※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 楽天104季総括



104季選手紹介



104季成績情報

  • チーム成績
年度 順位/(前回) 勝ち 負け 引分 連勝 勝率 人気 バントタイプ 盗塁タイプ 監督/カリスマ コーチ
104年 4位/(3位) 66 65 4 6 .503 150 3 10 古葉/85 佐藤義
  • チーム詳細
打率 防御率 安打 本塁打 盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 得失点差 自責点 非自責 失策率
.274 3.31 1298 100 67 71 459 3.4 490 3.6 -31 451 39 0.52
  • 個人成績

祝!個人タイトル受賞者

選手名 製作者 タイトル コメント
赤星憲広 ネギ 盗塁④ 4連続受賞。もはや速度違反切符は彼のためにある
黒木キャプテン あだち AS③ 連続出場でもはやAS常連に
ユニーク ワータル GG② 堅実な守備で二度目の受賞
さくらんぼ フルーツ GG⑤ 5度目の受賞でもはや常連化した。

104季を終えて

 昨季とほぼ同様の成績結果ではあったものの、とうとうBクラスに転落してしまった。要所要所の成長すべきところで、名無し化や成績の急降下で新戦力と入れ替わらざるを得ないチーム事情が浮上を許さないのだろう。ただ話合いもできているし、チーム戦力の一定の固定化が進んでおり、この状況が続けば数年先には優勝争いが見えてくるはずだ。
 打撃陣は要の4番打者が転生したのにも関わらず、ほとんど変わらない成績だった。変わったことといえば、他チームの捕手が成長したため盗塁数が2/3になったこと位で、得点率も打点も失策も前年並みだった。一人の引退で劇的に衰退することのない体質になったことは心強い。
 一方、投手陣は防御率が0.3ほど悪化した。先発陣は相変わらずキャンプ漏れなどで変化が激しく、成長しきれないのは致し方ないところだと思う。が、ゲームを進める中で感じたのは中継ぎ・抑え陣が成長しているのにも関わらず、要所で逆転弾を浴びることである。ピンチに登板するときではなく、回の当初から変更しても逆転弾を浴びることがあり、一発に警戒を施したいところだ。
 総評としてはチームは成長しているが、今後の育成についてはもう少しオープンに言いたい事を言ってもいいと思う。例えば守備起用法、打順、采配などだ。お互いが意識を持って注意を喚起すれば、もっと成長できるはず。仲良し集団としての励ましあいだけではなく本当に相手を思いやる“大人”なチームに成長すればさらに優勝に近づくことと思う。

TOPICS

  • 野手 野手がいい選手/製作者:マイナー
 堅実な二塁手の固定が課題だったチームに舞い降りた期待の二塁手。打撃は育成途上にありまだまだ目立たぬ存在だが、堅実な守備はチームに安心感を与えている。
 この選手を見ていると、打率における足の速さの重要性が理解できる。今季3割をキープした黒木キャプテンに似たタイプに成長していくことで将来の1・2番を担える逸材だ。

  • 投手 まぁ投手/製作者:まぁ
 中継ぎ陣の高い能力ばかりが目立つ投手陣において、今季は先発で唯一の防御率2点台をキープし、チームトップタイの11勝をマーク。順調に先発の柱として成長してきている。
 被本塁打も少なく、信頼感も徐々に高まってきた。今季は炎上することの少なくなかったパ投手陣で少しずつ頭角を現してくるはずだ、今後の成長過程に注目したい。


編集後記

 今季は久々に自身も采配してみましたが、今のパリーグはスピード感があってベストの状態で試合に臨む事が非常に難しいですね。特に優勝争いをした2チームは、その試合運びの上手さに唖然としたものです。
 さて我がチームは4位。投手陣の成績が前期より厳しくなりました。多少移籍がありましたので、補強はされているものの依然として若い投手陣には厳しいパリーグ打線ですので、捕手の成長に期待をかけています。
 来季はまたAクラスに復帰して、何年か後には優勝争いに絡めるようなチームとしたいですね。


文責:楽天/けんと

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -