※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2日目終了時点



五輪に負けるなプロやきうニュース!
3日目開幕前ですがやっちゃいます!


まずは第120回ペナントの2日目終了時点での順位からどうぞ!

順位 セリーグ パリーグ
1位 ヤクルト 西武
2位 巨人 ロッテ
3位 阪神 楽天
4位 広島 ソフトバンク
5位 中日 日本ハム
6位 横浜 オリックス

セリーグは昨年の覇者ヤクルトが今季も首位にたっています
チーム防御率が2.06と好調の投手陣がチームを引っ張ります
4.5ゲーム差で追うのは昨季2位に終わった巨人
ヤクルトとは対照的にこちらは得点率4.0という凶悪打線で優勝を狙います

続いてパリーグ
こちらは大勢が決した感じか!?
西武が2位ロッテになんと16.0ゲームという大差をつけて首位に立っています
2位のロッテは昨季の最下位という屈辱からすれば喜ばしい順位でしょうがこのゲーム差に戦意を喪失することなく最後まで戦い抜いてほしいところです


次は選手の個人成績にいきましょう
まずセリーグ野手部門からです

順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 SOLEIL(巨) SOLEIL(巨) コウ(巨) はな(広)
2位 はな(広) ぶんぶん(阪) 藤岡藤巻(巨) ブリアン(広)
3位 めりーん(ヤ) D・オルティス(ヤ) SOLEIL(巨) 荒木雅博(中)

まず打率部門の注目は巨人のSOLEIL選手
打率・本塁打部門で1位、打点部門でも3位に付けており最終日の結果次第では三冠達成もありそうです
盗塁部門では広島のはな選手・ブリアン選手が1位2位と赤ヘル対決が最終日を盛り上げてくれそうです

次にセリーグ投手部門

順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 羊水の雨(中) アナリスク9(ヤ) 建部(広) 諸葛斬(巨) 御剣冥夜(広)
2位 アナリスク9(ヤ) 半蔵(阪) 水巻(阪) クドリャフカ(阪) 真崎(ヤ)
3位 水巻(阪) 中村直志(巨) 夕凪(巨) ティアナ(広) ジャーポ(巨)

防御率では中日羊水の雨選手・勝利数はヤクルトのアナリスク9選手・奪三振は広島の建部選手と
先発3部門のトップの選手はバラけており現在のセには圧倒的なエースはいないといた感じでしょうか?
中継ぎの優劣を示す一つの指標であるRPはトップが巨人の諸葛斬選手
投手力のチームであるヤクルトの選手が3位までに入っていないのは先発が優秀であまり中継ぎに出番が回らないということでしょうか?
セーブ数では広島の御剣冥夜選手がトップ
やや下降気味のチームにとって投手陣の後ろがしっかりしているというのは今後に向けての好材料といえるでしょう


続いてはパリーグ野手部門です

順位 打率 本塁打 打点 盗塁
1位 小西(オ) レミリア・S(ロ) DARU(西) G(西)
2位 Ω(日) ようび(西) ようび(西) 亡骸(ソ)
3位 痴豚(西) 憲史(楽) 憲史(楽) 天神要μ(ロ)

打率1位はオリックスの小西選手
残念ながら最下位にあるチームの中で明るい話題をもたらしています
本塁打部門は2位ロッテの4番レミリア・S選手がトップ
見た目にはパワーよりの長距離打者というよりは巧打力もある中距離打者といったところですがこのままタイトル奪取といくでしょうか?
打点ではさすが得点率4.0を誇る西武
1位2位をDARU選手・ようび選手で争っています
盗塁部門でもトップは西武のG選手
打つほうもさることながら走れることで得点率を上げているのでしょう

最後はパリーグ投手部門
順位 防御率 勝利数 奪三振数 RP セーブ数
1位 灰熊(ロ) 灰熊(ロ) スメラギ(西) 夕景の記憶(ソ) レイチェル(西)
2位 スメラギ(西) スメラギ(西) 灰熊(ロ) トロモキ8世(西) 福知郁(ロ)
3位 藤林椋(楽) K(西) 藤林椋(楽) TERU(ソ) 伸☆戦国大名(楽)

昨季のベテラン2人によるタイトル争いから一変
これまであまりタイトル争いに顔を出すことが無かった選手たちが鎬を削っています
防御率・勝利数でトップに立つのはロッテの灰熊選手
過去にノーヒットノーランを達成したことがある実力者ながらここまでタイトルとは無縁のこの選手が初のタイトルを受賞するのか?
しかし両部門でも2位につけているのは奪三振部門トップの西武スメラギ選手
チームも好調の中投手三冠も狙えそうです
防御率・奪三振で3位につける藤林椋選手もあなどれない存在
パリーグ先発部門は各チームのエース同士がタイトル争いをくりひろげます
RPでは昨季中継ぎでありながら規定投球回を投げきり0点台で防御率のタイトルをとったソフトバンクの夕景の記憶選手
さすがに昨季の30越えという数字を残すのは難しいかもしれませんが今季も安定した結果を残しチームを支えています
セーブ数はチーム順位そのままに西武・ロッテ・楽天の順となっています
西武レイチェル選手が昨季に引き続きタイトルを受賞するのか?
あるいはロッテの福知郁選手・楽天の伸☆戦国大名選手が食い下がるのか
チーム状況の上下とあわせて注目したいところです

最後はもちろんこのコーナー!今年の新人王は誰だ!

まずはセリーグ野手部門
5人の新人野手の中でやや抜け出しているのは横浜の花園薫選手でしょうか
捕手という守備の重責をこなしながら出塁率3割を越えてがんばっています
新人王をとりそれをきっかけに不振の横浜を救う存在となってほしいところ
続いて投手部門はヤクルトの中継ぎ風唄*風花選手
防御率が新人にして脅威の0点台でRPも7.75とここまでは立派な成績を残しています
チームがこのまま優勝すれば投手新人王に一番近い存在と言えるでしょう

今度はパリーグ野手部門
こちらはオリックスの平塚平選手でしょうか
打率が.282、出塁率は.340と高卒野手として立派な成績を残しています
パワーを買われて入団してきただけに本塁打数をもう少し増やしていきたいところでしょう
投手部門は熾烈な争い
ソフトバンクの新人守護神セフィリア選手はここまで20セーブを上げており防御率も1点台で新人王の資格は十分
しかしロッテの中継ぎマギー選手もその可能性はあるでしょう
同じく防御率は1点台でRPが12.4は新人ながらチームトップ
最終日にこの成績がどうなっていくか注目です



さて今季のプロやきうニュースも終わりの時間となりました
オールスター魔空間発動があったり楽しいことになってるみたいですが、サバイバルペナントの楽しさは永久に不滅です!

それでは今日はこのあたりで失礼します
また次回!



来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -





  • いつもこのコーナーを更新していた者です。
    昨日は諸事情で更新できませんでしたが、本当にありがとうございます。
    今後はまた続けていけるかと思いますが、今後もお時間がありましたら宜しくお願い致します! -- (名無しさん) 2008-08-07 20:00:05
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る



来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -