※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

99期チーム総括、来期への展望

若返りも相まって、昨シーズンは79期以来のBクラスという辛酸を味わった王広島。
覇権奪回を目指して望んだ第99期シーズンは2位ながら、優勝した巨人には19.5差をつけられる大敗を喫してしまった。
初日こそ、他球団の拙攻・拙守に勝星を拾い首位発進をしたものの、
どうにも噛み合わない投打の歯車に采配者も不安を感じていた。
その不安は的中し、2日目以降は負の連鎖に絡め取られたようにチャンスを作るも後1本が出ない野手陣。
その気落ちした所を狙われ集中打を浴びる投手陣。

とはいえまだまだ若手が多いチームだけに、課題が多いのも仕方が無いこと。
発展途上の若手選手が多い中で、これだけやってくれればたいしたものである。
記念すべき第100回には是非とも優勝を飾りたいものだ。

MVP

  • 野手 
Shangrila選手(選出者yf)
打率.317、本塁打19本とチームの中心打者として活躍したShangrila選手。
打撃成績もさることながら特筆しなければならないのは、遊撃手というポジションだということだろう。
遊撃という難しいポジションで守備率.986は胸を張れる数字だ。
来期以降も打撃に守備に、大車輪の活躍が期待される。

  • 投手 
西村12世選手(選出者yf)
先発として24試合に登板、1年間先発の軸として活躍した。
残した数字は防御率1.40、積み上げた勝ち星は12個と先発の鑑と言えるはずだ。
ノビのある直球で三振の山を築きあげる投球は、他チームの打者を震撼させただろう。
記念すべき100期に投手としての最も名誉ある賞。サイヤング賞の獲得に期待したい。

99期チーム成績


年度 順位 勝ち 負け 引分 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策 監督 コーチ
99年 2位 69 55 11 .556 .282 2.53 3.2 86 12 60 佐藤義

99期個人成績


登録野手

ポジション 選手名 製作者名 打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
ウラベ DDS .270 148 5 37 59 0 0 .464
ウズルイーフ 雷牙 .256 133 11 52 76 0 0 .991
聖・四式 sei .271 169 3 44 51 6 10 .985
ひき ひき .289 174 22 67 34 0 0 .980
Shangrila abba .317 190 19 71 70 0 0 .986
aqua aria .258 127 5 38 41 53 0 .977
落田 落田 .271 141 7 42 65 42 0 .985
しろ 柴犬 .286 165 6 44 39 0 .975
DH 高橋 山本 .312 181 8 50 45 0 0 -

登録投手

ポジション 選手名 製作者名 登板 防御率 S RP 投球回 奪三振
Gibson 18 2.51 7 5 0 0.0 118 1/3 51
ボインゴ なまもの 25 2.23 10 7 0 0.0 173 2/3 82
西村12世 悠登 24 1.40 12 5 0 0.0 193 1/3 193
前田健太 遅球王 24 3.01 11 8 0 0.0 173 2/3 106
エース エース 20 5.37 6 13 0 0.0 132 1/3 64
ジャニ吉 yf 24 3.36 8 8 0 0.0 147 1/3 57
霧雨魔理沙 ハムスター 35 1.67 5 1 2 11.0 59 1/3 28
涼宮遙 エロゲオタ 36 0.84 6 2 1 18.0 64 2/3 23
MAT matsuin 30 1.31 1 2 0 8.0 55 0/3 33
ロールケーク ロールケーク 20 0.87 1 0 2 8.5 41 1/3 26
オリヴァー オリヴァー 27 1.92 2 2 1 7.8 56 1/3 36
紅音ほたるJr. 潮吹きクイーン 26 3.24 0 2 23 0.0 25 0/3 27

祝!個人タイトル受賞者

選手名 タイトル
西村12世 最優秀防御率・最多奪三振
涼宮遙 最優秀中継ぎ・B9
Shangrila B9
高橋 B9
ボインゴ GG
ウラベ GG

入団・退団情報

  • 入団


  • 退団
MAT選手
チームを支えた優秀な中継ぎ投手の突然の引退。
まだ若く余力を残していた分、残念だという思いだけが残った。
広島カープはいつでも門戸を空け、待ってます。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -