※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 楽天105季総括



105季選手紹介



105季成績情報

  • チーム成績
年度 順位/(前回) 勝ち 負け 引分 連勝 勝率 人気 バントタイプ 盗塁タイプ 監督/カリスマ コーチ
105年 5位/(4位) 57 71 7 5 .445 150 3 10 古葉/80 佐藤義
  • チーム詳細
打率 防御率 安打 本塁打 盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 得失点差 自責点 非自責 失策率
.262 3.01 1240 101 61 54 382 2.8 472 3.4 -90 412 60 0.39
  • 個人成績

祝!個人タイトル受賞者

選手名 製作者 タイトル コメント
赤星憲広 ネギ 盗塁⑤ 盗塁○で5回目の盗塁王。もはや彼の足は伝説の域に近づいてきた。
フェルナンデス フェルナンデス AS① B9① 三塁手としての能力はしばらく頭抜けた存在として扱われそうだ。
ちびくろサンボ ヴェ・デウチ GG③ 久々の受賞、有終の美を飾った・
さくらんぼ フルーツ AS① 出場は特別枠の中継ぎだったが新変化球の威力が証明された。

105季を終えて

 年々悪化してきた成績がいよいよ最下位争いという最悪の局面に。ただ、能力はそんなに衰退したり、問題視されるものは少ない。小さくまとまりすぎているのだろうか。
 打撃部門は安定感があるものの、打率が約1割低下したのがさすがに問題だ。本塁打は例年と同じなものの得点率が激減している。補強をしばらく重ねるとともに、短命な選手生命について、少し議論の余地がありそうだ。
 投手部門は安定してきたものの相変わらず、先発の成長が課題。ある程度の能力が備われば打ち込まれないはずなのだが、マイナス特能の放置や満遍なく打ち込まれてしまう今の状態から早く抜け出したい。
 壁をつくるためのある意味の偏りも少し考えなければならないのだろうか。
 今後も打撃陣の主力の入替が相次ぐので、コンセプトをもう少し話し合いたいところだ。

TOPICS

  • 野手 フェルナンデス選手/製作者:フェルナンデス
 二年目ながらAS出場、B9選出とよい成績をはじき出している。このまま順調に成長すれば将来の4番候補筆頭だろう。
 選球眼もチャンスもほどよく成長しており、今後はミートの育成と称号を含めた総合プロデュースが課題というところか。コンディショニングがマイナス方向に動いた時に上手く凌げれば大選手への道が開けるはずだ。

  • 投手 リーフ投手/製作者:ミュー
 期待に違わぬ活躍を見せている先発投手。移籍後の後遺症も癒え、いよいよ本領発揮の12勝、2.15という防御率。
 外角、高め、ともに苦手な球団があるだけにパリーグ屈指の壁として育成できるはずだ。采配時にも気をつければ、より効果的な力を発揮するだろう。


編集後記

 更新が大幅に遅れ申し訳ないです。1ヶ月ちょっと厳しい環境が続くかもしれませんので愛読者の皆さんにはご迷惑をおかけしますが、ご了承下さい。
 それにしても・・・秋葉原の事件は衝撃的ですね。事件に巻き込まれないように皆様ご注意下さい。

文責:楽天/けんと

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -