※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2日目終了時点



プロやきうニュース!
本日もお送り致します!


第104回ペナントの2日目終了時点での順位からです!

順位 セリーグ パリーグ
1位 広島 西武
2位 中日 ソフトバンク
3位 巨人 日本ハム
4位 ヤクルト 楽天
5位 横浜 ロッテ
6位 阪神 オリックス

セリーグは広島と中日が勝率6割越え
3位以下とゲーム差が大きく開いています
昨期接戦を乗り越え優勝した横浜は、戦力ダウンはないものの波に乗り切れていません
首位に立つ広島はとにかく打ちまくっています
得点率はセリーグの他チームを1点以上引き離し、守備も安定しています
また、中継ぎは5人揃って好成績を収めている点も見逃せません
初日首位の中日は投手陣の踏ん張りが目に付きます
山口・ぴーちゃっ両投手が今一つも、ブレイズ選手が穴を埋める大活躍
中抑えも見事な成績を残し、広島を猛追します

続いてパリーグ
西武とソフトバンクが1ゲーム差でのデットヒートを繰り広げています
昨年1位・2位の両チーム
首位西武は先発を中心に投手が、ソフトバンクは打線がそれぞれリーグNo.1の成績を残し、チームを引っ張っています
直接対決ではソフトバンクが勝ち越しており、最終日の采配が非常に重要になりそうです


次は選手の個人成績にいきましょう
まずセリーグ野手部門からです

順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 aqua(広) atsiv (ヤ) atsiv(ヤ) らぶたん(巨)
2位 ウラベ(広) ヒキ(広) ウラベ(広) 聖・四式(広)
3位 らぶたん(巨) ソアラ(阪) しろ(広) たっちょん3(横)

強力打線でリーグを席巻している広島の選手の名前が多く並んでいます
打率部門では広島のaqua選手がトップ
これ程の成績を残していながら8番を打っている辺りに、充実ぶりが伺えます
本塁打・打点部門の2冠はヤクルト4番・atsiv選手
昨期もMVPを獲得し、選手としてピークを迎えており、打率はまだ上がってきていませんが、今期も有力候補です
盗塁部門は巨人のらぶたん選手が2位以下を大きく引き離し、指定席に座っています
今期はバットも好調で、出塁する機会が多くなっている事も関係している様です

次にセリーグ投手部門

順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 ブレイズ(中) ブレイズ(中) 西村12世(広) 霧雨魔理沙(広) 斉藤祐樹(広)
2位 前田健太(広) 前田健太(広) 前田健太(広) ロールケイク(広) 目指せ優勝(中)
3位 西村12世(広) 西村12世(広) ぴーちゃっ(中) YAUBI(巨) 太郎5(横)

防御率・勝利数部門にはチーム防御率首位・中日を支えるブレイズ選手
2日目を終わり被本塁打ゼロと安定感抜群です
16年目とベテランの域に達し、その力を遺憾なく発揮しています
3部門で2位に広島の次期エース・前田健太選手が付けており、最終日にどういった結果になるか注目です
奪三振部門は広島のエース・西村12世選手が奪三振率10に迫る快投
2位以下との差も開いており、6度目のタイトルが見えてきました
中継部門は広島・霧雨魔理沙選手
昨期も最優秀中継賞に輝き、今年もその快速球を武器にセリーグの打者をなで斬りにしています
抑え部門も広島の斉藤祐樹選手
昨期は不調だった様ですが、今期はチームの好調に合わせ、試合の最後を締めています

次はパリーグ野手部門

順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 Skullチノフ(オ) Skullチノフ(オ) Skullチノフ(オ) 赤星憲広(楽)
2位 レオンⅢ(ソ) 神瀬(ソ) ダンボール(ソ) レオンⅢ(ソ)
3位 西(日) カル2(楽) 博多っ子(ソ) 二軍の帝王(西)

つづいてパリーグに参ります
カール・ゴッチ選手(元日本ハム)の引退により、混沌とするタイトル争い
その中で打撃部門3冠に輝くのはSkullチノフ選手
過去にも1度達成し、今期再び3冠王が誕生するのでしょうか?
打率部門ではソフトバンクの3選手がそれぞれ追いかけます
打率・本塁打・打点で異なる選手が並んでおり、ソフトバンクの打線の繋がりを見て取れます
盗塁王争いは赤星憲広選手(楽)がトップを走っています
2位とは10個差であり、このまま逃げ切れるでしょうか?


最後にパリーグ投手部門です
順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 〈`ヘ’〉(西) 〈`ヘ’〉(西) 朝比奈(西) 中谷(西) 岸(西)
2位 芋洗坂職員(西) 24REVERSE(ソ) 有馬真帆(ロ) 大佐(日) 吉本亮(ソ)
3位 24REVERSE(ソ) 薊(ソ) 24REVERSE (ソ) リャマ(楽) マクレーン(日)

投手陣が好調の西武
その好調さを裏付ける様に全5部門でトップを守っています
防御率・勝利数で2冠は〈`ヘ’〉選手
快速球に高い制球力も備え、リーグ最多6完封と随所にその能力を発揮しています
しかし、勝利数部門は10勝が3人、9勝も3人とすぐに入れ替わってしまう状況だけに、最終日のピッチングに注目が集まります
奪三振は西武・朝比奈選手
今期もイニング数に迫る数の三振を奪っています
中継部門には西武の中谷選手
既にこの部門の常連で、今期は既に20RP近い数字を叩き出しています
抑え部門はこちらも常連の西武・岸選手
防御率1.21はパリーグのクローザー最高の成績で、三振も順調に稼いでいます


最後に今年の新人王は誰だ!のコーナーです

今季は候補者が少ないですが、セリーグ野手は中日の吉永2世選手が.290と健闘しています
守備でもセンターを守り、失策4と攻守に好調中日を盛り立てています
投手では巨人の先発3人衆が目に付きます
いずれも防御率は2点台前半
全員勝率5割以上と1年目から高い次元で争っており、数年後にはどうなっていくのか気になります

パリーグ野手は楽天・フェルナンデス選手、日本ハム・林威助選手がいずれも.280・10本塁打を越え、凌ぎを削っています
現在の所、打率・本塁打数でリードし、サードで失策1のフェルナンデス選手が優勢でしょうか?
投手部門は中継に好投手が揃っています
中継部門2位、日本ハムの大佐選手は防御率1.12とルーキーとは思えぬ成績を残しています
オリックスのアカヅキ選手もRPが10を越えており、新人王争い・最優秀中継賞争いは更に白熱しそうです


今晩もお付き合い頂き、ありがとうございました
今後も当番組を宜しくお願いします
それでは来季まで失礼します



来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -