※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第113回


みなさん、どーも。
"身勝手にデータを集めて楽しんでみる"、略して"勝手にデータ集"。
そのまんまじゃないかという突っ込みはなしで今日もいきましょう。

今回のテーマ

目指せロドリゲス二世~国内選手達の活躍~


え?テーマが変わってる?あんなの嘘に決まってるじゃないですか。
いや、本当は途中で大きな欠陥が見つかったから変更してるってのもあるんですが。

名前 球団 成績
ハンク 横浜 率.239 2本 8点 0盗塁
ロゴ 横浜 率.223 2本 14点 0盗塁
エドガー ヤクルト 防0.00 0勝 0敗 0S
アネルカ 中日 率.245 0本 14点 1盗塁
yaru 中日 率.217 1本 11点 0盗塁
ラファエル 中日 防3.45 1勝 0敗 0S
別所耕一 西武 防4.50 0勝 0敗 0S
マネージャー 楽天 防1.98 1勝 0敗 0S
神☆戦国大名 楽天 防3.55 0勝 0敗 1S
鷲尾政彦 楽天 防2.45 0勝 0敗 0S
杉下久信 ソフトバンク 防3.56 0勝 3敗 0S
零号機 ソフトバンク 防1.75 4勝 1敗 0S
アーたん ソフトバンク 防1.69 0勝 1敗 1S
ホイミスライム ソフトバンク 防2.63 1勝 0敗 0S
蓑田明雄 日本ハム 率.237 1本 8点 0盗塁
山根雅敏 日本ハム 防2.66 0勝 2敗 0S
小林久志 日本ハム 防3.44 1勝 3敗 0S
若菜努 日本ハム 防6.23 1勝 1敗 1S
長谷川一郎 日本ハム 防2.84 0勝 1敗 0S
三浦哲治 日本ハム 防3.86 3勝 1敗 1S

まずはセリーグ。

横浜には二人。
一人は今期入団のハンク選手。
期待の助っ人でしたが打率二割台前半とやや期待にこたえられていません。
もう一人はロゴ選手。
将来を期待されていた選手でしたがキャンプをしなかったのか原因でしょうか、平凡な選手になっています。
しかし、チームトップの14犠打をしており、こっそりとチームに貢献しています。

ヤクルトには一人。
こちらはエドガー投手。驚くなかれ、なんと今期で15年目。
今期はまだ一度しか登板していませんが、これから彼にスポットライトが当たる事を願います。

中日には三人。
アネルカ選手は今期助っ人として入団。
そして見事にショートの穴を守っております。これからに期待ですね。
そしてyaru選手。やはり未キャンプが原因でしょう。いたって平凡です。
ただ、守備は一応うまいので、そこだけは救いというところでしょうか。
最後はラファエル投手。
こちらは比較的痛打を浴びる場面が多く、解雇寸前との声もあります。

お次はパリーグ。

西武には別所耕一選手。
今期はまだわずか2登板。
実力を発揮することなくシーズンを終えてしまうのでしょうか。

楽天にはマネージャー選手、神☆戦国大名選手、鷲尾政彦選手の三選手が所属。
特にマネージャー選手は今期で17年目を迎えたベテラン選手です。
ですが、監督とウマが合わないのか。三選手とも登板機会に恵まれていません。

ソフトバンクには四選手。全て投手です。
ホイミスライム選手は今期12年目の選手で、今期もなかなかのピッチングを見せており、
今年一年目の零号機選手も先発としてはまあまあな成績を残しています。
アーたん選手も防御率1点台と安定感抜群。
国内選手の使い方がうまいと言える球団でしょう。

日本ハムには最多の六選手。
投手だけで五選手いる日本ハムですが、全員が見事なほど期待を裏切っている成績です。
ここから国内選手の星は現れるのでしょうか。


さて、いかがでしたか。
前回にも書きましたが、この"勝手にデータ集"は初日終了時に書いてるので全くアテになりません。
さらに"勝手に"なのでほんとうに自分勝手に決め付けちゃってます。
まあ、こんなのを見る人は回を増すごとに減っていくのは間違いないでしょうね!
それでは次回、114期初日全試合終了後まで。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -