※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソフトバンクホークス98年度成績




チーム成績

順位 勝ち 負け 分け 連勝 打率 防御率 安打 本塁打
4 73 57 5 6 .280 2.40 1350 100
盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 自責点 非自責 失策率
119 47 431 3.2 354 2.7 321 33 0.35

  • チーム別対戦成績
対戦相手 勝ち 負け 分け 合計
西武 18 7 2 11
楽天 12 15 0 -3
日ハム 11 16 0 -5
ロッテ 11 14 2 -3
オリックス 21 5 1 16


個人成績


野手成績

選手名
(製作者)
守備位置 打率 本塁打 打点 盗塁 守備率 貢献度 一言
e
(これはトムです)
捕手 .234 5 31 0 .404 21 守備は一級品
神瀬
(ラウール)
一塁手 .324 26 60 0 .993 52 チーム一のスラッガー
vip
(参)
二塁手 .259 3 31 0 .991 10 この位打ってくれれば十分
ランタン
(ch)
三塁手 .289 2 49 0 .965 35 やったぜ新人王
トロモロ
(川田)
遊撃手 .250 5 39 32 .985 1 攻守に精細を欠いた
かさまた
(牧野)
左翼手 .281 17 61 38 .996 23 打点を稼いでくれた

(骸)
中堅手 .290 11 37 0 .983 26 上位バッターとして定着
ダンボール
(kenshi)
右翼手 .260 12 50 0 .996 7 攻撃に確実性があればなお良し
レオンⅢ
(Leon)
DH .316 19 57 49 - 41 十分、いやレオンⅢ選手ならもっといけるはず


野手査定表(20段階評価)

選手名 AS B9 GG タイトル 打撃 守備
e - - - 5 14
神瀬 - - 16 10
vip - - - 8 16
ランタン - - - 新人王 12 11
トロモロ - - - 7 13
かさまた - - - - 13 12
- - - - 13 13
ダンボール - - - - 12 12
レオンⅢ - - - 16 DH


投手成績

選手名
役割 登板 防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 奪三振 貢献度 一言
ディングレイ
(NW)
22 2.97 9 9 - - 136 1/3 57 33 来期は勝ち越しを
建部
(クロ)
21 2.65 9 6 - - 139 1/3 59 44 安定感で新人王
年俸倍増期待
(もろくず)
27 1.85 11 12 - - 199 2/3 161 44 好成績も負け越しは残念
バイロン
(like)
21 2.85 9 6 - - 129 1/3 41 32 次は2桁勝利を目指して
24REVERSE
(くろふね)
22 2.51 9 8 - - 147 0/3 80 40 上で安定してきた
瑠璃
(リュ~ト)
22 2.39 9 11 - - 150 2/3 51 38 負け越しも内容は悪くない
swallow
(燕)
51 2.06 7 1 2 20.2 96 0/3 57 50 RP王惜しかった
大津留勇樹
(ガロン)
59 1.92 7 2 1 21.0 112 2/3 62 48 最後で大活躍
変化球バカ
(はやお)
27 3.38 1 1 3 4.3 40 0/3 19 21 転生ですね
小早川弘美
(国内選手)
中継ぎ募集中
藤田昇平
(国内選手)
中継ぎ募集中
はぐりん
(スライム)
34 1.06 0 1 33 - 34 0/3 16 49 この防御率はお見事



投手査定表(20段階評価)

役割 選手名 AS B9 GG タイトル 投球
ディングレイ - - - - 11
建部 - - - 新人王 12
年俸倍増期待 - - - - 14
バイロン - - - - 11
24REVERSE - - - - 12
瑠璃 - - - - 12
swallow - - - - 16
大津留勇樹 - - - RP王 16
変化球バカ - - - - 10
国内 - - - - -
国内 - - - - -
はぐりん - - - 10



チーム内選手表彰


  • 野手

野手MVP 神瀬選手 

 高い打率と長打力でチームを引っ張る主砲が2年ぶり2回目のMVP受賞。
 あいかわらずレオンⅢ選手と共に大車輪の働きで、チームの主軸として申し分の無い活躍をみせてくれた。
 打撃技術は高いものがあり、キャリアも重ねてきてますます円熟味を増した打撃が見られそうだ。


注目選手 ランタン選手 

 今年度からSBの三塁手として加わった期待のルーキー。
 足を活かしたバッティングが得意で、初日から3割超の打率でルーキーながらいきなり5番に定着。その後も大きく崩れることもなく最後までその座を守り続けた。
 結果として見事新人王を獲得するにいたり、今後もSB打線の中核としての成長を大きく期待できる選手である。



  • 投手

投手MVP 大津留勇樹投手 

 今年度限りの引退を発表した中継ぎの主戦投手が最初で最後のMVP受賞となった。
 今まで地味ながらも鷹投手陣を支えてきた男が最終年にして、ついに最優秀中継ぎのタイトルを獲得。
 最後まで同チームのswallow投手とタイトル争いを繰り広げ、RP21.0の活躍で有終の美を飾った。
 来年度からは転生投手が再びSB投手陣を盛り上げてくれるに違いない。
 本当におめでとう、そしてお疲れ様でした。


注目選手 建部投手 

 今期期待の若手として紹介するのは、前年までチームのエースとして活躍したフラッディー投手の転生投手である建部投手。
 高卒ルーキーながら堂々とした投球で勝ち星を重ね、最終的には防御率2.65 9勝6負と申し分の無い活躍で新人王のタイトルを獲得した。
 前投手と同様にしっかり貯金を作ってくれる投手として、永くチームを引っ張っていってもらいたい。 





来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -