※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

126年度ヤクルトスワローズ成績

順位 勝率
6位 .328 43 88 4

打率 防御率 安打 本塁打 盗塁 得 点 失 点 失 策 得点率 失点率 失策率
.255 3.46 1237 96 2 371 528 62 2.7 3.9 0.46


成績のみを代理で入力したので、寸評等はいつもの人が来るまでお待ち下さい。

ありがとうございます。byいつもの人

つば九郎メモ
ぶしゅー・・・・また最下位。
といっても、野手を中心に若手がだいぶ育ってきたし、
今オフから4強の主力の転生が始まるのでそろそろ戦えるチームになりつつある。
勝てるチームになるにはもう少し時間がかかるか。


野手成績

選手名
(製作者)
守備位置 打率 本塁打 打点 盗塁 守備率
鉄6世
(GUN)
捕手 .229 2 25 0 .360
藤原妹紅
(李)
一塁手 .286 16 49 0 .994
炭酸水
(糸音)
二塁手 .265 23 53 0 .995
アジャパ。
(ape)
三塁手 .256 9 49 0 1.000

(零)
遊撃手 .248 8 37 0 .976
河城にとり
(青狸)
左翼手 .278 5 22 0 .974
R・アシュバーン
(むんむー)
中堅手 .250 5 31 0 .991
でいもん
(CARROT)
右翼手 .218 11 41 0 .971
zeke
(zeke)
DH .260 17 53 0 -

  • 野手総括
ようやく荒川コーチの効果が出始めたか、得点率は3期ほど前より0.5up。
エース前田慶次選手が盾となってくれて、比較的自由に動けることができたのも僅かながらも効いたか。
守備面もコーチ雇用による能力アップに期待。



Pick up!
  • 炭酸水
まだ4年目、そして守備ポジであるセカンドを守っていながらリーグ三位の23本塁打。
巧打力は無いけど選球眼はあるし「当たればデカイ」と表現するにふさわしい活躍。
といっても打率も結構あるし、これはうらやましい。
肝心の守備面でも僅か3失策。これからのコーチ練習によりFP数も伸ばしていくことになりそう。




投手成績

選手名
役割 登板 防御率 勝ち 負け セーブ RP 奪三振
前田慶次
(みよりん)
17 2.79 3 9 - - 44
アナリスク・A
(なめクオリティ)
24 2.93 5 14 - - 63
どらきち
(どら)
23 4.94 4 14 - - 56
リ´ゥ`oリ
(小春)
24 2.51 5 10 - - 83
夜風の滑空者
(風の子)
24 3.72 3 16 - - 53
えりーん
(mee)
23 3.12 9 9 - - 87
じしょうX
(しょうさ)
39 3.63 1 3 1 2.0 45
緋川
(ハイドラ)
39 3.03 4 1 1 7.9 37
風唄*風花
(M)
45 3.39 2 5 0 4.8 54
ワッカ
(頌栄)
38 4.03 5 3 0 1.6 45
くまさん
(いわむ)
34 4.39 2 2 1 0.3 34
守護神
(真崎)
22 7.48 0 2 18 - 9

  • 投手総括
前述の通り前田慶次選手が盾になってくださったおかげで、
決してタフが高いとは言い切れない先発陣を調子を見た上での自由が利く登板ができ、
先発陣の成績は思いのほか安定した。
それよりも救援陣が揃って大乱調。
みんな活躍できるだけの能力はあるし、今まで活躍してたのになぜだ??
来期以降はたぶん大丈夫なはず。




Pick up!
  • リ´ゥ`oリ
二本柱引退により手薄になった先発陣の穴を埋めるべく、今期から先発転向したこの選手。
いきなりチーム最高の防御率を叩き出し、周囲の期待に見事答えたというか期待以上というか、
とにかく嬉しい限り。
スタミナがCだが全力投球。一回の登板あたりでは5、6回で交代、中継ぎの乱調さえ無ければ
2桁勝利いってたかもしれないだけに残念。
だがそれも結果論。しゃーないない。







セリーグ3位以内の個人成績及びGG,B9,MVP,新人王獲得者
  • 炭酸水内野手 が本塁打数3位!B9入り!野手MVP受賞!
  • 鉄6世捕手 がGG賞獲得!
  • R.アシュバーン外野手 がGG賞獲得!
以上!(泣)