※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中見出し

2日目終了時点


プロやきうニュース!
本日もお送り致します!


第95回ペナントの2日目終了時点での順位からです!

順位 セリーグ パリーグ
1位 横浜 日本ハム
2位 阪神 ソフトバンク
3位 巨人 ロッテ
4位 広島 楽天
5位 中日 西武
6位 ヤクルト オリックス

セリーグは1位から5位まで6.5差
4チームが3ゲーム差でひしめく大接戦となっています
その中で首位に立つのは昨期3位の横浜
防御率3位・チーム打率2位、得点率が1位と投打にバランスがとれたチームになっています
横浜に次ぐ2位は阪神
どの面もずば抜けた成績ではないものの、接戦に強く、勝ち星を拾っています
3位の巨人・4位の広島もこのままで終わるようなチームではなく、どのチームが最終日に抜け出し優勝するのかに注目が集まります

続いてパリーグ
こちらは見事に昨期の順位そのままになっています
日本ハムはこれまでの主力が更に力を伸ばし、投打共にパリーグを引っ張ります
この王者に対し、リーグの他球団がどう対するかが重要になりそうです
2位はソフトバンク
チーム打率.287は両リーグ通じて1位であり、今季こそ優勝を勝ち取りたい所です


次は選手の個人成績にいきましょう
まずセリーグ野手部門からです

順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 ドミンゴ(阪) 前田章二(横) 古葉(広) じろ(広)
2位 ヒキ(広) 古葉(広) 前田章二(横) らぶたん(巨)
3位 じろ(広) ヨッシー(ヤ) 茶金(横) ドミンゴ(阪)

どの項目もお馴染みの名前が並んだという印象です
打率部門はドミンゴ選手が定位置へ
2位・3位に広島の選手が並びます
本塁打・打点部門はそれぞれ前田章二選手と古葉選手が1位を狙います
ここ3期はこの2選手で上位争いを繰り広げており、今期はどちらがタイトルを獲得するのでしょうか
盗塁王争いは巨人勢の上位独占から、それぞれのチームのチャンスメーカーが並びます
1位から3位まで7個差であり最終日にどれだけ数を伸ばすことができるでしょうか


次にセリーグ投手部門

順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 英恵(巨) 英恵(巨) 英恵(巨) ココ(中) 神楽(阪)
2位 若葉(巨) 若葉(巨) Gorilax(広) 水沢(阪) 太郎5(巨)
3位 ストルガツカヤ(横) Gorilax(広) 西村12世(広) スコール(横) 紅音ほたるJr.(広)

昨期、歴代通算勝利数の記録を塗り替えた英恵選手が先発として3冠と更に円熟味を増しています
今季限りでの引退ではないかとの噂も流れる中、チームの優勝へ向け投げ続けます
中継・抑え部門では横浜・阪神の躍進が目に付きます
彼らの活躍で接戦での勝ち星を拾っているといって良いのではないでしょうか


次はパリーグ野手部門

順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 カール・ゴッチ(日) Skullチノフ(日) atsiv(日) 天野美汐(ロ)
2位 Skullチノフ(日) atsiv(日) カール・ゴッチ(日) レオンⅢ(ソ)
3位 トーテムⅣ(ロ) カール・ゴッチ(日) Skullチノフ(日) 天神要δ(ロ)

気持ち良いまでに日本ハムの3選手の名前が並びます
この中で誰がどのタイトルを獲得するのでしょうか
また逆に他チームはこの3選手の独走を止める事はできるのでしょうか
盗塁部門はお馴染みの顔ぶれが並んでいます
どの選手にもチャンスがあり、誰が抜け出すのでしょうか


最後にパリーグ投手部門です
順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 フェラーリ(日) フェラーリ(日) フェラーリ(日) swallow(ソ) はぐりん(ソ)
2位 鈴木平(日) 新町(楽) 鈴木平(日) 大津留勇樹(ソ) さくらんぼ(楽)
3位 新町(楽) ハリー・オード(ロ) 新町(楽) トロモキ7世(西) 斬空(ロ)

ここ数年と変わらず日本ハムの2枚看板がその実力を発揮しています
特にフェラーリ選手は2日目まで0点台の防御率を維持し、最終日に臨みます
このまま殿堂入り・200勝へ向け突き進みたいところです
中継・抑え部門ではソフトバンクの選手の躍進が目に付きます
先発では日本ハムに一日の長があるものの、継投を駆使し上を目指します






来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -