※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

125年度ヤクルトスワローズ成績

順位 勝率
6位 .364 47 82 6

打率 防御率 安打 本塁打 盗塁 得 点 失 点 失 策 得点率 失点率 失策率
.243 2.79 1140 83 0 316 425 72 2.3 3.2 0.54


つば九郎メモ
2日目までは最下位脱出できそうだったけど、最終日は野手の貢献回復に追われたためまた最下位・・・。
育成期間は続く・・・・。まあ、人はいるのでなんとかなる・・・・はず。
今期限りでダブルエースの風の子投手恵比寿投手が引退、お疲れ様でした。


野手成績

選手名
(製作者)
守備位置 打率 本塁打 打点 盗塁 守備率
鉄6世
(GUN)
捕手 .220 3 21 0 .345
藤原妹紅
(李)
一塁手 .229 14 51 0 .991
炭酸水
(糸音)
二塁手 .256 14 50 0 .984
アジャパ。
(ape)
三塁手 .257 5 20 0 .973

(零)
遊撃手 .265 5 24 0 .977
射命丸
(青狸)
左翼手 .251 6 19 0 .969
R・アシュバーン
(むんむー)
中堅手 .283 6 34 0 .990
でいもん
(CARROT)
右翼手 .244 21 56 0 .977
KAMSLK
(KAMSLK)
DH .181 9 32 0 -

  • 野手総括
相変わらず苦しい打撃陣。
長打巧打がどちらかがC以上の選手が一人もいないので当然か・・・。
ですので、できる限り 長打コーチを使って 長打力を向上していくのが打力改善への近道か。

Pick up!
  • R・アシュバーン
今期チーム最高打率を叩き出し、守備でも45FPと今やヤクルトの中心選手。
前回の飯田哲也選手とは違い走力は無いが、その分選球眼、巧打力があり、
飯田選手唯一の課題だった出塁率の低さを克服。
ほんとは一番に固定したいけど若手の貢献回復のために
下位打線を打ったりクリーンアップを打ったりと色々大変だがそれでも数字をキチンと残すのが凄い。



投手成績

選手名
役割 登板 防御率 勝ち 負け セーブ RP 奪三振
アナリスク・A
(なめクオリティ)
23 3.77 4 13 - - 65
どらきち
(どら)
23 5.42 4 16 - - 47
恵比寿
(エビス)
22 2.05 8 7 - - 86
風の子
(明日は給料日)
22 1.23 10 8 - - 104
えりーん
(mee)
22 4.11 4 15 - - 70
前田慶次
(みよりん)
22 1.63 6 13 - - 78
リ´ゥ`oリ
(小春)
30 3.00 3 3 1 4.7 28
じしょうX
(しょうさ)
32 3.50 1 1 0 1.8 34
緋川
(ハイドラ)
35 1.77 2 1 1 9.8 35
風唄*風花
(M)
31 1.87 4 1 1 9.2 27
ワッカ
(頌栄)
33 2.95 0 2 1 5.0 34
守護神
(真崎)
22 2.14 1 2 19 - 3

  • 投手総括
先発が好投で僅差でこちらがリード→スタミナ切れてもなぜか続投
→被弾で逆転→打たれてから中継ぎ登場→\(^o^)/
という黄金負けパターンを確立してしまった。
というか上でも書いたけどダブルエース引退はやばい。が、
中継ぎが1点台2名とだいぶ整備されてきたのでなんとかそれで乗り切っていくしかない。

Pick up!
  • 風の子
今期は見事に昨期の不調の雪辱を晴らし、防御率1点台前半、チーム唯一の2桁勝利、
ASMVP獲得と有終の美を飾った。
彼の持ち味は抜群の制球力。通算与四死球率2を切っていることからもそれはうかがい知る事ができる。
しかしそれだけでなく球速もあり対ピンチや駆け引きもあるという完成された投手。
1つ年下の恵比寿投手と共にアナリスク9投手が抜けた投手陣の穴を見事に埋めてくれた。
最後にもう一度、恵比寿投手も同じく長年お疲れ様でした。






セリーグ3位以内の個人成績及びGG,B9,MVP,新人王獲得者
  • 風の子投手 が防御率2位! ASMVP 獲得!

以上!(泣)