※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

       ゝ > 、   `; ;  またまたお久し振りだアッー!
       Yヘ|  -≧y ,_!ソ  今日はパアッー!・リーグの解説にも手を出してみたぞアッー!
        ー   y、ュヾ/   セリーグのネタが無くなったんだろ?とか言ってるお前。うるせぇ!
        ゝ  T三ゝ/   

MVP・新人王分析


野手MVP ようび内野手(遊/L)

118期打撃成績
.292 23HR 79点 0盗塁

分析

西武の誇るMr.Friday
確かに鯖の遊撃手で2割9分、23HRと言うのは驚異的な数字だ。
それ故打撃能力にばかり目が行きがちだが、守備面でも目を見張る能力を持つ。
堅実さに加えて守備意識5の超積極的な守備で投手を助けている。
最近は守備を余り重視せず打撃に重きを置く守備ポジションの選手達が多く見受けられる。
そう言った点においては、彼の姿には大いに見習うべき所があるだろう。


投手MVP・沢村賞 宮沢有紀寧投手(先発/F)

118期投球成績
1.61 17勝 163奪三振

分析

高い制球力・高速ストレートに加え、
経験から得た特殊能力で身を固め、長期間に渡ってファイターズのエースとして君臨した。
絶対的な壁としての彼(彼女か?)の存在がもたらした物は大きいだろう。
そして引退年となった今年、手に入れたCランクの評価と共に単身甲子園に乗り込んだ。
彼の活躍に大いに期待したい。


野手新人王


しっかりしろよ


投手新人王 ウォッカ投手(先発/L)

118期投球成績
3.29 4勝 三振 44

分析・これからの課題

作り直しの為コメント省略


各球団ピックアップ


東北楽天イーグルス

野村克也捕手

一見何処も変わった所の無い、少し打てる捕手…だが
注目すべきはこの若さだろう。
23歳にしてこの領域に辿り着いているのである。
最高のコーチに恵まれ、彼は何処まで行くのだろうか。
ノムさんの名に恥じぬだけの捕手にまで成長して欲しい。


オリックス・バファローズ

浅井京介投手(先)

長らく先発陣の伸び悩みに苦しんで来たオリックスに現れた期待の星。
悪い特殊能力を消し切れていないのが心配だが、能力に関しては高いレベルに仕上がって来ている。
牛島監督の去りし後は左右の制球を地道に強化し、スローカーブをD-C程度まで鍛え上げると良いだろう。
但し体力に余り余裕が無いので注意。
完成されつつある猛牛打線に応えられるだけの成長を期待したい物だ。

さあ、大阪の夜明けは目の前にある。
若き猛牛よ、強くなれ。
今勝たずして何時勝つのか!


西武ライオンズ

DARU外野手(右)

DHや一塁手としても通用するような打撃力と
投手に迷惑を掛けない守備能力を併せ持つ模範的右翼手。
安定を求めるのが難しいこのポジションに於いて、高いレベルの成績を維持出来ているのは賞賛に値する。
体力も非常に上手く残しており、これから息の長い活躍が期待される。
今後両翼を担う選手の育成に迷った時は彼を手本にするのが良いのではないだろうか。


ハイパーゴキブリ

古畑「んふふwwwゴキブリさん。あなたは実に速い。速過ぎます。はい」
G「それほどでもない」
古畑「んふふwwwゴキブリさん。あなたは実に謙虚だ。謙虚過ぎます。はい」
G「それほどでもない」
古畑「お察しします」

この会話はフィクションです。



福岡ソフトバンクホークス

てん外野手(中)

このコラムでは原則として若手-中堅を選出する事に決めているが、彼だけは特別だ。
彼の能力値を見てまず目を見張るのが赤く染められた能力群。
ムード○ を持っている所も評価出来る。
これはもう1つの球団一筋でどうやって辿り着いたのか、と言う領域だ。
人気も高く、この調子であれば選択を間違えない限り―――引退後に面白い物が見られるだろう。


北海道日本ハムファイターズ

モッツァレラ2投手(先)

若い先発陣を多く抱えるファイターズに於いて、一つ頭抜けた投手。
コントロール重視の直球とカーブで勝負する古典的先発投手だ。
タフの低さが心配だが、安定感を引くと言う強運によって上手くカバーされている。
昨季MVPの宮沢が引退した今、暫定的エース。
先発陣の先頭に立って引っ張らなければならない。
若い彼にはかなりの重荷だろうが、根性でも何でも良いから兎に角乗り越えて欲しい。


千葉ロッテマリーンズ

九蓮宝燈内野手(遊)

若手を選ぶ原則を無視してまた選んでしまった。
まず最初に見た時思ったのは、二岡。
良いから二岡早く三塁守備何とかしてくれよ、変なアナウンサーなんて無視してさ

さて、彼についてだが
前述の通り二岡的な能力を持ち、しっかりと能力を発揮し活躍している。
打撃は勿論の事、特殊能力の取得順には決して守備は無視しないと言う意思が現れている。
度重なる不運に苦しむロッテを彼がどう引っ張るか、注目である。


―――――――

~~メッセージ~~
執筆者はセ住民の為、正直言ってパリーグは余り注目していませんでした。
間違った解説が多分に含まれていると思いますが、宜しければご指摘をお願いします。