 打撃覚醒か
ダンボール
(kenshi)
右翼手 .278 20 55 0 .982 27 長打が光る
レオンⅢ
(Leon)
DH .320 22 69 52 - 82 全部門チームトップは見事


野手査定表(20段階評価)

選手名 AS B9 GG タイトル 打撃 守備
e - - - 7 12
神瀬 - - - 12 9
vip - - - 8 17
国内 - - - -
トロモロ - - - - 11 15
かさまた - - - - 10 10
- - - 14 12
ダンボール - - - - 12 10
レオンⅢ - - 16 DH


投手成績

選手名
役割 登板 防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 奪三振 貢献度 一言
ディングレイ
(NW)
21 2.45 7 6 - - 147 0/3 57 36 まずまずのスタート
フラッディ
(くろ)
24 2.42 12 7 - - 178 2/3 69 36 安定感ある投球
年俸倍増期待
(もろくず)
26 1.20 16 4 - - 210 1/3 173 63 文句なし、大活躍!
バイロン
(like)
23 2.44 9 7 - - 144 0/3 45 38 次は2桁
24REVERSE
(くろふね)
20 2.70 12 8 - - 143 1/3 73 45 大躍進、次も期待
瑠璃
(リュ~ト)
21 2.64 7 7 - - 146 2/3 70 34 ステップアップはしている
swallow
(燕)
40 2.57 3 4 2 8.6 56 0/3 29 26 中継ぎの主軸
大津留勇樹
(ガロン)
31 3.86 4 6 1 2.9 51 1/3 26 0 最終日に巻き返した
速球バカ
(はやお)
38 3.26 4 4 1 9.7 69 0/3 48 17 あまり調子が上がらなかったか
皆川直樹
(国内選手)
中継ぎ募集中
蓑田豊
(国内選手)
中継ぎ募集中
はぐりん
(スライム)
46 2.68 0 1 42 - 47 0/3 21 40 セーブ失敗が少ない



投手査定表(20段階評価)

役割 選手名 AS B9 GG タイトル 投球
ディングレイ - - - - 12
フラッディ - - - - 14
年俸倍増期待 - - - 17
バイロン - - - - 12
24REVERSE - - - - 14
瑠璃 - - - - 11
swallow - - - - 12
大津留勇樹 - - - - 8
速球バカ - - - - 10
国内 - - - - -
国内 - - - - -
はぐりん - セーブ王 14



チーム内選手表彰


  • 野手

野手MVP レオンⅢ選手 

 最早あえて語ることでもありませんが、すでにパリーグのみならず球界全体でも有数の打者となったレオンⅢ選手が2年ぶり三度目の受賞。
 最近では打撃関連では軒並み上位に顔を出し、タイトル争いの常連となった印象がある。
 今年も最終日まで他球団の主力打者と熾烈な首位打者争いを繰り広げ、惜しくも首位打者は逃したものの.320と高い打率を残した。
 こちらから要求することは特に無く、この成績をずっと続けていってもらえれば何も問題は無い。


注目選手 e選手 

 今年ピックアップするのは若きSBの扇の要e選手。
 持ち味はなんといっても若手離れした守備力の高さ。守備型での入団から梨田コーチの指導の恩恵を最大に受け、肩守備備えた有能捕手への道はチームとしての規定路線。
 監督の指示にあわせ柔軟にリードを変更する姿勢も評価が高い。
 なんといってもまだ高卒2年目の若手。捕手としての能力はもちろん、今後は前ii選手に負けないほどの万能型捕手になってもらえる期待も高まる。



  • 投手

投手MVP 年棒倍増期待投手 

 SBのダブルエースの一人、年棒倍増期待選手が久しぶりのMVP受賞。
 ここ最近は若手の多いチーム事情から優先的に上位球団への牽制として使われるなどの役回りもあって、なかなか思うような成績をあげることができなかった。
 だが今年は初日から抜群の安定感を発揮し、見事チームトップの16勝を上げる好成績。本来の姿を取り戻すことに成功したといえる。
 そろそろ引退の時期も見えてきたが、最後にもうひと踏ん張りしてもらいたい。彼が今年度同様の活躍をしてくれれば、来期も日ハム強打線といい勝負ができるはずである。


注目選手 24REVERSE投手 

 入団から2年間我慢の時期を過ごしたが、今期はついに先発としてひとり立ちの12勝を達成。
 昨期5位に終わったチームを2位にまで躍進させた原動力の一つが、若手先発陣の総合力の高さであることは言うまでも無いが、24REVERSE投手がその中でも筆頭的な活躍を見せてくれた。
 ベテランの2投手の引退も近いが、この調子で成長を遂げてくれれば他球団と渡り合える投手陣が出来上がるはずだ。





来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -