※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第116回


みなさん、どーも。
"最近我がチームがまた殺伐としてまいりました"、略して"勝手にデータ集"。
そんなのどうでもいいよという声はスルーしてさっそく行ってみましょう。

今回のテーマ

固めて固めて固め打ち~猛打賞ランキング~


一試合に三本以上安打を打つことでもらえる猛打賞。
今回はその安打製造機にはかかせない猛打賞ランキングを見てみることにしましょう。


名前 球団 猛打賞回数
VIP ソフトバンク 10
荒木雅博 中日 10
西武 8
マッケンジー オリックス 8
新見 楽天 8
天神要θ ロッテ 7
オマービスケル 楽天 7
横浜 7
遠野美凪 中日 7
十六夜咲夜 巨人 7
コウ 巨人 7

まずトップの10回はソフトバンクのVIP選手と中日の荒木雅博選手。
VIP選手はソフトバンクの二番打者として、中軸に確実にヒットでつなぐ安定感のある打撃が売りです。
また守備もうまく、今期既にFP10を記録しています。
荒木雅博選手は中日の一番打者。打撃だけでなく、走塁・守備のレベルも高いです。
特に盗塁はここまで13盗塁。盗塁ランキング3位にいます。

ランキング3位タイは三人。
このうちマッケンジー選手はオリックスの四番打者。
得点圏打率も.323と高く、四球25はチームトップ。
不調に沈むチームを支える選手の一人です。

ランキング6位タイは六人。
このあたりだとチームを代表するような巧打者が続々と出てきます。
そんな中、三年目の横浜、銚選手には期待が持てます。
打率は.321でリーグ四位。63安打はもちろんチームトップ、リーグ内でも三位です。
また、巨人のコウ選手も面白い選手。
巨人に移籍してから才能が大きく開花、今や巨人の一番打者となっています。
盗塁数18はリーグ二位。さらに荒川コーチの指導のおかげで長打力にも磨きがかかっています。
ただ、打たなくていい球にもやや手を出しぎみで、打率を落としているのがもったいないのでそこが課題でしょうか。


いかがでしたでしょうか?
今回のランキングは比較的上位打線に集中する結果となりました。
しかし、ひょっとすると「9番に三割打者を置く」というのも面白いかもしれません。
まあ、あくまで面白いかどうかであってチーム的にはややマイナスかもしれませんがね。
それでは次回、第117期初日全試合終了後にお会いしましょう。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -