※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

122期チーム総括、来期への展望

昨期の雪辱を果たすべく、チーム一丸となって挑んだ122期。
初日、2日目と首位とは2ゲーム差以内の好位置をキープするも、首位で終われない状況にモヤモヤが募る。
不安を抱えたまま迎えた最終日、戦力の差を見せ付けられ終わってみれば巨人さんに独走を許す形となってしまい、首位と8.5ゲーム差の2位でシーズンを終えた。
順位こそ上がったもののこのゲーム差を見ると素直に喜べない部分がある。
だが、チャンスの場面での集中力を養い得点圏打率ベスト3を独占し、昨期までの課題であった得点不足を解消、
また失策数も減り選手個人、またチームの成長が見られる1年であったに違いない。
来期は各球団、主力の引退が予想される。
この機に優勝の2文字を勝ち取り、再び広島の時代を迎えたいものだ。


MVP

  • 野手 
pochi選手
走・攻・手、三拍子揃った万能プレイヤーが本領発揮。
打率.314、本塁打19、打点66はいずれもチーム2位、長打率.506、得点圏打率.335はリーグ1の成績である。
また守備率.995と二塁手疋、中堅手矢部らと共に幾度となく投手陣を助けた。
来期は3割30本30盗塁を目標にがんばってもらいたい。


  • 投手 
西村姉貴選手
2日目まで防御率1点台、11勝1敗と抜群の安定感を見せつけた。
最終日はやや足踏み状態であったがそれでもエースとして十二分の働きをし、最多勝、最高勝率、奪三振王の3冠に輝いた。
来期以降も今期以上の活躍に期待したい。



122期チーム成績


年度 順位 勝ち 負け 引分 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策 監督 コーチ
122期 2位 67 59 9 .531 .279 2.76 3.2 89 179 43 長嶋 高井

122期個人成績


登録野手

ポジション 選手名 製作者名 打率 安打 本塁打 打点 四球 犠打 盗塁 守備率
ゴーストQ DDS .316 179 11 62 48 0 0 .343
ギャレット 山本 .277 156 25 79 35 0 0 .995
hiki .272 144 9 44 50 0 23 .991
プリン ブリッコ .219 102 3 21 21 47 16 .936
Pochi abba .314 167 19 66 19 0 29 .995
はな 政宗 .299 179 2 35 40 0 57 .987
矢部 凡田 .286 165 5 37 16 40 54 .992
岡井ロケット gari .269 143 9 41 24 1 0 .971
DH テノ ヤンマ .246 120 6 32 35 16 0 -

登録投手

ポジション 選手名 製作者名 登板 防御率 S RP 投球回 奪三振
西村姉貴 悠登 23 2.02 14 4 0 0.0 164 2/3 163
嘘だといってよ バーニィー 24 2.77 10 9 0 0.0 172 0/3 129
ジャニ丸 yf 24 2.88 7 10 0 0.0 156 0/3 84
白夜 アサシン 23 1.85 10 7 0 0 174 2/3 116
具臺晟 遅球王 22 3.54 8 9 0 0.0 139 2/3 68
徳田 クロ 19 4.49 3 10 0 0.0 102 1/3 37
射命丸文 ハムスター 40 3.53 6 2 3 13.6 74 0/3 52
ティアナ マークX 37 3.02 1 3 0 4.3 83 2/3 46
鮫山信夫 団子丸 35 2.12 3 2 0 7.5 63 2/3 42
榎木津 京極堂 28 2.64 4 1 0 6.5 44 1/3 17
山沖隆 国内選手 22 2.15 1 1 1 6.1 29 1/3 13
御剣冥夜 エロゲオタ 30 1.20 0 1 28 0.0 30 0/3 19


祝!個人タイトル受賞者

選手名 タイトル
pochi 野手MVP・B9
西村姉貴 投手MVP・最多勝利・最多奪三振・最高勝率・B9
ゴーストQ 最高打率
ギャレット 最多打点・B9
矢部 最多盗塁・GG
御剣冥夜 B9・GG
はな GG


入団・退団情報

  • 入団


  • 退団



来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -