※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

97期チーム総括、来期への展望

昨年、接戦ながらリーグ2位となってしまった広島。
97期より新監督として王を迎え、新生カープとしてペナント奪還を誓ったオフ。
2名の選手がシーズン前に引退を宣言し、若いチームは一丸となり挑戦者として並み居る強豪と立ち向かった。
目下最大のライバルと見られた巨人軍に首位は明け渡すものの、虎視眈々と追いかけた最終日。
ついに巨人軍にマジックナンバーが点灯する。
直接対決はすでに終了し、残るは両チームともヤクルト戦を2試合残すのみとなる。
巨人軍はM1とし、ゲーム差は1。こちらが2つ勝っても巨人が1つでも勝てば優勝は消える。
睨み合いが長く続くも拮抗を破ったのは広島。残す2ゲームを連勝し巨人に重圧をかける。
そして奇跡は起きた。ヤクルトは巨人を2試合とも退け、逆転優勝が転がり込んだ。
日本シリーズはパの雄、日本ハムに敗れるも引退する2選手の花道は見事に飾り立てられた。
若い選手の多い中、リーグ制覇を達成したことは大きな収穫だろう。これもチーム一丸になった結果だ。
来期はまたもや追われる立場。しかし今期のような粘り強い戦い方ができれば連覇も難しくは無いだろう。

MVP

  • 野手 
ランス選手(選出者yf)
今期も誰か1人を選ばなければならないという嬉しい悲鳴の聞こえる中、私はランス選手を推したい。
本塁打23本、55打点と飛びぬけた数字こそ無いものの、安定した活躍を見せてくれた。
これだけの打撃成績を残しながら通算5度のゴールデングラブ賞受賞は
ハイレベルな選手だということを証明してくれることだろう。
打撃タイトル未獲得での引退は惜しまれるが、広島の中核を担ったことは記憶に残り続けることに間違いない。

  • 投手 
紅音ほたるJr.選手(選出者yf)
159kmの超速球で見事守護神を勤め上げた不動の守護神。
防御率0.51もさることながら救援失敗での負け星は無く、非常に安定した結果を残した。
直球のみでセの強打者に立ち向かう姿はまさに炎のストッパー。
来期もこの人がいる限り、9回の広島市民球場は観客の熱気で燃え上がるだろう。

97期チーム成績


年度 順位 勝ち 負け 引分 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策 監督 コーチ
97年 1位 75 57 3 .568 .280 2.59 3.2 105 77 63 山内

97期個人成績


登録野手

ポジション 選手名 製作者名 打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
ウラベ DDS .300 155 6 45 46 0 0 .276
ウズルイーフ 雷牙 .283 155 13 48 81 0 0 .987
聖・四式 sei .246 137 4 33 35 10 18 .985
ひき ひき .292 163 26 64 30 0 0 .966
Shangrila abba .248 134 7 34 28 0 0 .981
ランス タティス .281 160 23 55 39 0 0 .987
じろ 柴犬 .334 202 3 38 47 0 59 .990
落田 落田 .231 106 3 22 36 50 0 .972
DH 古葉 山本 .293 169 20 66 25 0 0 -

登録投手

ポジション 選手名 製作者名 登板 防御率 S RP 投球回 奪三振
Gorilax 24 2.10 12 7 0 0.0 180 1/3 168
ボインゴ なまもの 26 2.32 11 9 0 0.0 174 2/3 74
ジャニ太郎 yf 24 2.09 15 7 0 0.0 176 2/3 172
西村12世 悠登 25 2.43 10 7 0 0.0 178 1/3 168
前田健太 遅球王 24 2.78 10 9 0 0.0 165 0/3 76
エース エース 12 4.03 2 6 0 0.0 82 2/3 37
霧雨魔理沙 ハムスター 30 3.50 4 3 1 5.3 54 0/3 30
涼宮遙 エロゲオタ 38 3.84 3 5 1 3.5 65 2/3 32
MAT matsuin 30 2.49 2 1 3 8.3 50 2/3 29
ロールケーク ロールケーク 10 4.86 0 0 1 0.2 16 2/3 8
オリヴァー オリヴァー 31 2.86 4 3 1 8.1 50 1/3 41
紅音ほたるJr. 潮吹きクイーン 34 0.51 2 0 32 0.0 35 0/3 39

祝!個人タイトル受賞者

選手名 タイトル
じろ 首位打者・最多安打・B9
ウラベ B9・GG
ひき B9
ランス B9
じろ B9
ボインゴ GG

入団・退団情報

  • 入団
ジャニ吉選手
広島のエースとして先発投手を引っ張ってきたジャニ太郎選手に代わり
先発ローテーションを任させた軟投派ピッチャー。
クレバーな投球は既にベテランのような緻密さを醸し出している。

aqua選手
ランス選手の引退後の左翼に抜擢された大物ルーキー。
首脳陣からの評価も高く、既に守備は完成の域に達している。
打撃向上を目標に、一気に主力選手へと名乗りを上げていく。


  • 退団
ランス選手
長年に渡り広島のクリーンナップの座に君臨し続けた好打者。
打撃タイトルには無縁だったがチームのための打撃は誰もの記憶に残るであろう。
頼れる主砲は自分の技術を横浜の地に伝承し、ライバルとして立ちふさがるだろう。

ジャニ太郎選手
広島の先発陣を牽引し続けた大エース。
数々の投手タイトルを獲得し、球界のエースと評されるほどの活躍を見せてくれた。
殿堂入り・200勝を達成したことを区切りに、その投球術をジャニ吉選手に託し、球界を去った。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -