※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第119回


みなさん、どーも。
"リアルASのTBS自重しろ"、略して"勝手にデータ集"。
TBSがひどいのは今に始まったことじゃないだろという声はスルーしてさっそく行ってみましょう。

今回のテーマ

うちの女房の肩は凄いんですよ~盗塁阻止率~


え?またテーマが変わってる?気のせいですって。
履歴とか本当見ても何もありませんからね?挫折とか妥協とかそういうことではないですからね?

さてさて、捕手にとって一つの武器である肩。
俊足選手の盗塁を刺すのはある意味捕手の生きがいとも言えるでしょう。
そんなわけで今回は捕手の盗塁阻止率を集計してみました。

名前 球団 阻止率
鉄6世 ヤクルト .375
ゴーストQ 広島 .366
もぐもぐ 巨人 .257
鬼女郎 中日 .414
アッカーマン 横浜 .363
デイデイ3 阪神 .250
細川 西武 .481
ケンドール オリックス .400
野村克也 楽天 .285
古河渚 日本ハム .240
ひまり ロッテ .400
ディドル ソフトバンク .320

そもそも盗塁阻止率、数値に出すほどあまり頼りになるとはいえません。
何故ならば、盗塁する選手が少なかったり、投手のピッチングやクイックモーションがうまかったりするだけで数値が変動してしまうからです。
しかし、だからと言って完全に当てにならない、というわけでもないでしょう。
首位のヤクルトの鉄6世選手が3割後半、同じく首位の西武細川選手にいたっては4割後半を記録しているのがその証拠です。
この表では4割超えが多いですが、捕手のボーダーライン的には3割~3割5分ってところですかね?あまりに主観的な意見ですが。
若手の人達には特に数字に残しにくいところですが、盗塁阻止率歴代ランキングベスト30を目指すには4割超えがまず必須となるので頑張って欲しいですね。

いかがでしたでしょうか?
ちなみに盗塁阻止率歴代ランキングのトップである元中日の流星の如く選手は、なんと脅威の.550という成績を残しています。
しかし残念ながら、筆者はこの選手についてよく分かっていません。本来ならここで特別に取り上げるべきだったんですが・・・。だれか詳しい情報を知っておられる方、ご一報ください。
それでは次回、第120期初日終了後に・・・と、その前に!

来期は120期、君が選ぶオールスターが開催される期であります。
そこで、次回はそれを記念して、少しいつもとは違う内容でお送りします。
どう見ても筆者の自己満足な上に他の方々の何番煎じになってしまいますが、そこは目をつぶって見過ごしていただきたいです。

それでは改めて次回、第120期初日終了後にお会いしましょう!


来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -