※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

横浜ベイスターズ106年度


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -


チーム成績

順位 勝ち 負け 分け 連勝 打率 防御率 安打 本塁打
4 58 71 6 5 .265 3.44 1287 103
盗塁 失策 得点 得点率 失点 失点率 自責点 非自責 失策率
72 44 431 3.2 521 3.7 480 41 0.32


個人成績


  • 野手
選手名 製作者 守備位置 打率 本塁打 打点 盗塁 守備率
生牡蠣中る 捕手 .238 5 38 0 .439
茶金 コメット 一塁手 .274 30 81 0 .992
つかさ mick 二塁手 .213 5 38 1 .998
趙志達 appleパイ 三塁手 .264 18 47 0 1.000
リックス ハイド 遊撃手 .250 1 25 0 .998
たっちょん3 たっちょん 左翼手 .313 6 28 25 .987
マクロス7 マクレーン 中堅手 .267 4 39 46 .981
前田 まさうみ 右翼手 .275 9 37 0 .982
アウグス pio DH .278 25 75 0 -

  • 投手
選手名 製作者 役割 登板 防御率 勝ち 負け セーブ RP 投球回 奪三振
フィリ夫 格闘家 21 2.18 9 6 - - 152 2/3 50
アナトリエヴナ わふー 23 4.19 4 9 - - 139 2/3 51
ソニア タティス 23 3.77 3 12 - - 145 2/3 57
寿司 22 2.24 11 3 - - 140 1/3 68
佐藤祥万 akito18 22 5.37 3 13 - - 112 1/3 56
高井雄平 竜魔 24 4.95 2 12 - - 120 0/3 47
長島伸一 国内選手 54
限界
4.20 2 5 1 2.3 70 2/3 37
風神 雷神 52 1.84 6 1 3 18.8 97 2/3 42
ブルータス4 かえ猿4 50
限界
2.16 5 1 2 11.8 75 0/3 33
ドルフィン早瀬 煮物 47 3.25 5 2 0 8.8 80 1/3 39
DISNEY 51
限界
3.36 5 5 1 5.2 91 0/3 43
しょうⅣ しょう 30 4.40 3 1 22 - 30 2/3 19

リーグトップ
ゴールデングラブ ベストナイン GG+B9(選手名)
第106期4位で終了
  • 暗い話
3年連続の打率最下位という打力の落ち込みに加えて
エースの抜けた穴は大きく計算できる試合が激減
  • 最後のぼやき
打って勝つ路線は主軸の引退により途切れています
勝てるかどうかはともかく、これからどういうチームにしていくのか意見をください
意見がなければ独裁者が勝手にコーチを決めます
  • 野手
マクロス7、又も貢献赤字に今季は十分活躍しているように見えるのだが
あえて言うなら失策が多くFPが少ないのがそれぞれマイナス方向に振れるくらいの数字だったのか?
たっちょん3、 3割超えたー 出率も.382と絶好調
ワナワナ言われたものの一つを取ったシーズンだったが素晴らしい成績だ
茶金、本塁タイトルまで後一本に泣く、その一本で通算本塁打も400だっただけに色々惜しい
また新人の趙志達と前田の二人が相当打ってくれた事が最下位脱出に繋がっている
特に趙志達はいきなりの18本塁打で新人王も獲得凄いわ
生牡蠣中る、何とかセーフ
  • 投手:先発
一発病二人に打たれ強さ××一人と負け運一人
ただ新人高井雄平にノビ以外のマイナスがつかなかったのは良かった
ソニアは何故なのかと思うほど運が悪い、毎回能力の割に打たれるし勝ち星が伸びない
三振の取れる変化球でないとダメということもあるまいに
先発で平均7回を投げきっているのがフィリ夫のみなのが辛い
勝ち頭である鐸も規定投球回ギリギリで殆どの先発が中継ぎに頼る状況
  • 投手:救援
エースの抜けた先発陣の投球回が減少し、その影響をもろに受けた
ブルータス4とDISNEYの二人が登板限界を突破してしまうという異常事態
風神様高い回復で耐えきり成績も防御率1点台にRP18.8と高目安定
しょうⅣさん抑えはブレが大きい事がよくわかる少し不運が重なると取り返せない

チームトップに掲げてある通り 投手募集中