可音ルートプロローグ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 腹が減った。
 俺は欲求を満たす為に民家を歩くことにした。

 勿論歩くだけでは満たされる筈もなく、どこぞの民家に強盗に
入る予定だ。懐には通販で買った万能セラミック包丁を忍ばせて
ある。

 こんなものを買う金があったなら飯を買ったほうがいいんじゃ
ないか?、なんて考える奴は馬鹿野郎だ。

 飯は食っちまえば終わりだが、こいつは1本あれば何度でも繰
り返し強盗できるだろ?

 ヤッフーーーーーーー!!!
 俺ってやっぱ天才!!!

 そして天才な俺様が練った完璧究極ウルトラミラクルな作戦っ
ていうのは―――。

 インターホンを押して、宅配便を装い、ドアを開けたところを
押し入って、包丁を突きつけて金を出せ、と叫べば終わり。

 あとは右足と左足を交互に、素早く繰り出す作業に集中すれば
いいだけだ。

 <<シーンは飛んで>>

 ふぅ。ちょろい仕事だったぜ。返り血を浴びちまったちまった
けどどうってことはねぇ。

 そんなことより、だ!

 あー。今思い出してもうざってぇ!なんだあの猫!

 両親を殺したあとにピーピー泣いてるうるせぇガキも殺してや
ろうとしたら猫が俺の腕に噛み付きやがった。

 相当強く噛んだのか歯形がくっきり残ってやがる!

 くそ!猫なんかに俺の殺人の邪魔され―――。……あれ?
 そういや俺は殺人を行う為に家に押し入ったんじゃなかったよ
な?

 ……ん?……んん?

 そうだ!強盗の為に押し入ったんだったんじゃねぇか!目的を
忘れるなんて本末転倒だ!俺の馬鹿野郎め!

 くっ、しょうがねぇ。もう一度幸せな家族を恐怖のどん底に叩
き落すか。

 時刻は4月2日の午前0時25分。嘘を吐き終わり、疲れて寝
静まった早朝。嘘のような惨劇を目の当たりにするであろう。
 ―――なんて、予言者気取りの実行者♪

 しっかし、猫は怖いね。どうも。